被リンクとは?

被リンクとは

インターネットを個人で楽しむツールとして徐々に広まりつつあった時代、個人的に趣味の一環としてホームぺージを運営する人がたくさんいました。共通の趣味や、ウェブサイトに使うイラストや写真を配布していた素材屋さんなどで知り合った人たちが、互いのウェブサイトを紹介しあうためにリンク集というコンテンツを作っていたのです。

当時は個人の趣味の範囲でリンクを巡っていた人も多かったため今のようにSEOを重視せずリンク集を作っていたものですが、いまは商売やアフェリエイトなどでウェブサイトを運営する人が増えてきたため、趣味で運営するときとはまったく違うシチュエーションで被リンクを重要視しなければならなくなりました。

運営するウェブサイトを良いウェブサイトとして認めてもらうために、どのような方法で被リンクを上質なものにできるのかポイントを抑えておくことが大切です。被リンクの質は、ウェブサイトの質に直結します。

どんな要素が重要になるのか

ホームぺージを運営するにあたり、検索結果で1ページ目に表示させるために被リンクは重要な仕事を担っていることが分かります。その役割は非常に高いと言えるでしょう。被リンクの数が多ければ多いほど、検索エンジンからみたときそのウェブサイトは優良であると判断してもらえます。

しかし、ただ被リンクの数が多ければいいというわけではありません。被リンクも質が良くなければ意味がないのです。もちろん、関連するウェブサイトであることも質の高さに反映されます。

もしもパソコンに関するウェブサイトを運営しているのなら、パソコンはもちろんのこと、インターネットに関するウェブサイトなども関連性があると認識されますから、あとはひとつひとつのウェブサイトが素晴らしいできなら、必然的に自分が運営するウェブサイト素晴らしいと認められることができますひとつ。

どのような被リンクが良いとされるのか

被リンクによってウェブサイトの質が上がるならどんどん被リンクを増やせばいいというのは安易な発想です。なぜなら、ただひたすら被リンクの数を増やすためにURLを貼る行為をSEO的には良しとしていないためです。

る質のいい被リンクは、運営者によって貼られた自然なリンクを言います。特に仕事柄、普段から付き合いやつながりのあるような企業などが管理するところからリンクしてもらえば誰が見ても良い被リンクとしてOKをもらうことができます。

これらを踏まえて考えてみたとき質がいいとは言い難い被リンクとは、お金のやり取りによってリンクを投稿してもらったり、リンクを貼ってもらった代わりに商品を無料であげるなど、誰が見てもナチュラルなリンクに見えないものはタブー視されます。

SEOに有効な被リンク

リンクは人気の証のひとつになる

自分が運営するウェブサイトにリンクを貼る際、相手のウェブサイトが信頼できることが最低条件となるはずです。もしも訪問者がリンクをたどって相手のウェブサイトに足を運んだとき、悪質なウェブサイトだったときは自分のウェブサイトの評価まで下がってしまいます。リンクを貼ることは簡単なことではありますが、それによる影響は思っている以上に大きいことをぜひ覚えておいてください。

これを踏まえて考えると、自分が運営するウェブサイトを紹介してもらうためには、ほかの人からみたときに良いウェブサイトだと思ってもらう必要があります。リンクを貼ってもらったということはその証ですから、被リンクの数が増えれば増えるほど、それは人気の証となるわけです。他の運営者から良いと認められたウェブサイトは、必然的に誰がみても良いと認めてもらうことができます。

SEO効果があがるのはどんなパターンなのか

SEO効果を高めることは、検索の順位を上げることに直結するので、被リンクに関する知識は知っておいて損はありません。むしろ知っておかなければ検索結果の1ページ目になかなか表示されないでしょう。

ひとつは、自分が運営するウェブサイトと関連性が高いウェブサイトもしくは文脈からリンクが貼られる形です。リンクは相手のウェブサイトのリンク集だけでなく、コンテンツの文章内で紹介や引用という形でリンクを貼ってもらうことも対象となります。

ですから、思わず紹介したくなるようなウェブサイトであること、魅力的なコンテンツで充実していることが被リンク数の増加につなげることができます。

内部被リンクも重要なカギを握る

内部被リンクとは、同じウェブサイトの中からリンクが貼られている状態をいいます。例えばAコンテンツにBコンテンツのリンクが貼られているという感じです。もう少し詳しいお話はこちらをどうぞ、などというように自分のウェブサイト内の他のコンテンツを紹介するような形でリンクを貼るスタイルを内部被リンクと言います。

このSEO対策はGoogleに対してこのコンテンツはとても大切であると伝えることができるのです。だからといって、内部被リンクの数を膨大に増やせばいいというわけではなく、あくまでも同じウェブサイトの中で特に重要視されるコンテンツが出来上がるという流れですのでご注意ください。

被リンクの獲得方法

プレスリリースからリンクはOK?それともNG?

被リンクは質を見定められるため、どこからリンクを貼ってもらうかが重要になります。例えばプレスリリースからリンクが貼られる場合、自分のウェブサイトを取り上げられることからイメージ的にはGoogleからOKをもらえるようなイメージが強いですが、実はNGとまでは言わないまでも価値がないリンクとしてスルーされてしまうのです。

自分が運営するウェブサイトの被リンクを増やすために、プレスリリースを作成し、そこからリンクを貼ったとしてもそれは価値のないものとなり、時間の無駄遣いになるので注意しましょう。

SNSからの被リンクは有効なのか

Twitterやインスタはだれもが手軽に使う時代になったので、それらを駆使して被リンク数を増やすケースも増えてきました。しかし、今現在においてSNSにリンクを貼ったとしてもウェブサイトのランクに影響がゼロのnofollowがついているので、いくらツイッターやインスタにリンクが増えたとしても良いウェブサイトとして認められるわけでも、もちろん被リンクの質があがるわけでもありません。

ただしひとつだけ、SNSでウェブサイトの存在が広く知れ渡ることで、はてなブックマークなどで参照リンクとして紹介されたときは、はてなブックマークそのものがリンクの効果がありますので、少々手間がかかり長い目で見る必要があるものの、SNSからリンクを貼られることが無意味ではないようです。

時事ネタ系のウェブサイトは強い

被リンクを獲得するためには、どんな情報を軸にしてウェブサイトを作るか、ここもカギを握りそうです。なぜなら、被リンクが集まりやすいと言われるウェブサイトがあるためです。特に時事ネタやエンタメ系などの速報はネットユーザーのアクセス数が多いため、ほかのジャンルに比べると被リンクを集めやすいことが統計的に分かっています。

関連するコンテンツ、参照コンテンツという流れでたくさん引用されることと、時事ネタは常に新しい情報を配信しているので被リンクの数が増えるスピードもアップします。

そのためにも、常に新しい情報をキャッチすることと、どのウェブサイトよりも詳細に説明がなされていること、ここに的を絞ってウェブサイトを運営する必要があります。

被リンクチェックツールとは?1番使いやすい被リンクチェックツールは?
被リンクチェックツールとは? そもそも被リンクとは ウェブサイトを管理していると、ほかのウェブサイトからリンクが貼られることが増えてきます。管理…