Netsuiteと「GLOVIA」を比較!特徴・機能・移行のポイント

企業の経営管理において、ERP(Enterprise Resource Planning)システムは欠かせない存在です。日本国内で広く利用されている富士通の「GLOVIA」と、世界で最も導入されているクラウドERPソリューションである「NetSuite」。それぞれの特徴や機能を理解し、どちらが自社のニーズに最適なのかを判断することは、効率的な経営を実現するために重要です。

本記事では、GLOVIAとNetSuiteの機能や利点を比較し、NetSuiteへの移行のポイントについて具体的に解説します。

目次

Netsuiteとは

NetSuite ERPは、世界の多種多様な企業に導入されているクラウドERPソリューションです。これは、より迅速でスマートな意思決定を可能にし、企業の効率的な運営を支援します。NetSuite ERPは、企業のコアプロセスを自動化し、業務および財務状況をリアルタイムに可視化することで、ビジネスの透明性を高めます。この統合アプリケーション・スイートは、会計、受注処理、在庫管理、生産、サプライチェーン、倉庫業務などを管理するための包括的なツールを提供します。

特徴

NetSuite ERPの特徴の一つは、会計、在庫、オペレーション、物流などの業務を一つのアプリケーションで管理できる点です。例えば、受注処理から在庫管理、生産、出荷までの一連の流れを自動化することで、手動のプロセスを削減し、時間とリソースを節約できます。これにより、従業員は顧客サービスの向上や新たなビジネスチャンスの発見に集中することができます。

さらに、NetSuite ERPは、組織全体から財務、業務、取引データにアクセスできるため、より良い意思決定をサポートします。CFOダッシュボードやSuiteAnalyticsダッシュボードなどのカスタマイズ可能なダッシュボード、レポート、ビジュアル分析を利用して、ビジネス活動の概要や詳細な説明を提供します。例えば、特定の製品ラインの収益性をリアルタイムで分析し、販売戦略を迅速に調整することが可能です。

NetSuiteは、グローバルビジネスにも対応しており、複数の子会社、事業部門、法人を1つのERPソリューションで管理できます。200か国以上で利用され、27以上の言語と190以上の通貨をサポート可能なため、企業は国際的な業務をスムーズに運営できます。例えば、多国籍企業が各地域の事業所の財務データをリアルタイムで統合し、本社レベルで一元管理することができます。これにより、グローバル規模でのビジネス・プロセスの標準化が図れ、効率的な運営が可能となります。

機能

モジュール機能の詳細
財務会計、財務報告、予算編成、資金管理などの機能を統合し、企業の財務活動をリアルタイムで管理します。
調達購買発注、仕入れ先管理、購買依頼、承認ワークフローを含み、調達プロセスを効率化します。
製造生産計画、製造実行、品質管理、原価計算など、製造プロセス全体をサポートします。
在庫管理在庫レベルの追跡、補充管理、ロケーション管理、在庫評価を提供し、在庫の最適化を図ります。
注文管理受注処理、顧客管理、出荷、請求、返品処理を統合し、注文プロセスを効率化します。
倉庫管理倉庫内の作業、在庫の配置、ピッキング、梱包、出荷管理をサポートし、倉庫運営を最適化します。
サプライチェーン管理供給計画、需要予測、供給業者管理、ロジスティクス管理を統合し、サプライチェーン全体の効率を向上させます。
顧客関係管理 (CRM)顧客情報管理、販売機会管理、サービスサポート、マーケティングキャンペーン管理を含み、顧客関係を強化します。
プロフェッショナルサービスオートメーション (PSA)プロジェクト管理、リソース計画、タイムシート、請求管理をサポートし、サービス提供の効率を向上させます。
ワークフォース管理勤怠管理、シフト管理、パフォーマンス評価を統合し、労働力の管理を効率化します。
人事管理 (HRM)従業員情報管理、給与計算、福利厚生管理、採用管理を含み、人事業務をサポートします。
eコマースオンラインストア、ショッピングカート、決済処理、注文追跡を統合し、eコマースビジネスを支援します。
マーケティングオートメーションマーケティングキャンペーンの計画、実行、分析、リード管理をサポートし、マーケティング活動を最適化します。

向いている企業・向いていない企業

向いている企業の特徴向いていない企業の特徴
複数の子会社や事業部門を持つグローバル企業非常に小規模な企業やスタートアップ企業
財務、会計、在庫管理など多岐にわたる業務を統合したい企業単一機能のソフトウェアやツールで十分な企業
クラウドベースのシステムを活用したい企業オンプレミスシステムに強く依存する企業
リアルタイムのデータ分析とビジネスインテリジェンス機能を重視する企業手動の業務プロセスや小規模なデータ処理で十分な企業
多国籍で多通貨、多言語対応が必要な企業国内市場のみを対象とする企業
ビジネスプロセスの自動化と効率化を目指す企業手動のプロセスに依存し続けたい企業
高度なカスタマイズが必要な企業シンプルな標準機能のみで十分な企業
グローバルなeコマースビジネスを展開している企業オフラインビジネスのみを行っている企業

GLOVIAとは

GLOVIAは、富士通が提供する統合業務ソリューションで、会計、人事・給与、生産管理、販売管理などの幅広い機能を持つERPシステムです。大規模から中堅・中小規模の企業まで、様々な業界のお客様に導入実績があり、経営の可視化や迅速な意思決定を支援します。GLOVIAはパッケージ版とSaaS版の両方を提供しており、既存システムともスムーズに連携が可能です。

特徴

GLOVIAの特徴は、その幅広い製品ラインナップです。中堅企業向けの「GLOVIA smart」をはじめ、大規模企業から小規模企業向けまで、多様なニーズに対応した製品が揃っています。また、国産パッケージであるため、日本特有の税制や商習慣にも柔軟に対応します。さらに、既存の業務システムとの連携が容易で、導入効果を最大化するためのコンサルティングサービスや、スムーズな導入をサポートするトレーニング・教育体制も整っています。

機能

具体的な製品ラインナップには、以下のようなものがあります。

まず、「GLOVIA SUMMIT」はグループ経営情報統合ソリューションで、富士通の経理ノウハウが凝縮されています。この製品は、業務システムや各国の制度対応でシステム統一が難しい海外子会社の会計システムを変更せず、既存システムを活かしてグループ経営に必要なデータを統合することで、コストを抑えながら高度な経営管理を実現します。

次に、「GLOVIA smart」は成長と成功を支える統合ソリューションで、必要な業務から始めることができ、迅速に導入が可能です。例えば、新規事業を立ち上げる際には、まず販売管理機能からスタートし、その後に生産管理や会計機能を追加することで、スムーズに業務を拡張できます。

さらに、「GLOVIA iZ」は「経営に革新を、企業に変革を」をコンセプトにした次世代ERPで、経営、会計、人事給与、販売、貿易、生産の六つの業務とクラウドやデジタル技術を融合させています。この製品を使用することで、クラウド技術を利用したリアルタイムでのデータ分析や報告が可能となり、迅速な意思決定を支援します。

最後に、「GLOVIA きらら」は中堅企業向けの統合基幹業務パッケージで、販売管理、会計、人事給与をラインナップし、シームレスな業務連携を可能にします。例えば、季節商戦に迅速に対応するための在庫管理機能や、迅速な売上報告による営業戦略の立案が可能です。

向いている企業・向いていない企業

向いている企業の特徴向いていない企業の特徴
大規模から中堅・中小規模までの幅広い企業規模非常に小規模な企業やスタートアップ企業
既存システムとのスムーズな連携を必要とする企業独自システムや特定の業務プロセスに強く依存する企業
日本特有の税制や商習慣に対応が必要な企業海外市場のみを対象とする企業
迅速な意思決定や経営の可視化を求める企業手動の業務プロセスや小規模なデータ処理で十分な企業
コンサルティングやトレーニング体制の充実を重視する企業自社でシステム導入や管理を完全に行いたい企業
業務の統合と効率化を目指す企業単一機能のソフトウェアやツールで十分な企業
クラウドやデジタル技術を活用したリアルタイムのデータ分析を必要とする企業オンプレミスシステムに強く依存する企業

GLOVIAからNetSuiteに乗り換えるメリット

企業がGLOVIAからNetSuiteに乗り換えることには、多くのメリットがあります。以下に具体的な例を示しながら解説します。

リアルタイムのデータ可視化と分析

GLOVIAもデータ分析機能を提供していますが、NetSuiteはさらに高度なビジネスインテリジェンス機能を提供します。NetSuiteではリアルタイムでデータを可視化し、分析するためのダッシュボードやビジュアル分析ツールが充実しており、これにより企業はより迅速でスマートな意思決定が可能となります。

例えば、販売データをリアルタイムで分析し、トレンドを迅速に把握して販売戦略を即時に修正することができます。これにより、競争の激しい市場での競争力を維持しやすくなります。

グローバルなビジネス運営の支援

GLOVIAは主に日本市場向けに最適化されていますが、NetSuiteはグローバル対応に優れています。NetSuiteは200か国以上で利用可能で、27以上の言語と190以上の通貨に対応しています。

ビジネスプロセスの自動化と効率化

GLOVIAも業務プロセスの自動化をサポートしますが、NetSuiteはさらに広範な自動化機能を提供します。例えば、D社がGLOVIAからNetSuiteに乗り換えることで、受注から出荷までのプロセスを自動化し、手動での入力作業を削減できます。これにより、従業員はより付加価値の高い業務に集中することができ、全体的な生産性が向上します。

高度なカスタマイズとスケーラビリティ

GLOVIAもカスタマイズ可能ですが、NetSuiteはさらに高度にカスタマイズ可能であり、企業の成長に伴うスケーラビリティにも優れています。例えば、E社がGLOVIAからNetSuiteに乗り換えることで、企業独自の業務フローやルールに合わせたシステムのカスタマイズが可能となり、業務効率を最大限に引き出すことができます。

まとめ

GLOVIAからNetSuiteに乗り換えることで、企業は多くの利点を享受できます。NetSuiteはクラウドベースのERPソリューションであるため、インフラストラクチャの維持や更新にかかるコストを削減し、リモートワークの促進や業務の迅速化を実現します。

ただし、全ての企業にNetSuiteが適しているわけではありません。

まずは、無料のデモを利用することをおすすめします。
ERP選定において重要なFIT&GAPを把握できるため、導入後に後悔することを未然に防げます。

ベンチャーネットのNetSuite導入・運用支援はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

持田 卓臣のアバター 持田 卓臣 株式会社ベンチャーネット代表取締役

株式会社ベンチャーネット 代表取締役
2005年に株式会社ベンチャーネットを設立後、SEOをはじめとするデジタルマーケティング領域のコンサルティングサービスを展開
広告・SNS・ウェブ・MA・SFAと一気通貫で支援を行っています
著書に『普通のサラリーマンでもすごいチームと始められる レバレッジ起業 「バーチャル社員」があなたを救う』(KADOKAWA、2020年)

目次