SEO対策の目的

集客のターゲットを絞る

検索結果において少しでも上位に表示されるように対処すること、これをSEO対策と解釈している方は多いことでしょう。もちろん間違いではないですが、それだけでは正解とは言えません。

ウェブサイトを運営するにあたり大切なことは、まずウェブサイトにアクセスするターゲットを絞ることです。一人でも多く集客できればいいですが、集客の幅を広げるためのSEO対策は手間がかかる割に集客に結び付きません。そこでターゲットの的を絞ることがポイントになります。

広告をのせて集客すれば簡単かもしれませんが、広告を出すにはお金がかかります。しかし、SEO対策がしっかりできていれば広告を出さなくても検索結果の上位に表示されるので、広告を載せるのと同じぐらいの効果を体感できるはずです。

SEO対策で何をすべきか

SEO対策が成功すれば訪問者が増えますし、ウェブサイトの知名度もあがります。結果的に利益に直結することなので、可能な限りSEO対策を施しておくべきでしょう。

そのためにまずは優良な被リンクを集めます。かつて被リンクはウェブサイトの内容問わず、数で勝負の時代がありました。そのためリンクを張るためだけのウェブサイトも運営していたほどです。

被リンクとは?SEOに必要な被リンクという概念
被リンクとは? 被リンクとは インターネットを個人で楽しむツールとして徐々に広まりつつあった時代、個人的に趣味の一環としてホームぺージを運営する…

ところがGoogleの定期的なアップデートにより、被リンクは数だけで判断されなくなりました。被リンク先のウェブサイトがどんなサイトなのか、質を見極めるようになったのです。そのため現在は被リンクの数はもちろんですが、リンクを貼るウェブサイトが優良かどうかが大事なカギをにぎります。気づいたら悪質なウェブサイトからリンクされていたなど困った状況を発見した際には早めに手を打つ必要があります。

訪問者に役立つコンテンツ作りを心掛ける

いくら訪問者の数が増えたとしても、訪問者に対して役立つコンテンツが揃っていなければそれ以上訪問者は増えませんし、リピーターにもなってもらえません。そのために役立つコンテンツ作りがポイントになってきます。

商品を販売するウェブサイトを運営するなら訪問者が商品を買うことを、商品の情報ウェブサイトを運営するなら訪問者が資料を請求したり問い合わせをするなどのアクションがあるかどうか、これをコンバージョンと呼んでいます。SEO対策の目的はコンバージョンを達成できるかどうかにかかっています。

SEO対策の目的のために抑えておきたいポイント

ロングテールキーワード

ライバルサイトが多ければ多いほど競争率が高く、検索結果で上位に表示されたとしてもライバルサイトより多くの訪問者からアクセスしてもらうのが一苦労です。もちろん上位に表示されなければライバルサイトと肩を並べることすらできません。

そこで抑えておきたいのがロングテールキーワードです。ライバルサイトより一歩も二歩も先に出るために、競争率の高そうなキーワードを選ぶより、訪問者が一人でも多くアクセスしやすいキーワードを見つけるのです。これによって唯一無二のウェブサイトができあがります。

売上に直結するキーワードを選ぶ。ロングテール戦略
ウェブサイトの制作に欠かせないのがキーワード選びです。どれだけ素晴らしいコンテンツを作ろうとしても、キーワードが入っていなければ、上位表示される…

ロングテールキーワードを盛り込むSEO対策を施すことで、一定の訪問者を獲得できます。訪問者が増えれば商品の売り上げや資料請求の数も多くなります。

インデックスページを増やす

運営するウェブサイトのインデックスページが増えると、訪問者にとって「情報が豊かなウェブサイト」と認識されます。そのため、訪問者が再度訪問してくれる可能性が高いですし、訪問者の満足度をどれだけ高めることができるか、これはインデックスされているページを増やしてコンテンツを充実させることがポイントになります。

インデックスとは?ウェブサイトがインデックスされているか調べよう
インデックスとは? SEO用語のインデックスの意味 SEO用語のインデックスは色んな場面で使われます。もともと日常的に使われるインデックスは見出…

訪問者の満足度イコール、ウェブサイトのインデックスページの数、またはコンテンツの充実度ですから、SEO対策のために読み応えのあるコンテンツ作りに励みましょう。

ウェブサイトが完成したあともインデックスページを増やすことができますので、世の中の流れをみながらウェブサイトに不足している情報をどんどん追加していくのもひとつの方法です。ウェブサイトが魅力的になっていくだけでなく、ひとつのキーワードのみならずふたつのキーワード、みっつのキーワードなどで上位に表示されるのも夢ではありません。効率よく確実なSEO対策と言えます。

訪問者のためのウェブサイト作りを

いくら内容が充実したコンテンツができたとしても、それぞれのコンテンツへ誘導するのが下手なウェブサイトだと訪問者は回れ右をして帰ってしまいます。SEO対策の目的のひとつとして、訪問者ができるだけ長くウェブサイトに留まってくれることも大切ですので、自信を持って作ったコンテンツからコンテンツへの誘導がスムーズにできているかどうかも必ず確認してください。

滞在時間とは?理想的な滞在時間と長くするための対策
ウェブサイトを開設したら、訪問者にじっくり見てもらいたいものです。コンテンツの隅々まで見てもらえばウェブサイトの魅力が伝わりますし、ショッピング…

訪問者が迷わないようにナビゲーションがあるといいかもしれません。ごちゃごちゃまとまりのないウェブサイトはSEO対策としてNGですが、充実したコンテンツで練り上げられたウェブサイトは読みごたえがあるとみなされて、質の良いサイトとして判断されます。

SEO対策の目的のためにアルゴリズムを理解しよう

良質なコンテンツだけが良いわけではない

すべてのコンテンツが質のいいものに仕上がったとしても、それがSEO対策のすべてではないことを忘れてはなりません。質が悪いより良いほうがいいのは間違いないですが、検索エンジンのアルゴリズムに則ったウェブサイト作りが重要になります。

この場合のアルゴリズムとは、Google検索エンジンのルールのようなものです。検索結果の順番を決めるためのルールをアルゴリズムと言いまして、このルールが守られているウェブサイトが上位に表示される仕組みになっています。

そしてこのアルゴリズムは不定期に更新されるため、更新のたびにアルゴリズムの何が変化したのかチェックをして、その変化に伴った修正が必要になることもあります。

アルゴリズムの更新によって何が起こるのか

SEO対策の目的を見誤らないためにもアルゴリズムの更新で何が起こるのか把握しておくことは大切です。

ウェブサイトを運営管理していると、ときどき検索順位に変動があることに気づきます。これはアルゴリズムの更新によって順位が入れ替わったのです。とくにアルゴリズムの更新が大きい場合、更新があったときから1週間程度は順位が大きく変わります。

これを踏まえて1週間は注意深く見ること重要となりまして、もしも順位が大きく下がってしあまったときはSEO対策を取らなければなりません。アルゴリズムの更新があったとき、場合によってGoogleが更新情報を公開することもあります。まずはGoogleの最新情報をチェックしましょう。

2020年5月5日事前告知のGoogleコアアルゴリズムアップデートの傾向と対策
2020年6月度のベンチャーネットのSEO対策記ですが、5月に行われたGoogleの事前告知されたコアアルゴリズムアップデートの傾向と対策につい…

次に上位に表示されたライバルサイトを確認してください。自分が管理運営するウェブサイトと何が違うのか見比べてみて、ライバルサイトに比べて何が足りないのか対策を練りましょう。いくつか仮定として対策を見つけます。見つけた中からSEO対策として有効なものを取り入れて、ウェブサイトを修正しましょう。

これまでにあった大きなアルゴリズムの更新

品質の悪いウェブサイトを下位へ修正するためのパンダアップデートがあります。オリジナリティのあるウェブサイトが上位に表示されるため、コンテンツがコピーだったり自動生成したコンテンツ、ほとんど内容のないコンテンツばかりのウェブサイトは上位からいなくなります。

ペンギンアップデートは、Googleが定めるガイドラインに反したウェブサイトにペナルティを与えます。ウェブサイトを開設する場合は、先にGoogleのガイドラインに目を通して、何がNGなのか確認しておきましょう。これもSEO対策として大切なことです。

Googleアップデートとは?Googleアップデートをどこで知る?
Googleアップデートとは? SEOにおけるGoogleアップデートとは 検索サイトの中で特に大手で利用者が多いのはGoogleでしょう。調べ…