プロジェクト管理のポイントとは?NetSuiteで実現する効果的なリソース管理

プロジェクトマネジメントにおいて、リソース管理は非常に重要な要素です。リソース管理とは、プロジェクトを成功させるために必要な人材、設備、資金などの経営資源を適切に配分し、効率的に活用することを指します。本記事では、クラウド型ERPであるNetSuiteを活用した、効果的なリソース管理の方法について詳しく解説します。

目次

NetSuiteが提供するリソース管理機能の特長

NetSuiteは、財務会計、販売管理、在庫管理、人事管理など、幅広い業務プロセスに対応したクラウドERPです。中でもプロジェクト管理モジュールは、リソースマネジメントに非常に優れた機能を備えています。

  • プロジェクトに必要な人材、スキル、タスクをマッピングし、適切なアサインを実施
  • 設備や機材の在庫状況や予約状況をタイムリーに把握し、効率的にスケジューリング
  • 予算の執行状況やコストの発生状況を可視化し、迅速な意思決定を支援
  • プロジェクトの進捗率や収支状況を多角的に分析し、問題の早期発見・対処を促進
  • リソース稼働率の最大化とコストの最小化を同時に実現し、収益性を高める

これらの機能を駆使することで、プロジェクトの規模や特性に合わせて、最適なリソース配分を実現できます。属人的な管理に頼るのではなく、システム的な裏付けを持って判断を下せるようになるのです。

NetSuiteを活用したリソース管理の進め方

それではNetSuiteを導入し、リソース管理を進めるにはどうすればよいのでしょうか。基本的な流れは以下の通りです。

現状のリソースを可視化する

まずは自社が保有する人的リソース(社員のスキルセットや経験値)、物的リソース(設備や機材の仕様と数量)、資金リソース(予算規模と資金繰り)などを棚卸しし、NetSuite上で「見える化」します。

プロジェクト要件を踏まえ、必要リソースを見積もる

次に、受注したプロジェクトの規模や難易度、スケジュールなどを分析し、それを達成するために必要なリソース量を割り出します。タスクごとに作業工数を見積もり、適切な要員をアサインします。

プロジェクト進行に合わせ、リソース消費をモニタリング

プロジェクトが始まったら、予定通りにリソースが投入されているか、過不足が生じていないかを常にチェックします。NetSuiteの各種ダッシュボードやレポート機能を活用し、遅延や予算超過の兆候をいち早く察知します。

プロジェクト終了後に結果を分析し、教訓を得る

プロジェクトが完了したら、計画と実績の差異を分析し、うまくいった点・課題となった点を洗い出します。工数が少なくて済んだ作業、逆に想定以上に時間がかかった作業など、次に役立つ知見を得ることができます。

NetSuiteによるリソース管理がもたらす効果

NetSuiteでリソース管理を実践することで、次のような効果が期待できます。

  • リソースの最適配分により、プロジェクトのコストパフォーマンスが向上
  • リソース不足によるプロジェクト遅延やクオリティ低下のリスクを未然に回避
  • 部門や拠点をまたいだリソース配分最適化により、全社的な業務効率化を実現
  • 要員のスキルや適性、稼働状況の可視化により、戦略的な人材活用・育成を推進

現場に合わせて動的に、かつ採算性を考慮してリソースをコントロールするためのIT基盤としてNetSuiteは力を発揮することが期待されます。

リソース管理の課題をNetSuiteで解決する

とはいえ、リソース管理には難しさもつきものです。例えばこんな課題があります。

  • リソースの配分ルールや優先順位付けのノウハウが属人的で共有できない
  • リソースの使途や成果を定量的に説明し、経営層を納得させるのが難しい

こうした課題に対し、NetSuiteなら的確な解決策を提示できます。

  • プロジェクトの戦略的意義や投資効果を財務的に可視化し、説得力あるレポートを作成
  • リソース配分基準のテンプレート化により、現場に属人化したノウハウを標準化

属人的で感覚的になりがちなリソースマネジメントを、データと論理に基づいて科学的に行えることこそがNetSuiteのようなプロジェクト管理基盤を導入する最大の狙いなのです。

まとめ:NetSuiteを活用し、リソース管理を最適化しよう

本記事では、NetSuiteを使った効果的なリソース管理について解説しました。複数のプロジェクトが同時進行するビジネス環境では、リソースをいかに適材適所で配分するかが勝負を分けます。NetSuiteのようなシステム基盤を味方につけ、リソースの最適化と見える化を進めることで、プロジェクトマネジメント力に差をつけていきましょう。

ベンチャーネットのNetSuite導入・運用支援はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

持田 卓臣のアバター 持田 卓臣 株式会社ベンチャーネット代表取締役

株式会社ベンチャーネット 代表取締役
2005年に株式会社ベンチャーネットを設立後、SEOをはじめとするデジタルマーケティング領域のコンサルティングサービスを展開
広告・SNS・ウェブ・MA・SFAと一気通貫で支援を行っています
著書に『普通のサラリーマンでもすごいチームと始められる レバレッジ起業 「バーチャル社員」があなたを救う』(KADOKAWA、2020年)

目次