NetSuiteで実現する残業削減。効果的な取り組み方法とは

目次

日本企業における残業削減の重要性

日本の中小中堅企業にとって、残業削減は喫緊の課題となっています。長時間労働は従業員の健康を損なうだけでなく、生産性の低下や人件費の増大を招きます。また、働き方改革関連法の施行により、残業時間の上限規制や、割増賃金率の引き上げなど、法的な面からも残業削減への取り組みが求められています。

こうした中、クラウド型ERPのNetSuiteを活用して残業削減を実現し、業務効率化と生産性向上を図ろうとする企業が増えています。本記事では、NetSuiteを軸とした残業削減の効果的な取り組み方法について詳しく解説します。

NetSuiteがもたらす残業削減効果

NetSuiteは、企業の様々な業務を一つのプラットフォームで管理できるクラウド型ERPです。販売管理、在庫管理、会計、人事など、部門ごとに分散していたデータを一元管理し、業務プロセスの可視化と自動化を実現します。この特長により、NetSuiteは残業削減に以下のような効果をもたらします。

業務の効率化と生産性向上

NetSuiteを導入することで、データの重複入力や手作業での照合作業などが不要になり、業務を大幅に効率化できます。また、ワークフローの自動化により、承認プロセスにかかる時間も短縮。従業員は付加価値の高い業務に集中できるようになり、生産性の向上が期待できます。

残業時間の可視化と最適化

NetSuiteの勤怠管理機能を活用すれば、従業員の残業時間を部門別、個人別に可視化できます。残業が多い部門や業務を特定し、原因を分析することで、最適な対策を講じられます。また、アラート機能により、残業時間が一定以上になると通知することもでき、適切なタイミングで業務を調整することも可能です。

部門間連携の強化とムダの排除

NetSuiteにより、販売、在庫、会計などの情報が同じプラットフォームで管理されるため、部門間の連携が強化されます。受注から出荷、請求まで一気通貫で処理できるようになり、業務のムダを削減。結果として、従業員の残業削減にもつながります。

残業削減のための効果的な取り組み方法

NetSuiteを活用して残業削減を進める際は、以下のような取り組み方法が効果的です。

現状分析と課題の明確化

まずは、現在の残業実態を部門別、個人別に可視化し、残業が多い業務や時間帯を特定します。NetSuiteのデータを活用しながら、残業の原因を分析します。業務プロセスの問題点や、工数配分の偏りなどを明らかにしていきます。

業務プロセスの見直しと自動化

分析結果を基に、業務プロセスを見直します。不要な作業の排除、類似作業の統合など、業務そのものを効率化していきます。さらに、NetSuiteのワークフロー機能を活用し、可能な範囲で業務の自動化を図ります。これにより、残業の削減と生産性の向上を同時に実現できます。

従業員の意識改革と働き方の見直し

残業削減には、従業員の意識改革も欠かせません。NetSuiteのデータを活用しながら、部門ごとに残業の現状と課題を共有します。残業削減の必要性と目標を明確に伝え、一人ひとりの働き方を見直していきます。柔軟な勤務形態の導入や、会議の効率化なども検討しましょう。

PDCAサイクルによる継続的改善

残業削減は一朝一夕で実現できるものではありません。NetSuiteを活用しながら、施策の効果を定期的にモニタリングし、PDCAサイクルを回していくことが重要です。従業員の声に耳を傾け、改善策を柔軟に見直していく姿勢が求められます。

まとめ:NetSuiteを活用した残業削減に取り組む

本記事では、NetSuiteを軸とした残業削減の取り組みについて解説しました。NetSuiteは、業務の可視化と自動化により、残業時間の削減と生産性の向上を同時に実現する強力なツールです。

残業削減は、従業員の健康維持や、ワークライフバランスの実現につながるだけでなく、企業の長期的な成長にも寄与します。NetSuiteを活用しながら、全社一丸となって残業削減に取り組んでいくことが求められます。

ベンチャーネットのNetSuite導入・運用支援はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

持田 卓臣のアバター 持田 卓臣 株式会社ベンチャーネット代表取締役

株式会社ベンチャーネット 代表取締役
2005年に株式会社ベンチャーネットを設立後、SEOをはじめとするデジタルマーケティング領域のコンサルティングサービスを展開
広告・SNS・ウェブ・MA・SFAと一気通貫で支援を行っています
著書に『普通のサラリーマンでもすごいチームと始められる レバレッジ起業 「バーチャル社員」があなたを救う』(KADOKAWA、2020年)

目次