NetSuiteで実現する戦略的な人件費削減と業務効率化のアプローチ

人件費は企業にとって大きな固定費であり、その最適化は利益確保と投資原資の創出に直結する重要な経営課題です。しかし、安易な人員削減や給与カットは、従業員のモチベーション低下や生産性の低下を招くリスクがあります。では、どのようにすれば戦略的に人件費管理を行えるのでしょうか。本記事では、クラウド型ERPシステム「NetSuite」の活用によって、いかにして人件費削減と業務効率化を両立できるかを解説します。

目次

間接費に着目する理由

人件費削減を進める上で、まず注目すべきは間接費の存在です。間接費とは、製品やサービスに直接紐づかない費用のことを指し、複数の部門や業務にまたがって発生するのが特徴です。例えば、工場の消耗品費、本社の管理費、営業部門の旅費交通費、人事部門の採用費・研修費などが該当します。

こうした間接費は、直接費と比べるとコスト削減の優先度が低いと考えられがちです。しかし、部門横断的に発生する間接費の総額は、売上の10%〜20%に及ぶこともあります。つまり、間接費の最適化には大きな改善余地が潜んでいるのです。

NetSuiteを活用した間接費削減の進め方

間接費の削減を効果的に進めるには、次のようなステップを踏むことが重要です。

現状の可視化

NetSuiteを導入すれば、部門を横断した間接費の発生状況をタイムリーに把握できます。財務会計、販売管理、在庫管理、人事労務など、企業活動全般に関わるデータを一元管理できるため、どの部門のどの費用が増大しているかを即座に特定できるのです。この可視化によって、ムダな支出の発見や改善施策の立案がスムーズになります。

目標の設定

NetSuiteから得られる詳細なデータに基づいて、「どの費用を」「いつまでに」「どれだけ削減するか」という定量的な目標を設定します。NetSuite上で部門ごとの予算管理を行えば、目標の達成度合いを常にモニタリングできます。明確な指標があることで、施策の優先順位づけがしやすくなり、PDCAサイクルを回しやすくなるでしょう。

施策の実行

NetSuiteの各種機能を活用しながら、費用項目ごとに適切な削減施策を講じていきます。一例として、以下のような施策が考えられます。

  • 間接材料費の削減:NetSuiteの在庫管理機能で適正在庫を維持し、必要な分だけ発注する。購買機能を使って一括調達を行い、単価を引き下げる。
  • 間接労務費の削減:NetSuiteのワークフロー機能で業務プロセスを標準化し、ムダな作業を排除する。勤怠管理システムと連携させて労働時間を適正化する。
  • 間接経費の削減:NetSuiteのプロジェクト管理機能でタスクの工数を細かく管理し、ムダな残業を防ぐ。出張申請システムを導入して交通費を最適化する。

効果検証

NetSuiteを用いれば、削減施策の効果を部門横断的かつタイムリーに検証できます。ダッシュボードで各指標の推移を可視化し、PDCAサイクルを素早く回していけるでしょう。システムから得られる客観的なデータをもとに、施策の過不足を機敏に調整し、さらなる改善につなげることが肝要です。

NetSuiteがもたらす5つの削減効果

NetSuiteを全社的に導入することで、間接費削減のみならず、様々な業務効率化の効果が期待できます。

タイムリーな費用把握

NetSuiteなら、部門の垣根を越えた間接費の発生状況をタイムリーに把握できます。どの部門のどの費用が増大しているかを即座に特定し、迅速な意思決定につなげられるのです。

業務プロセスの効率化

請求書の処理や経費精算などの定型業務を効率化すれば、間接労務費を劇的に削減できます。NetSuiteのワークフロー機能を活用することで、複数階層を持つ企業であっても承認プロセスを効率化できるでしょう。

プロジェクト採算性の向上

NetSuiteのプロジェクト管理機能を使えば、人員のアサインや工数の管理を綿密に行えます。それによって、予算オーバーや採算割れを未然に防ぐことが可能。限られたリソースを適切に配分し、利益率の高いプロジェクトに注力する体制が整います。

在庫の適正化

NetSuiteの在庫管理機能を使えば、過剰在庫や欠品のリスクを最小限に抑えられます。それは、間接材料費の削減に直結するだけでなく、倉庫スペースの有効活用やキャッシュフローの改善にもつながるのです。

戦略的な調達の実践

NetSuiteの購買管理機能によって、発注業務の集約や電子化を進められます。拠点を越えた一元的な調達によって、スケールメリットを活かした価格交渉が可能に。高品質な資材・サービスを最小のコストで調達できる基盤が整うでしょう。

まとめ:NetSuiteの活用で間接費の削減と業務効率化を実現する

以上のように、クラウド型ERPシステムであるNetSuiteを全社的に活用することで、間接費の削減と業務効率化を同時に実現できます。大切なのは、単なるコストカットに終わらせないことです。システムの力を借りながら、一人ひとりの生産性を高め、付加価値を生み出す活動にシフトしていくことこそが、人件費の戦略的マネジメントの本質だと言えるでしょう。

ベンチャーネットのNetSuite導入・運用支援はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

持田 卓臣のアバター 持田 卓臣 株式会社ベンチャーネット代表取締役

株式会社ベンチャーネット 代表取締役
2005年に株式会社ベンチャーネットを設立後、SEOをはじめとするデジタルマーケティング領域のコンサルティングサービスを展開
広告・SNS・ウェブ・MA・SFAと一気通貫で支援を行っています
著書に『普通のサラリーマンでもすごいチームと始められる レバレッジ起業 「バーチャル社員」があなたを救う』(KADOKAWA、2020年)

目次