Googleアップデートとは?

SEOにおけるGoogleアップデートとは

検索サイトの中で特に大手で利用者が多いのはGoogleでしょう。調べたいことや欲しい情報をGoogleを使って検索していると答える人は圧倒的に多いです。そもそも検索エンジンとは、検索したときに出た結果がどれだけ信頼できるかがカギを握るものですから、いかにGoogleで調べた結果が多くの人たちから信頼を寄せられているのかが分かります。

Googleアップデートですが、アルゴリズムの更新としてGoogleが実装しているものです。これは検索の順位結果がどのようになっているのか見極めるための指標となるプログラムで、驚くことにその数は200以上にものぼります。

検索したときに目の前にでてきた情報が本物なのか、これはGoogleアップデートを行うたびに判断するため、その都度検索の順位が大きく入れ替わることも珍しくありません。ウェブサイトを管理する者にとって検索したときウェブサイトがどの場所に表示されるのかはSEO対策の意味も常に気になるところではないでしょうか。

なぜアップデートが必要なのか

自社のウェブサイトに関するキーワードで検索したとき、最初に表示されたところにウェブサイトがあったものの、結構下の位置にあったとします。できれば上位に表示させてネットユーザーの目につきやすい位置をキープしたいところでしょう。そのためにSEO対策を施すと、その成果が実って検索の順位がアップします。

しかし、ほかのウェブサイトが何もしていないわけではありません。必ずなにかしら対策をしているわけですから、常に順位は入れ替わることになります。基本的にGoogleの場合は、訪問者が多いウェブサイトや元々人気のあるウェブサイトなどが上位になりやすい傾向があります。

このとき、訪問者に調べたかった情報がまったくないウェブサイトが検索結果に並んでいた時、その検索サイトは「使えない」となります。そのウェブサイトを訪ねた人のためにならないと判断されるのです。これは検索サイトにとって致命的です。Googleの価値を下げないために、Googleでは検索サイトとして良質でいつづけるために定期的にアップデートを行い、質のいいウェブサイトが1ページ目に表示されるように対策しています。

Googleアップデートを味方にしよう

Googleのアップデートがあるたび順位が入れかわることは、順位が低いウェブサイトにしてみれば順位アップのチャンスとなりますが、すでに上位にいるウェブサイトにしていれば、順位ダウンの恐れがあるのではと心配になります。

だからこそ、その心配を払拭させるためにGoogleアップデートを味方につけるのです。

ちなみにGoogleの検索で一位になったときのクリック率はどのぐらいだと思いますか? 平均的な数字ではありますが、10人のうち2人がクリックするそうです。およそ2割がクリックします。これを踏まえて、少しでも多くサイトに訪問してもらうためにも訪問者にとって魅力的なウェブサイト作りが必要になります。運営側目線だけでなく、一訪問者になった目線で改めてウェブサイトの質をしっかり確認して、良質なサイトを目指しましょう。

今までのGoogleアップデートは?

大小様々のGoogleアップデートがあります。こちらで紹介するのは有名なアップデートのみに絞らせて頂きます。

  1. パンダアップデート
  2. ペンギンアップデート
  3. ベニスアップデート
  4. ハミングバードアップデート
  5. クオリティアップデート
  6. インタースティシャルアップデート
  7. モバイルフレンドリーアップデート
  8. 健康アルゴリズムアップデート
  9. 日本語検索アップデート
  10. BERTアップデート
  11. コアアルゴリズムアップデート

現在も様々なアップデートがアルゴリズムに組み込まれ、進化し、自動で対象になっていたサイトの除去を行っているようです。コアアルゴリズムアップデートに至っては年4回ほどの予告の噂があります。

Googleアップデートはどこでわかる?

2019年のアップデートで変わったこと

こちらのサイトをご覧ください。
googleのアップデートって何?Webメディア・ブログを運営している人が知っておきたいgoogleのアップデート【大きく変わったのは「健康系」のジャンル】

このような見出しで記事が書かれています。2019年の3月と6月と9月、にGoogleアップデートがあったと記録されています。その中で特にサイトの順位が大きく変わったジャンルがあるようです。

このアップデートによって、質の低いサイトは後方へ、訪問者のためになるとみなされたサイトは上位へ移動されました。その結果としてネットユーザーが知りたい健康に関連性のあるサイトが1ページ目に表示されるようになったわけです。

ジャンル別に分かる順位の変動

こちらのサイトでは、どのジャンルがどのタイミングで順位が大きく変わったのか票に表しています。

Google大変動】2020年2月2日からGoogleで大きな順位変動|SEOラボ

こちらを見ると、先ほどと同じように健康系に大きな変動があった以外にも、財務や金融、法律、さらには就職や食品、暮らしなどに関するジャンルの変動も見られたようです。サイトによって大きく順位が上がったところもありますし、逆に大きく下がったところもありますので、なかなか順位が上がらないと諦める必要はなく、SEO対策によって上位に食い込む可能性はあることが分かる結果でした。

アップデートによってアクセス数が下がっても回復できる

こちらのウェブサイトの運営者は、Googleアップデートによって大幅にアクセス数が減ってしまった経験があると話しています。

僕がGoogleアップデートからアクセス回復できた5つのポイント!【トレンドブログ編】 | ズミのブログ

こちらのウェブサイトでは、アクセス数が下がったタイミングに利益も下がってしまったことを日付と利益の金額も詳細にグラフで説明しています。その後に回復させたところまでのグラフがあり、Googleアップデートによってアクセス数が下がってから回復するまでに、ウェブサイトの管理人は何をしたのかもポイントを抑えて解説していました。

SNSにもGoogleアップデート情報が寄せられている


2020年の年明けにGoogleアップデートがあったことをツイートしています。このアップデートでだいぶ下がってしまった、その後さまざまな対策を取ったことでアクセス数が徐々に回復しているようです。


この方はブローガーとして活躍しているようで、SEOに関してだいぶ詳しいようです。子どもを育てながらブログを更新しており、Googleアップデートによる変動も把握してる様子です。


ツイートした時期にGoogleアップデートによって強制的に淘汰された順位をピックアップしています。Googleアップデートがあってもなかなか順位があがらないウェブサイトも少なくないようです。


なぜブログが検索したときに1ページ目に表示されないのか、それにはモバイルの最適化が影響していることをアドバイスしています。ウェブサイトやブログはパソコンだけでなくスマホやタブレットなどの端末からアクセスする方も多いので、パソコンユーザー向けの対策だけでは順位アップにつなげるのは難しいというお話のようです。


こちらのツイートを見ると、2020年1月14日にGoogleアップデートがあったことが分かります。以前のアップデートで順位が下がってしまったウェブサイトがこの時のアップデートによって復活の兆しがあるようです。


2020年の1月にGoogleアップデートがあったことで運営していたブログが影響を受けたと呟いています。ブログのアクセスがなかなか伸びない方へのアドバイスもありました。


こちらは2017年12月にGoogleアップデートがあったことを呟いています。当時運営していたブログで利益がでていたものの、Googleアップデートによってブログが下位に転落してしまったことで利益がなくなってしまったとのことです。


こちらのツイートでは、法人のドメインはGoogleアップデートに強いと話しています。法人のドメインに比べて無料サービスとして提供されているブログやウェブサイトサービスなどで利益を得ている方はGoogleアップデートの影響が大きいようです。

このように、TwitterではGoogleアップデートに関する呟きが溢れかえっていました。アップデートによって収益がアップした方もいれば、逆に収益がなくなった方もいます。Googleアップデートによって大きく順位が変動すると、それに伴ってウェブサイトやブログの利益も大きな影響を受けてしまいます。