近年では、店舗などの各種スポットの情報を地図アプリなどで探す人が増えています。また検索エンジンそのものも、ローカライズ・パーソナライズされることで、現在地から近いエリア情報を優先して表示されはじめました。以前からその傾向はありましたが、Googleの検索エンジンアルゴリズムの進化によって、その傾向はさらに進んでいると言えるでしょう。

Googleの検索エンジンアルゴリズムが厳しくなった今、単純なSEOだけでは上位表示を狙うよりも、さまざまな媒体を駆使して総合的な集客力を高めることが不可欠。そこで今注目されているのが、MEOと呼ばれる地図アプリ向けの施策です。対面ビジネスなどでは、非常に効果的な施策ですから、これから力を入れるべき対策だと言えるでしょう。

今注目のMEO対策(Map Engine Optimization)とは?

MEO対策とはMap Engine Optimizationの略語で、日本語に訳すと「マップエンジン最適化」となります。

ウェブ上で地図アプリを提供している企業は無数にありますが、ここで指すマップとは「Googleマップ」のこと。検索エンジンとは異なり、見た目の好みなどで利用する地図アプリは人それぞれだとは言えますが、Googleマップに絞って対策をすることには意味があります。

Googleマップとは?Googleマップの使い方とおすすめの機能
スマートフォンの中にある便利な地図、Googleマップ。多くの方が日常的に使っているのではないでしょうか。そんなGoogleマップですが、実は普…

なぜならGoogleマイビジネスに参加することで、マップエンジンに自社のビジネスを表示できるだけでなく、通常の検索結果にも優先して表示されるからです。SEO対策での上位表示の難易度が上がった今、ローカルのビジネス情報として、検索結果に割り込んで表示できる意義はとても大きいと言えるのではないでしょうか。

すぐに登録できる?Googleマイビジネスとは

MEO対策に不可欠なのが、まずは自分のビジネスをGoogleに「Googleマイビジネス」として登録することです。

Googleマイビジネスとは、Googleマップをはじめとして、Googleのさまざまな媒体にローカルビジネス情報として登録できるサービスのこと。MEO対策をするのなら、Googleマイビジネスに登録しないことには何も始まりません。Googleマイビジネスは、今すぐにでも登録が可能ですから、まだ登録が済んでいないのであれば、MEO対策をせずとも必ず登録をしておきましょう。

登録してみるとわかりますが、何も対策をしていない状態でも、以外なほど見ている人が多いことに気がつくはずです。Googleマップや検索結果に表示情報が、どれだけ影響力があるのかが理解できるでしょう。

Googleマイビジネスとは?Googleマイビジネスの登録のやり方
Googleマイビジネスを知らないという方でも、知らない内にGoogleマイビジネスを利用してたり、目にしていたりするかもしれません。またGoo…

MEO対策が求められている理由

MEO対策が求められている理由としては、いくつかの理由があります。

  • SEO対策だけでは厳しくなってきた
  • 他社と何らかの差別化がしたい
  • ローカル検索の影響が強くなってきた

こうした理由が代表的でしょう。とくにローカル検索の影響の強まりは、ここ数年でかなり強化されました。Googleがより正確に文章・文脈を理解できるように進化したため、検索ユーザーの要望を満たすために積極的にローカル情報を表示するようになったと考えられます。そのエリア内で、自社サービスを優先的に表示させられる強みは説明するまでもないでしょう。

検索ユーザーは「検索結果で上位に表示された」=「Googleがおすすめしている」と考える傾向があることから、MEO対策の効果は抜群だと言えます。

地図アプリ利用者の急増

ほかにも外せない要素としては、Googleマップを利用する人が激増していることです。

これはGoogleマップは、ただの地図アプリとしてだけではなく、ローカル情報の収集や車のナビゲーションとしても利用されるほどに成長。もはやGoogleマップは、人びとの日常に欠かせない生活アプリの一部となったと言えるでしょう。さまざまな使い方ができるGoogleマップを、ほかの地図アプリで代替することは、かなりむずかしいといっても過言ではありません。なぜならほかの地図アプリでは、Googleマップほどの情報量がないからです。

Googleマップでは、ユーザーが自由にスポットを登録できたり、口コミを投稿する機能まで備えているおり、他のアプリが追随することは困難でしょう。

ローカル検索の事実

近年「マイクロモーメント」と呼ばれる消費者行動が注目されています。スマホ利用者のうち、興味を惹かれるメッセージを見たあとの行動です。

  • 59%の人が影響を受けて訪問した
  • 53%の人が考えたことのないサービスを検討した
  • 43%の人が通常購入しないサービスを購入した

(出典:Google/モバイルマーケティング第 2 回 : リアルタイムデータを活用し、マイクロモーメントを確実に捉える)

Googleのこうした調査からも「今この瞬間に見つけた魅力的な情報に影響される傾向がある」ということ。Googleマップでの魅力的な情報も、もちろんマイクロモーメントを刺激するものですから、MEOはとても大切なことがわかります。

MEO対策をするメリットとは

MEO対策をするメリットは、大きく分けて3つです。

  1. 地図アプリからの集客手法として有効
  2. 通常の検索結果にも優先的に表示される
  3. 店舗・ビジネスの信頼性を向上できる

いずれも見過ごすことのできないメリットだと言えますね。

地図アプリからの集客手法として有効

繰り返しにはなりますが、人びとは思っている以上に地図アプリを多用しています。コンビニを探している時、ランチを食べられる場所を探している時、パティスリーを探している時、さまざまなシチュエーションに地図アプリを使うでしょう。こうした時に、仮に自社のサービスが表示されないとなるとどうでしょうか。それだけで多くの損失に繋がります。反対に優先的に表示されると、とても強力な集客ツールとなり得るでしょう。

通常の検索結果にも優先的に表示される

MEO対策が成功すると、Googleマップでの検索結果だけではなく、通常の検索結果にも優先的に表示される可能性があります。

GoogleはMEO対策で上位にするためのアルゴリズムそのものは開示していませんが、正確な情報を掲載し、より多くの評判を集めることで上位表示は可能です。通常の検索結果に割り込んで、優先的に自社サービスが表示されるメリットは計り知れません。

店舗・ビジネスの信頼性を向上できる

検索ユーザーは、基本的に「検索エンジンが上位表示する店舗を信頼する」という傾向があります。実際にはそうでないとしても、検索エンジンで上位に表示し続けるだけで、ビジネスの信頼性を大きく向上させられる可能性があるのです。ブランディングのためにも貢献するということですね。

MEO対策のデメリットとは

さまざまな集客に有効なMEO対策ですが、メリットばかりではありません。多少ではありますが、デメリットも存在しています。

  1. スパム行為が発覚すると結果から除外される
  2. 意図的に悪い評価を付けられる恐れがある
  3. 口コミと評価があまり信頼されない

中でも気をつけるべきなのは、意図的に悪い評価を付けられることなのです。

スパム行為が発覚すると結果から除外される

MEO対策は、とても強力な集客手法であることから、無理やり上位表示をさせる「スパム」に走るケースが後を立ちません。

MEO対策サービスと称して、スパミーな手法で上位表示をさせる業者も存在するほど。しかしGoogleは、こうしたスパム行為に対して厳しく対処しており、発覚すると検索結果から一時的(悪質だと恒久的)に除外される場合があります。スパム行為は絶対避けましょう。

意図的に悪い評価を付けられる恐れがある

ライバル企業やいたずら犯から、意図的に悪い評価を付けられるリスクがあります。これは適切な対処をすれば問題ないのですが、そもそも悪い評価を付けられないように、日ごろからこまめにチェックしておきましょう。

口コミと評価があまり信頼されない

口コミについては、さまざまな口コミサービスでの自作自演行為や恣意的な操作が知れ渡っていることから、信用していない検索ユーザーも少なくありません。こうした問題を防ぐためには、やはりナチュラルに良い口コミが投稿されるサービス提供と、仕組みづくりをしていく必要があるでしょう。

MEO対策のポイント

MEO対策で上位表示するための絶対的な裏ワザなどは存在しません。仮に存在していても、すぐにGoogleから対策されるので、追求するのはコストパフォーマンスが低いです。そのため最低限のポイントを守り、コツコツと対策していくのが一番でしょう。

Googleのガイドラインを守る

まずは何よりも、Googleが定めるガイドラインをしっかり守ることが大切です。

  • 虚偽の情報を載せる
  • 評価の恣意的な操作をする
  • 関連性のないコンテンツを載せる
  • 違法なコンテンツを載せる
  • なりすまし行為をする

これらはごく一部ですが、こうしたGoogleが定めるガイドラインに抵触しないMEO対策をしてください。

あくまで自然な形で口コミを集める手法を取る

Googleは対価を支払い、口コミを集めることを禁止しています。ですから自然な形で口コミを書いてもらえるための仕組みづくりが、MEO対策のためには重要となるでしょう。なによりも訪問していただいた顧客に、最大限のサービスを提供することが第一です。

悪意のある口コミを放置しない

ある程度の実績が伴ってくると、それだけ目立つことから悪い口コミが増えることからは避けられません。中には特に理由もなく低評価を付ける人もいるほどです。こうした悪い口コミには、まず「返信」することが第一でしょう。真摯に返信している口コミを読めば、かえって好感度を上げるチャンスにもなり得ます。もちろんまったく関係のない、でたらめで悪意のある口コミであれば、放置せずにGoogleへ削除依頼をしてください。

MEO対策の具体的な手順・手法

MEO対策を始める場合の手順・手法は、思っている以上にシンプルです。しかし多くの方が「めんどうくさい」「むずかしそう」と考えているらしく、しっかりと取り組んでいる企業は少数。つまり以下に紹介するかんたんな手順を踏むだけでも、MEO対策をしていない企業と差を付けられるということです。とてもかんたんですから、明日からでも始めてみることを強くおすすめします。

MEOの手順①「Googleマイビジネスへの登録」

先ほども紹介しましたが、まず必要なのはGoogleマイビジネスへの登録作業です。

企業名・店舗名・住所・電話番号・営業日・営業時間・公式ウェブサイトといった基本的な情報をしっかりと登録しましょう。面倒に感じるかもしれませんが、情報量は多ければ多いほど検索ユーザーの役に立ちます。それだけではなく、検索結果として優先的に表示されるためにも、非常に重要な要素ですから、事実に基づく有益な情報を可能な限り登録してください。

MEOの手順②「口コミ・評価を集める」

つぎに必要なのは、口コミと評価を集めることです。

口コミ・評価の数と評判のよさは、検索結果で優先表示されるだけでなく、実際に検索ユーザーにも信頼を感じさせます。対価を支払う評価の収集は違反ですから、お客様に積極的に声かけるすることからスタートしてください。思っている以上に、お客様は口コミや評価を投稿してくれるものです。業種にもよりますが、接客する時間の長いビジネスほど、口コミを書いてもらえる率は高くなります。

MEOの手順③「SNSやブログで拡散させる」

さらに評判や口コミを誘発し、話題性を高めるために有効なのが、TwitterInstagramFacebookなどSNSやブログなでの話題づくりです。

SNSとは?SNSでウェブサイトへのアクセス流入を起こそう
スマホを開けばSNSに夢中になっている、そんな人がどんどん増えています。それだけ私たちのライフスタイルにSNSは欠かせない存在になってきました。…

MEO対策では、マップエンジンでの最適化がメインではありますが、おそらくGoogleはさまざまな情報を総合的に判断して順位を決めていることでしょう。ウェブサイトと同様に、SNSやブログなどで言及される率が多いほど、MEO対策の効果も高まると考えていいはずです。

MEO対策まとめ

MEO対策の基本について解説をしました。Googleマップがもはやインフラとして普及しつつある今、MEO対策はローカルでのビジネスで集客するためには不可欠だと言えます。MEO対策のメリットとデメリットを理解し、ご紹介した手順を参考にすぐにでも対策を始めましょう。早く始めるほど効果があります。