Linyを導入してLINEを営業ツール化しよう〜メールに代わる新たな選択肢〜

企業によるLINE公式アカウント(旧LINE@)が増えてきてます。

お得な情報やクーポン発行はなんのその、最近ですと荷物の再配達や住民票の発行、学校の窓口対応など、さまざまな企業や組織のサービス提供で活用されています。
しかし、華々しい成功事例とは裏腹に、せっかく導入したのにも関わらずうまく活用しきれていない企業も多くあります。

  • 登録してくれた人がどういう人か管理できていない
  • 単なる公式通知にしか使えていない
  • そもそも個別のやりとりがうまくいっていない

LINE公式アカウントは、これまでのメールマガジンと同じではありません。
「登録者の欲しい情報を管理」+「1対1のコミュニケーション」
この二つの目的を同時に達成することができるツールがLINE公式アカウントです。

今回は、このLINE公式アカウントの目的をサポートしてくれるツール、「Liny」を紹介します。

目次

LINE登録の段階で情報をアップデート・管理

LINE公式アカウントのみの運用でよくある課題の一つが、お客様情報の管理です。
例えば登録の名前を変更したり、Excelなどで個別に管理したりといった形で試行錯誤するケースが多いです。
しかしそれも、登録者の増加に対応しきれないことがほとんど。

こういった課題を、Linyはアカウントごとの情報管理ページと、登録時・フォーム送信での自動情報登録の二つで解決します。

登録者のアカウントごとに氏名や特徴、お悩みなどを管理するページが作成され、随時変更が可能です。
また、アカウントを友達追加した段階でのタグ付けや、フォーム送信によるお客様情報の自動アップデートが可能です。
つまり、登録者情報をLinyが自動で管理してくれるわけですね。

また、タグに合わせてLINEで表示されるリッチメニュー(下記画像)の使い分けができるので、このお客様にはこのメニュー、別のお客様には別のメニュー、といった形で、流入経路やサービスごとで使い分けが可能です。

公式アカウントとは異なり、こちらからのコミュニケーション開始もOK

通常のLINE公式アカウントでは、個別のチャットは登録者側が発信することで可能になります。
つまり、登録していただいてもお客様がアクションを起こさない限り1対1のチャットはできません。

しかし、Linyなら登録した段階でこちらから1対1のコミュニケーションができます。そのため、通常の公式アカウントに比べてはるかに高い割合でお客様とのやりとりを開始することができます。

しかも、今までのお電話やメールでのやりとりとは異なり、LINEチャットは反応率・継続率が高いのも特徴です。
電話だとなかなか聞きづらい内容や、そもそもコミュニケーションのハードルが高いといったことが問題点も、LINEチャットなら気兼ねなく聞きやすいからです。

ちなみに、個別のLINEチャットについて調べた調査で、メールのような固いやりとりよりも、短文でのやりとりの方が反応率がいいという結果も出ています。
Linyを活用してお客様との1対1コミュニケーションを推進しましょう。

実際の活用事例から学ぶ

それでは、実際にLinyを導入して活用している事例を紹介します。
ぜひ成功事例を参考に自社の事例に応用してみてください。

不動産仲介のA社

A社では、リスティング広告からLINE登録を行なっていましたが、ある段階から登録者情報を管理できないという問題がありました。
そこでLinyを導入し、LINE登録・フォーム送信の段階で情報を自動で更新する設計にしたところ、営業への受け渡しがスムーズに。
成約までの期間も従来の半分以下に押さえることができました。

専門学校のB学校

専門学校のB様では、生徒の出席率を重視しておりました。そのため、クラス担任が毎回出席状況の管理や、遅刻・欠席の対応を行なっており、授業準備に支障が出ていました。

そこでLinyを導入し、生徒の出席管理をLINEで完結させることによって、担任の負担を軽減させることに成功しました。
最初の導入に成功したB様は、次に生徒の募集もLinyで行うようになりました。
興味ある学生にLINE登録してもらい、オープンキャンパスやアクセスなどをLINE上で見られるようにしたことで、好い反応を得ることができました。

歯科医院のC様

子供向けの矯正を専門とするC様では、保護者向けの情報発信でLinyを活用しております。
保護者のよくある質問や不安をLINEで対応し、院長自ら施術に関わる動画を発信することで、保護者の信頼を獲得しております。

また、歯の状態を写真で撮って送信することで、簡単なアドバイスも受けられる仕組みを整えました。

料金・プラン

スタート ベーシック プレミアム
月額料金 5,000円 39,800円 69,800円
管理者数 1人 3人 5人
初期費用 49,800円
LINE公式アカウント料金 0~15,000円
(送信メッセージ数による)
契約期間 1年間
主な機能 個別トーク、シナリオ配信
一斉配信、セグメント配信
自動応答、テンプレート機能
回答フォーム、リマインダ配信
タグ管理、データ移行
アクション管理
左に加えて
+URLクリック測定
+コンバージョン計測
+サイトスクリプト計測
+セグメントリッチメニュー
左に加えて
+スケジュール実行
+クロス分析
+流入経路分析
+スプレッドシート連携

LINE公式アカウントは全体に送信するメッセージ数によって料金が異なります。
LINE公式アカウントの料金体系は以下の通りです。

フリープラン ライトプラン スタンダートプラン
月額 0円 5,000円 15,000円
無料メッセージ数 1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ料金 不可 5円 ~3円

ポイントとなるのは「メッセージ数」です。
新規アカウントで始める方はライトプランで始めて、登録者や使い方によってアップグレードを検討するのをおすすめします。

Linyの活用方法は無限大

実際の活用事例を見ていただくとわかるように、大企業だけでなく、中小企業や個人事業主においてもLinyを自分たちのビジネスに活かしていることがわかります。

もちろんこれ以外にもLinyは豊富な導入実績があり、自社のビジネスにどのように活かせるのかに対してたくさん活用方法が提案できます。
「LINE公式アカウントを導入したいけど管理が大変そう・・・」
「せっかくアカウントはあるけれど活かしきれていない・・・」
という方は、ぜひこの機会にLinyの導入を検討してみてください。

弊社では、Liny導入・支援サービスを提供しております。
詳しくはこちらからお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

株式会社ベンチャーネット デジタルマーケティング事業部
動画制作・Youtube活用コンサルティングおよびWEB広告・SNS広告運用を担当
個人として登録者数1.7万人(2020年8月現在)のYoutubeチャンネル「論文YouTuber笹谷ゆうや」も運用中

目次
閉じる