営業パーソンの育成は不可欠!育成のポイントとツールによる効率化方法

営業パーソンの育成は、企業の収益性を高めるために欠かせません。優秀な人材の流出に備え、高いスキルを持つ営業パーソンをできるだけ多く確保することが重要です。そこで課題となるのが新人教育です。新人教育に大きな時間的コストがかかると、十分な教育を施せなくなったり、教育係の本来の業務が圧迫されたりします。

そこで活用したいのがツールによる教育の効率化です。今回は、営業パーソンの育成で挙がることが多い課題とツールによる効率化の方法をご紹介します。

目次

営業パーソンの育成で挙がることが多い課題

営業パーソンの育成において、次のような課題が挙がっている企業は多いのではないでしょうか。

知識よりも経験を優先している

営業パーソンを適切に育成するには、業務に関する知識を与えた上で経験させる必要があります。経験を優先して知識を後から身につけさせる場合、新入社員に大きな負担がかかります。また、サポートにかかる時間が増大することで、教育係や他の社員の負担も大きくなるでしょう。

経験しながらスキルを高めたり知識を増やしたりすることも可能ですが、リスクが高い方法と言えます。

教育マニュアルがない

教育マニュアルがない場合、人によって教え方が異なることで新入社員は混乱してしまいます。間違った知識に基づいて業務を遂行したことでトラブルが起こると、誰が教えたのか犯人捜しが始まります。社員同士の人間関係の問題に発展しかねないため、教育マニュアルは必須と言えるのです。

教育マニュアルがあれば、誰でも同じ教え方ができるようになるため、新入社員に不安を与えずに済みます。また、教育係の経験がない社員も新人教育に挑戦しやすくなるでしょう。

教育係がいない

教育係がいない場合、新入社員は不明点を誰に尋ねればいいのかわかりません。また、手探りで業務を進めることになるため、当然ながらミスが多発します。いずれ、大きなミスが起きて企業の信用に関わる事態を招く恐れもあります。教育係がいない理由には、人員不足、教育係の適正を持つ人物がいないことなどが挙げられます。

教育係の育成スキルが低い

教育係の育成スキルが著しく低い場合、間違った知識を教えてしまいます。また、業務に対する考え方も会社の理念から外れたものになるでしょう。教育係の育成スキルが低い場合は、他の社員とも協力しながら新人教育を進める必要があります。

営業パーソンの育成の課題を解決できない問題点

営業パーソンの育成の課題を解決できない場合、次のような問題が起こります。

退職するリスクが高まる

新入社員は、先輩社員から十分な社員教育を受けられると考えています。そのため、社員教育が不十分であったり、教育の内容に問題があったりすると、モチベーションが下がるでしょう。また、思うように実力を発揮できないことに苛立ちを覚え、会社に対する不満が高まる恐れがあります。

その結果、早々に退職する恐れがあるのです。

短期間で退職することは新入社員としても不利なため、ある程度の期間は退職しないと考えられます。しかし、不満を抱えながら働いても会社に大きな利益をもたらすことはできません。

成長に時間がかかりすぎる

教育マニュアルがない、教育係の教育スキルが低いなどの要因で、新入社員の成長に時間がかかりすぎる恐れがあります。時間がかかりすぎると、社員1人あたりの収益性が低下し、会社全体の収益が低下する恐れがあるのです。

例えば、月給20万円の新入社員が毎月10万円しか利益を挙げられない場合、毎月10万円の赤字です。このような新入社員が増えれば、会社としても無視できないほどの損失となります。

教育係のコア業務を圧迫する

教育係のコア業務が圧迫されると、会社の収益性が低下する恐れがあります。教育係はスキルが高い人物に任せるケースが多く、教育に時間がかかることでコア業務が圧迫されてしまい、企業の収益に多大な影響を及ぼすのです。

また、教育マニュアルが整備されていない場合、教育係に大きな負担がかかり、モチベーションが低下する可能性もあります。そのような人材が退職してしまえば、教育体制が崩壊するばかりか、主力商品が売れなくなったり顧客満足度が低下したりします。

まとめ

営業パーソンの育成に時間がかかりすぎると、企業の収益性が下がる恐れがあります。育成を工夫するだけで教育係の時間的コストを抑えることができます。また、本来の業務に注力できるようになり、収益性アップにも繋がるでしょう。今回、紹介したツールとその使い方を参考に、ぜひ挑戦してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる