クラウドシステムとは?NetSuiteが実現するビジネス変革

目次

クラウドシステムの定義と特徴

クラウドシステムとは、インターネットを通じて提供される、ソフトウェアやアプリケーションを含む総合的な情報システムのことを指します。クラウド上に構築されたシステムであるため、ユーザーは自社でサーバーやソフトウェアを保有する必要がなく、インターネット環境さえあれば、いつでもどこからでもアクセスできるのが特徴です。

クラウドシステムの例:クラウドERP

近年ではさまざまなクラウドシステムが存在しますが、その中でも特に注目していただきたいのが、クラウドERPです。ERPとは、Enterprise Resource Planning(企業資源計画)の略で、財務会計や販売管理、在庫管理など、企業活動に不可欠な機能を統合的に管理するシステムを指します。従来はオンプレミス型が主流でしたが、クラウド型のERPが急速に普及しつつあります。

クラウドERPの先駆者「NetSuite」

クラウドERPの先駆者として知られるのが、Oracle NetSuiteです。NetSuiteは、財務管理、販売管理、在庫管理、eコマースなど、あらゆる業務プロセスをクラウド上で一元管理できる統合型のビジネス管理ソフトウェアです。世界中の31,000社以上に導入され、高い評価を得ています。

クラウドシステムのメリット

クラウドシステム、特にNetSuiteのようなクラウドERPを導入するメリットは多岐にわたります。

コスト削減

クラウドシステムでは、自社でシステム資産を保有する必要がないため、ハードウェアやソフトウェアへの初期投資、メンテナンスや運用にかかるコストを大幅に削減できます。NetSuiteのようなクラウドERPなら、ITコストを最小限に抑えつつ、最新の機能を利用できます。

迅速な導入

クラウドシステムは、一般的にオンプレミス型に比べて短期間での導入が可能なため、スピーディーなビジネス展開に適しています。NetSuiteであれば、最短3ヶ月での本番運用が可能になります。ビジネスの変化に素早く対応し、競争力を高められるでしょう。

リモートワークとBCP対策

クラウドシステムは、インターネット経由でデータにアクセスできるため、場所を問わずに業務を遂行できます。NetSuiteなら、リモートワークを円滑に実施でき、災害時にもデータを守り、事業継続が可能となります。

拡張性と柔軟性

NetSuiteのようなマルチテナント型のクラウドERPは、高い拡張性を備えています。業界特有のプロセスにも柔軟に対応でき、ビジネスの成長に合わせてシステムを拡張できます。

クラウドシステム導入の注意点

クラウドシステムにはデメリットもあります。カスタマイズの自由度がオンプレミスに比べて低いことや、セキュリティ対策がベンダー任せになることなどです。しかし、NetSuiteなら、堅牢なセキュリティ体制を確保しつつ、一定の範囲でのカスタマイズも可能です。

クラウドシステム選定のポイント

クラウドシステムを選ぶ際は、自社の課題や目的に合ったベンダーを見極めることが重要です。NetSuiteは、グローバルでの豊富な導入実績と、充実したサポート体制が特徴です。業務適合性や既存システムとの連携可否も、慎重に検討しましょう。

NetSuiteが切り拓くビジネスの未来

デジタル変革が加速する中、クラウドシステムは企業の未来を切り拓く鍵を握っています。中でもNetSuiteは、財務管理から販売、在庫、生産管理までを一元化し、タイムリーにデータを可視化します。意思決定の迅速化とオペレーションの効率化を実現し、イノベーションに注力する経営資源を生み出します。

NetSuiteの導入により、グローバルな事業展開や新しいビジネスモデルへの挑戦が加速するでしょう。変化の激しい時代に、俊敏性と適応力を武器に、競争力を高めていくことができます。

ベンチャーネットのNetSuite導入・運用支援はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

持田 卓臣のアバター 持田 卓臣 株式会社ベンチャーネット代表取締役

株式会社ベンチャーネット 代表取締役
2005年に株式会社ベンチャーネットを設立後、SEOをはじめとするデジタルマーケティング領域のコンサルティングサービスを展開
広告・SNS・ウェブ・MA・SFAと一気通貫で支援を行っています
著書に『普通のサラリーマンでもすごいチームと始められる レバレッジ起業 「バーチャル社員」があなたを救う』(KADOKAWA、2020年)

目次