京セラの創業者である稲森和夫氏が提唱する「アメーバ経営」が、近年再び注目を集めています。しかし、経営にさまざまな制約が付きまとう今、アメーバ経営の理念をそのまま現場に適用するのは難しい、と考える企業も少なくないでしょう。そこで、ERPの活用に目をむけてみてはいかがでしょうか。ここでは、アメーバ経営の特徴を踏まえつつ、新世代のERP「NET SUITE」の効能について解説します。

アメーバ経営における3つの目的

まず、アメーバ経営の基礎について簡単に紹介します。アメーバ経営が目指す3つの目的地があります。

部門別採算制度

部門別採算制度は、会社経営の原理原則である「売上の最大化と経費の最小化」を全社的に実践するための手法です。企業を部門・事業部・プロジェクトなどのより小さい単位(アメーバ)に分類し、それぞれが独立採算での運営を目指します。また、アメーバ間同士で売買を発生させることで従業員一人一人に採算意識を浸透させ、経営課題の当事者になってもらうという狙いも込められています。

人材育成

部門別採算制度を確立するためには「アメーバ(部門、事業部などの小さな組織)」のひとつひとつに、「トップ(リーダー)」が必要です。アメーバ経営では、アメーバのトップに経営計画や実績・労務管理、仕入れや営業など、経営にまつわる実務全般を任せることで、社内に「共同経営者」を生み出すことを旨としています。また、育成された共同経営者が「挑戦を肯定する組織風土」「目標達成にまい進する仕組み」をつくりだし、「タイムリーで正確な経営判断」を行うことで、強い経営基盤の構築を目指します。

全員参加経営

「全員参加型経営」は、アメーバ経営の最終的な目的地です。全員参加型経営は、端的に言えば「従業員全員が経営者としての視点・意識を持ち、企業のあるべき姿を具現化する」ことです。具体的には、まずアメーバそれぞれが短期的な計画を作成し、アメーバ間で目標を共有します。次に、共有・集約された目標をもとに企業単位でマスタープラン(年度計画)が立てられます。さらに、マスタープランからブレイクダウンした月次予定を作成し、予実管理のベースとするわけです。こうすることで、従業員全体の意識・目標が具体的な数字として具現化され、日々の業務の「動機」として機能するようになります。

アメーバ経営の具現化に必要な対策とは

次に、アメーバ経営を実際の業務に落とし込むための施策について解説します。アメーバ経営の具現化においては、クラウドERP「NET SUITE」の活用がおすすめです。NET SUITEは、CRMやMAの機能を内包した新世代のERPです。情報の集約・可視化にくわえ、経営判断の育成に必要な各種数字の分析機能を備え、アメーバ経営の具現化を強力に後押しするツールといえます。

部門別採算制度

部門別採算制度で重要になるのが、「製造原価の可視化」です。製造原価を可視化することで、コストの削減ポイントが明確になり、採算管理を徹底する風潮が強まっていきます。ただし、製造原価計算にはいくつかの種類があり、業界や業態によって計算手法が異なります。例えば、「個別原価計算」は製品ひとつについて原価を計算する手法であり、主に受注生産で用いられます。一方、「総合原価計算」は、期間と製造数量から原価を算出し、パッケージ販売などで用いられる計算手法です。

このように製造原価は、製品やサービスの提供に必要な部品・材料・人件費などを含むため、計算が複雑になりがちです。そのため、正確かつリアルタイムな製造原価を知るためには、原価計算を行うシステムを活用すべきです。NET SUITEには、複数の原価計算に対応し、業態や業界に応じてリアルタイムな原価を算出する機能が付与されています。

経営感覚を持った人材育成

経営感覚を持った人材の育成は「経営計画の作成と実行」「予算編成業務」と「業績管理業務」をスピーディーに行うための仕組みが必要です。

予算は大きく、「トップダウン予算(上部組織から割り当てられる予算)」と「ボトムアップ予算(部や課で見積もった数字をもとに予算)」に分類されます。実際にはこの2つが混在するケースが多く、経営計画や他部門とのバランスを考慮しながら、シミュレーションを繰り返しつつ予算を確定していくのが通常です。

また、業績管理は年間を通して予算の実行状況を管理(予実管理)するため、常にモニタリングを行わなくてはなりません。予実管理を精緻に行うことで、採算を具体化し、目標達成のアクションプランにつなげるためです。

このような「予算編成業務」「業績管理業務」に対応できるのも、NET SUITEの強みといえます。 NET SUITEは、リアルタイムなBI機能(企業が保有するさまざまな業務データを経営戦略立案に役立てる分析機能)を備えています。状況や組織階層に応じた予算編成と精緻な管理・分析(ドリルダウン、数値変更、シミュレーション)などに対応しており、経営感覚の育成を促進するツールです。

全員参加経営

アメーバ経営の終着点「全員参加経営」の実現には、「経営数字の可視化」がマストです。経営数字が可視化されることで、従業員と経営層の信頼関係が強まるうえ、全社的に「当事者意識」が醸成されます。経営数字の可視化では、次のようなポイントを抑えておくと良いでしょう。

  • 経営上の重要な数字(KPI)の因果関係を従業員全員が理解できるようなシステム
  • 収益、売上、原価がリアルタイムに反映されるシステム
  • 透明性の高い会計システム

ERPは、これら3つの条件を全て備えています。特にクラウドERP「NET SUITE」は、70以上のKPIを標準搭載しているほか、独自にKPIを設定して収益、売上、原価の動きを把握できます。こういった数字は、クラウドならではの柔軟性で、時間や場所の制約を受けずに参照することも可能です。

クラウドERP「NET SUITE」が導き出すリアルなアメーバ経営

アメーバ経営は、数ある経営管理手法の中でも、「理想形のひとつ」とされる風潮があります。しかし、実際には情報の可視化や集約・分析などバックグラウンドで管理者の負荷が高まりやすくいという課題があるのです。この課題をダイレクトに解決できるのが、NET SUITEの強みです。アメーバ経営を「絵に描いた餅」にしないためにも、NET SUITEが持つ機能を活用しながら現実的な施策を講じていきましょう。

NetSuiteとは?導入のメリットや特徴から価格まで解説


書き手:持田卓臣