モバイルフレンドリーアップデートとは?

モバイルフレンドリーアップデートが誕生したきっかけ

モバイルフレンドリーアップデートは、2016年10月にモバイル機器のために誕生したアップデートです。Googleによってモバイルファーストインデックス移行が発表されたことによって、これまで以上にモバイルフレンドリーが大切であると考えられるようになりました。

今のようにスマホや携帯電話などがなかった時代は、パソコンによってインターネットに接続していました。そのため、パソコンユーザー向けのサービスを展開しているだけで十分だったわけですが、今はだれもが気軽にスマホを持つ時代になったので、スマホユーザー向けのサービスがない状態だとスマホユーザーのウェブサイトアクセス数の伸び悩みに直結していた状態だったのです。

モバイルフレンドリーアップデートができたことで、スマホ向けのウェブサイトをしっかり作成する必要がでてきました。検索順位の評価にこれらもすべて反映されるので、パソコンのみならずスマホユーザーにも快適にウェブサイトを利用してもらうような努力や工夫が大切です。

スマホユーザー急増中だからこそ扱いにくいウェブサイトはNG

パソコンでウェブサイトを見ていたときは普通だったのに、携帯電話で見ようとするとパソコンで表示されるそのままが画面に表示されるので見づらくて仕方がないという時代もありました。そのため、SEO担当者は携帯電話用のウェブサイト作りに力を注ぐ傾向が少しずつ広まってきたのです。

個人でブログを運営していた人たちは、パソコンで表示させるためのテンプレートと、携帯電話で表示させるためのテンプレート、二つを管理していたため、それぞれ違うスタイル、違うデザインを楽しんでいました。

今はスマホユーザーが急激に増えていて、ウェブサイトやブログを運営するだけでなく、ネットショッピングなどもスマホから利用する方も多いので、やはりパソコン向けのSEO対策だけではスマホユーザーが不便になることからモバイルフレンドリーアップデートが誕生したと考えると、多少面倒に思うかもしれませんがモバイル向けのSEO対策は必要不可欠となるでしょう。

スマホなどのモバイルから検索したときは、モバイル対策がなされているウェブサイトを検索ヒットさせやすいようにしたほうがユーザーのためになる、そういう意味でモバイルフレンドリーアップデートができたわけですから、モバイルの検索結果でもヒットさせるために今すぐモバイル向けSEO対策に取り掛かりたいところです。

モバイルフレンドリーアップデートの影響力

モバイルサイト非対応サイトだとどうなるのか

モバイルフレンドリーアップデートが誕生したのは、モバイルユーザーにとって見やすい、扱いやすいウェブサイトが検索ヒットしやすくするためですから、モバイルサイト非対応のウェブサイトは、スマホで検索した際にヒットしにくくなります。実はモバイルサイト非対応だと、影響はこれ以外にもあるため、できるだけ早くSEO対策が必要なのです。

例えば、モバイルで検索したとき、モバイルサイトに対応しているウェブサイトには「スマホ対応」というラベルが付きます。そのため、モバイルで検索している人はそのラベルを見て楽々安心してスマホでアクセスするので、アクセス数もぐんぐん伸びていきます。

モバイルから検索したとき、スマホ対応のラベルがないウェブサイトにわざわざアクセスするでしょうか。スマホでアクセスすればなかなか画面が表示されなくて通信量ばかりかさんでしまう、そう思われてしまえばモバイルからアクセスする人はほとんいなくなってしまいます。

それからもうひとつ、モバイル非対応サイトを管理する側は、「モバイルフレンドリーではありません」との警告メッセージが表示されてしまいます。もちろん、だからといって罰金が科せられるなどといったことはないものの、モバイルフレンドリーではないためにモバイルで検索ヒットしにくくなりますよというお知らせのようなものですので必要以上に神経質になることはありません。

サイトまるごと?それともページ別?どこを見てるのか

モバイルに対応しているウェブサイトかどうか判断する場合、ウェブサイトそのものがすべてモバイルに対応しているのか、それとも一部だけ対応させているのか、ウェブサイトによってさまざまでしょう。このときモバイルフレンドリーアップデートはウェブサイトのどこを見ているのか気になるところです。

モバイルフレンドリーアップデートに限らず、アップデートはサイト丸ごとではなく、ウェブページごとに判断しているので、例えばウェブサイトに20ページのウェブページが存在して、そのうちの5ページがモバイル対応していた場合、この5ページだけが順位アップに繋がります。

そのため、ウェブサイト全体のウェブ検索ヒットをアップさせるためには、すべてのウェブページをモバイル対応させたほうが効果的となります。

モバイルフレンドリーアップデートの対策

重複コンテンツにならないよう注意する

パソコン用のウェブサイトとモバイル用のウェブサイトを全く同じ内容で別々のURLアドレスで作った場合、これによって検索エンジンは重複しているサイトとみなして、どちらにもペナルティを与えます。どちらのウェブサイトも検索エンジンにヒットしなくなってしまいます。こうなると順位を元に戻すのは大変です。

このために必要になるのがアノテーションの記述となります。パソコン用ウェブサイト、モバイル用ウェブサイト、それぞれのHTMLの中に検索エンジンに向けてお知らせ用のタグを挿入するのです。

パソコン用のHTMLにはモバイル用サイトのURLアドレスを、モバイル用のHTMLにはパソコン用ウェブサイトのURLを挿入します。これで二つのサイトは重複で作成したのではなく、パソコン用とモバイル用に作ったものであると検索エンジンに伝えることができます。

ウェブサイトの端末に応じたレイアウトを取り入れる

モバイルフレンドリーアップデート対策のひとつとして、パソコンユーザー向けだけでなく、モバイルユーザー向けのレイアウトやデザインを取り入れてみてください。ただし、これをそれぞれ一から作るのは大変なことです。

そこで心強い味方になるのがレスポンシブWebです。Googleでモバイルフレンドリーアップデート対応としておすすめしている方法で、パソコン用ウェブサイトとモバイル用ウェブサイトをのデザインを自動で切り替えることができます。レスポンシブWebを利用すればウェブサイトを更新した時でもすぐにどちらも更新することができるのでとても便利です。

レスポンシブWebによるデザインがなぜおすすめなのか、Googleがおすすめするのも納得できる理由として、ウェブサイトが表示されるまで時間がかからないという点は検索ヒットをアップさせるために必要不可欠なことですから、レスポンシブWebを使わない理由はどこにもありません。パソコン用ウェブサイトのHTMLとモバイル用ウェブサイトのHTMLは中身が違いますから、処理するのに多少時間が必要になってしまいます。この速度は検索ヒットの順位にも大きく関係してくるので、ウェブサイトの読み込みの遅さは致命傷となってしまうのです。

そのため、読み込みのための時間が短くできるレスポンシブWebによるモバイルフレンドリーアップデート対策は、SEO担当者すべての方に知っておいてもらいたい対策法のひとつとなります。

Googleアップデートとは?Googleアップデートをどこで知る?
Googleアップデートとは? SEOにおけるGoogleアップデートとは 検索サイトの中で特に大手で利用者が多いのはGoogleでしょう。調べ…
アルゴリズムとは?SEOでよく聞くアルゴリズムって何?
アルゴリズムとは? SEOにおけるアルゴリズムとは ウェブサイト運営者にとって、ライバルが運営するウェブサイトよりも優れたウェブサイトに仕上げる…