NetSuiteで実現するベンダーロックインからの脱却とDXの推進

目次

ベンダーロックインとは?ERPを選ぶ上で避けたいリスク

近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれる中、多くの企業がERP(統合基幹業務システム)のクラウド化に注目しています。クラウドERPは、業務プロセスの効率化と可視化を実現し、経営の意思決定スピードを高めるソリューションとして期待されています。

しかし、クラウドERPの導入には、「ベンダーロックイン」のリスクが潜んでいることを理解しておく必要があります。ベンダーロックインとは、特定のベンダーや製品に過度に依存することで、システムの柔軟性を失い、高額な保守費用を強いられる状態を指します。

Oracle NetSuite: ベンダーロックインを回避し、DXを推進するクラウドERP

ベンダーロックインのリスクをなるべく低減させつつ、DXを推進するためのクラウドERPの1つとして挙げられるのが、Oracle NetSuiteです。NetSuiteは、世界シェアNo.1のクラウドERPシステムとして、柔軟なカスタマイズと拡張性を両立するシステムを提供しています。

以下、NetSuiteがベンダーロックインのリスクを低減させDXを推進するための3つの特徴について詳しく解説します。

マルチテナント方式によるバージョンアップの容易性

NetSuiteは、マルチテナント方式のアーキテクチャを採用しています。これにより、ユーザー企業は常に最新の機能とセキュリティパッチを自動的に享受できます。バージョン間の移行作業が不要になるため、ITリソースとコストの最適化が可能です。

柔軟なカスタマイズと拡張性

NetSuiteは、コーディング不要のカスタマイズ機能と、SuiteCloudと呼ばれる開発プラットフォームを提供しています。これにより、ユーザー企業は、自社の業務フローに適したシステムを構築できます。また、豊富なAPIを介して外部システムとのデータ連携も容易に実現できます。

グローバル展開を見据えたマルチ通貨・言語対応

NetSuiteは、190以上の通貨と20以上の言語に対応し、世界50カ国の税制にも対応可能です。グローバルビジネスを展開する企業にとって、NetSuiteは将来を見据えたシステム選定の有力な選択肢となります。

まとめ:ベンダーロックインを回避し、DXを加速するNetSuite

ERPを選定する際は、自社のビジネスモデルや課題を正しく理解した上で、客観的にベンダーやシステムを比較検討することが重要です。NetSuiteのような先進的なクラウドERPを活用することで、ベンダーロックインのリスクを低減させつつ、変化に強い経営基盤とビジネスモデルを実現していくことができるでしょう。

ベンチャーネットのNetSuite導入・運用支援はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次