日本語検索アップデートとは?

日本語検索アップデートが執り行われたのはいつ?

2017年、年が明けて2月にGoogleがアップデートを執り行いました。それが日本語検索アップデートです。ネーミングを見ても分かるように日本語のウェブサイトに特化したアップデートとなっています。

ウェブサイトを運営するうえで、一人でも多くの訪問者を確保したいと努力するわけですが、Google側がそのウェブサイトを見たときにこのウェブサイトはダメだと判断されてしまうと検索エンジンの上位に表示されにくくなります。

日本語検索アップデートは日本語で運営しているウェブサイトやブログなどのサイトすべてが対象となるわけです。様々なグレーな部分を取り入れてウェブサイト自体の質はそれほど良くなくても検索したときにすぐに目に飛び込んでくる位置に表示させることを目的に作成されているウェブサイトもありまして、これらの悪質なウェブサイトを一刀両断するために、日本語検索アップデートが実装されました。

コンテンツの低いウェブサイトは評価に値しない

インターネットが日本中に広く普及しはじめたころ、検索するたびに質の悪いウェブサイトが検索エンジンの上位に表示されていました。ネットユーザーは知りたい情報を見つけるために検索エンジンを使ったのに、クリックして足を運んでみたららまったく中身のないウェブサイトが溢れかえっていたのです。

Googleはこの状況を放置していたのでは検索エンジンとしての質が低下することを恐れ、次々に色々なアップデートを実施し始めました。日本語検索アップロードによってウェブサイトとしての価値がないと判断されたものは下の方に表示されるよう修正が入ったことによってネットユーザーが本当に欲しい情報にアクセスできるようになりました。

日本語検索アップデートは誰のためになったのか

日本語検索アップデートによってネットユーザーが一番喜んだのではないでしょうか。検索エンジンを使うネットユーザーは、自ら欲しい情報を検索して、その結果で表示されたウェブサイトへ訪問するわけですから、アップデートによって中身が空っぽのウェブサイトがヒットしなくなったことは大歓迎です。いつ、どのタイミングで検索しても欲しい情報に辿り着けるようになりました。どうせ検索しても欲しい情報が見つからないし、と諦める必要がなくなったのです。

また、悪意を持って検索エンジンの上位に表示させようとしておらず、正真正銘ユーザーのために上質なウェブサイトを運営しているウェブサイト管理人も得をしたと言えます。正直者がバカを見ていたのは昔の話で、いまは日本語検索アップデートなどのシステムによって正直者が得をするインターネットになりました。

日本語検索アップデートの理由

きっかけは医学系のキュレーションサイト

インターネットにアクセスすれば膨大な情報が溢れかえっています。それらが本当に正しい情報なのかどうか、見る側の判断力が必要になる場面も少なくありません。日本語検索アップデートが執り行われたのは、そういった場面を減らすことが目的でした。日本語検索アップデートが執り行われる前に日本では医療系のキュレーションサイトが話題になったのです。医学的に根拠のない、または根拠の薄い内容のウェブサイトが溢れかえっていたのです。医学的なことを書いてあるウェブサイトなので、根拠がないとか根拠が薄いと判断できない人たちは、そこに書いてあることが正しいと解釈してしまうわけです。

医学的なことはすべて私たちの命や体にかかわることですから、根拠のない話ばかりが並んだウェブサイトを放置しておくことは危険すぎます。そこで早々にGoogleが動いたというわけです。日本語検索アップデートが誕生したきっかけでした。

日本語検索アップデートは異例だった

これまでもGoogleは様々なアップデートを行ってきましたが、日本語に的を絞ったアップデートは異例中の異例だったのです。やはり日本じゅうにキュレーションサイトが溢れかえったのが理由のひとつでした。そのため、日本独自のアップデートが実施されたというわけです。

日本語に特化したアップデートだったので、これまでとはまったく違うアルゴリズムによって展開されたことも分かりました。イタチごっこのような感じもありますが、ウェブサイト運営者にしてみれば検索エンジンの上位に表示されなければ悪あがきをしても無意味ですから、ウェブ検索結果に悪質なウェブサイトが表示されないよう、今後も日本語検索アップデートは続いていくはずです。リスクを負ってまで日本語検索アップデートに対抗する意味はないでしょう。

アルゴリズムとは?SEOでよく聞くアルゴリズムって何?
アルゴリズムとは? SEOにおけるアルゴリズムとは ウェブサイト運営者にとって、ライバルが運営するウェブサイトよりも優れたウェブサイトに仕上げる…

Googleブログで公開された内容

Googleブログでは日本語検索アップデートに対してブログを更新しています。アップデートには色々ありまして、その中にはGoogleが公に公表する前にウェブサイト管理人たちが変化に気づくこともあり、Google側が日本語検索アップデートに関して検索エンジンの質を良くするために実施したと発表したことは分かりやすくて良かったという声も多かったようです。

日本語のウェブサイトを検索する際に質の悪いウェブサイトを表示させないために検索エンジンに品質を上げると宣言したことで、正規にウェブサイトを運営していた管理者たちはほっと胸をなでおろしたことでしょう。

日本語検索アップデートの対策

ユーザーの目線のウェブサイトを作ろう

日本語検索アップデートでは、検索したユーザーに対して不利益を与えるようなウェブサイトにペナルティを与えるわけですから、やはりユーザーのニーズに合わせたサイト作りを心掛けることは大切なポイントになってきます。どのようなコンテンツを作り上げていくか、それらをどのようにまとめていくか、それらを考えて答えを導き出すことが日本語検索アップデート対策のきっかけなるはずです。

このとき、同時にウェブサイトと関連するSNSをぜひ活用してみてください。SNSは個人が趣味の一環として楽しむ以外にも、企業側がPRするために活用している場面もたくさんあります。早めにアカウントを作成してSNSでの実績を作り、そこからウェブサイトを関連付けさせることでそのウェブサイトが信頼できるものであることをアピールしていきましょう。

Googleのガイドラインを再確認しよう

日本語検索アップデートはGoogleが実施するものですから、Googleのガイドラインに反していないことが重要なカギを握ります。読まなくてもだいたい想像できるなどと思わずに、この機会に一度目を通しておいてください。改めて質のいいウェブサイトを作るためにはなにが大切なのか確認することができます。

ガイドラインには、このぐらい平気かな?とつい軽く捉えてしまうNG項目がたくさんあります。どうせバレないだろうと思っても必ずバレますから、NGとされていることはすべて避けて、正しいウェブサイトを運営していきましょう。

最終的にウェブサイト運営者の思いも大切に

ウェブサイトを作成、運営するにあたり、それはだれのためのウェブサイトなのかこの機会にじっくり考えてみてください。企業が運営するものなら企業の利益になるためのものでしょう。いくら検索エンジンの目立つ位置に表示させたいからといって、企業のイメージダウンに繋がるようなサイト作りは致命傷となります。

最終的に企業のためというウェブサイト運営者の思いを大切に、ユーザーのためになるサイト作りを心掛けてみてください。

Googleアップデートとは?Googleアップデートをどこで知る?
Googleアップデートとは? SEOにおけるGoogleアップデートとは 検索サイトの中で特に大手で利用者が多いのはGoogleでしょう。調べ…
アルゴリズムとは?SEOでよく聞くアルゴリズムって何?
アルゴリズムとは? SEOにおけるアルゴリズムとは ウェブサイト運営者にとって、ライバルが運営するウェブサイトよりも優れたウェブサイトに仕上げる…