著者について

持田 卓臣TAKUOMI MOCHIDA

株式会社ベンチャーネット代表取締役。1978年、神奈川県川崎市生まれ。早稲田大学商学部、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。

大学卒業後、ヒューレットパッカード社にてITコンサルタントとして従事。2005年に創業した株式会社ベンチャーネットは、日本オラクル社のゴールドパートナーとしてマーケティングオートメーションの導入・運用の支援を行うほか、マーケティングオートメーションの活用に必要となる、SEOやウェブ制作といったリードジェネレーション事業、さらにマーケティングオートメーションで育成したリードを営業にパスする際に必要となるSFA・CRMのコンサルティング事業を展開。近年は、企業全体の業務効率化を図るためのRPAコンサルティング事業も行っている。

購入者特設ページのコンテンツの更新情報などを定期的に
発信しますので、ぜひフォローをお願いします。
3月21日より週1のペースで、特設ページに動画などの情報をUPしていきます。
 定期的に情報の追加、アップデートをしていきますので、お楽しみに!

はじめに

CHAPTER 1 なぜサラリーマンに起業が必要なのか

  • 会社の寿命とあなたの寿命
  • 働き方改革と副業解禁をうまく利用しよう
  • 普通のサラリーマンが普通に起業できる時代
  • 起業があなたの「学び直し」を後押しする
  • レバレッジ起業がサラリーマンを救う
  • 目指すは「ちゃんとしていない」けれど生き残る会社

→CHAPTER 1の内容を動画でおさらい

CHAPTER 2 バーチャル社員を仲間にしよう

  • なぜビジネスにはチームが必要なのか
  • 「何をやるか」ではなく「誰とやるか」
  • バーチャル社員があなたを救う
  • バーチャル社員は「外注」と違うのか
  • 「自分×バーチャル社員」の掛け合わせで事業を考える
  • インタビュー:日本の未来はバーチャル社員が決める

→CHAPTER 2の内容を動画でおさらい

CHAPTER 3 バーチャル社員はこうやって集めよう

  • バーチャル社員の探し方は大きく3つある
  • STEP 1:クラウドソーシングサービスで探す
  • STEP 2:ダイレクトリクルーティング
  • STEP 3:リファラルリクルーティング
  • 100%の人材はいない
  • 報酬の決め方もいろいろある

→CHAPTER 3の内容を動画でおさらい

→クラウドソーシングサービス「ランサーズ エンタープライズ」について動画で詳しく見る

クラウドソーシングサービス「ランサーズ エンタープライズ」についてフォームから問い合わせる
クラウドソーシングサイト「ランサーズ」で仕事を依頼する(「ランサーズ」ウェブサイトに遷移します)

CHAPTER 4 ベンチャーネットのバーチャル社員を紹介します

  • 個性豊かなバーチャル社員たち
  • 鹿児島在住の敏腕エンジニア「こんのさん」
  • 京大卒の元キャリア官僚「つついさん」
  • 元・1ヶ月で4000万稼ぐアフィリエイター「Xさん」
  • 広告業界を渡り歩いた営業マン「Tさん」
  • 頼れる元看護師ライター「おかべさん」
  • 発達障害から食える人へ進化した「借金玉さん」
  • 「しょぼい」を大ヒットさせたマーケットメーカー「えらてんさん」
  • 東大卒の論文YouTuber「笹谷さん」
  • バーチャル社員の可能性は無限大
  • 番外編 バーチャル社員として働く

→CHAPTER 4の内容を動画でおさらい

→クラウドソーシングサイト「ランサーズ」について動画で詳しく見る

クラウドソーシングサイト「ランサーズ」に登録して仕事を探す(「ランサーズ」ウェブサイトに遷移します)
クラウドソーシングサイト「ランサーズ」で仕事を依頼する(「ランサーズ」ウェブサイトに遷移します)

CHAPTER 5 バーチャル社員の能力を最大限に活かす方法

  • 私の普段の1日を紹介します
  • バーチャルチームのコミュニケーション術
  • 仕事を依頼するのも1つのスキル
  • 特性を診断できる「ストレングスファインダー」
  • 実際にストレングスファインダーをやってみた
  • グーグルが開発した効果的なチームの法則
  • チームの心理的安全性を高める方法

→CHAPTER 5の内容を動画でおさらい

→リモートワークの具体的なノウハウについて詳しく知る

オンラインイベント&リモートワークの知見・情報をゆるり共有
著者・持田卓臣とWASEDA NEOプログラムプロデューサー・高橋 龍征さんが運営するFacebookグループです

CHAPTER 6 レバレッジ起業に欠かせないデジタルツール

  • 起業には「生産性向上」と「付加価値」が必要だ
  • デジタルツールを使いこなして効率化を図る
  • 電話番は専任のオペレーターにおまかせ【fondesk】
  • バーチャルチームのコミュニケーションを支える【Chatwork】
  • オンライン会議で費用削減【Zoom】【Calling】
  • オンライン名刺管理で楽々【Sansan】
  • 生産性のカギを握る人事管理システム【jinjer】
  • 営業マンの秘密兵器【Salesforce】
  • クラウドですべての経営資源を一元管理【NetSuite】
  • マーケティングを自動化する【Eloqua】
  • RPAによる自動化でムダを減らす【WinActor】
  • 使いやすいツールで効率化を目指す
  • コラム レバレッジ起業で注意したいセキュリティ問題

→CHAPTER 6の内容を動画でおさらい

→オンライン会議システム「Calling」について動画で詳しく見る

オンライン会議システム「Calling」についてフォームから問い合わせる

→人事管理システム「jinger」について動画で詳しく見る

人事管理システム「jinger」についてフォームから問い合わせる

CHAPTER 7 レバレッジ起業に必要なお金の集め方

  • レバレッジ起業にもお金は必要
  • 自己資金だけで起業する「ブートストラッピング」という考え方
  • 起業しても銀行はお金を貸してくれない
  • クラウドファンディングでお金を集める方法
  • 「FUNDINNO」で投資をしてもらうには
  • 投資家の目的はお金だけではなく「成長を楽しむこと」
  • 「事業継承」という新しい選択肢
  • 補助金を活用して起業のリスクをさらに軽減できる

→CHAPTER 7の内容を動画でおさらい

→クラウドファンディング「FUNDINNO」について動画で詳しく見る

クラウドファンディング「FUNDINNO」に登録してみる(「FUNDINNO」ウェブサイトに遷移します)

→起業するときに使える補助金・助成金について詳しく知る

公的支援ナビ
CHAPTER 7にご登場いただいたユナイテッド・アドバイザーズグループ代表の西内孝文さんが運営するFacebookグループです

CHAPTER 8 さあ、レバレッジ起業を始めよう

  • 小さく始めてやりながら考えよう
  • ゲームの攻略法を見つけよう
  • 「やりたいことが見つからない」というあなたへ
  • レバレッジ起業はリスクが少ない最強モデル
  • サラリーマンで培った管理力・調整力を活かそう
  • 今の時代に必要なマーケティング思考を知る
  • 狙うなら「導入期」のマーケット
  • あなた自身に好意が持てれば人は集まる
  • 「このメンバーなら大丈夫」と思えるかどうかがカギ
  • チームのリーダーはメンバーの一員でもある
  • これからの自分の「生き様」をつくる
  • 最初はビジョンやミッションはいらない

→CHAPTER 8の内容を動画でおさらい

お問い合わせフォーム

本書で紹介されたツール・サービスについて下記のフォームからお気軽にお問い合わせください

    必須項目お問い合わせ対象
    会社名
    必須項目
    必須項目
    必須項目メールアドレス
    お問い合わせ内容

    プライバシーポリシーに同意する