SFAの導入を検討しているものの、今ひとつ活用のイメージができない方という方は多いのではないでしょうか。SFAの使い方のポイントや導入の準備を押さえることで、SFAが必要かどうか正しく判断できるようになります。ここでは、SFAの使い方のポイントや必要な導入準備などについて詳しくご紹介します。

SFAとは

SFAとは、「Sales Force Automation」の略称で、営業支援システムを指します。顧客情報や商談の進捗などを管理できるため、営業業務の効率化が可能です。顧客情報を随時更新することで、そのときのニーズに合った商品やサービスを提案できます。

有名なSFAには、Salesforceがあります。世界中で使用されており、実績や事例が豊富にあるため、システムが非常に安定しています。

SFAを活用できる準備を整える

SFAを導入する前には、活用するための準備を整えることが大切です。次のような準備をしましょう。

導入への不安を解消する

新しいシステムを導入するとき、現場の営業マンはさまざまな不安を感じます。問題なく操作できるのか、現場に浸透するのか、かえって営業効率が低下しないか、などの不安を解消することが大切です。操作性に優れており、営業効率が向上する機能が搭載されているSFAを選びましょう。

実施後は、使い方の研修を実施して、現場に浸透させることが重要です。また、SFAを導入する場合は、現場の営業マン全員が使えるようになる必要があります。不明点を気軽に質問できる環境を整えましょう。

すべての機能を一度に使いこなすことを求めるのではなく、まずは顧客管理のみSFAを利用するなど、現場への浸透状況やモチベーションを踏まえて運用することが大切です。

メリットを従業員に伝える

SFAを導入するメリットが伝わっていないと、SFAを使うことに対するモチベーションが上がりません。具体的に、どのように営業効率が上がるのか、個人の成績にどのような影響を与えるのかなど、可能な限り分解して伝えましょう。

「業務効率化を目的にSFAを導入します」の一言では、従業員のモチベーションは上がりません。SFAを活用すれば、1日の営業件数が増えるだけではなく、的確な営業活動が可能になるため、収益が上がることが期待できます。

会社の収益が上がれば、従業員の待遇も良くなるでしょう。自分にメリットがあることが理解できれば、後はSFAが浸透するように研修などを行うだけです。

パートナー会社を見つける

SFAを導入するときは、パートナー会社のサポートを受けましょう。導入支援をしてくれるため、速やかにSFAが会社に浸透します。SFAの設定から従業員に対する研修、トラブルが起きたときのサポートまで、どのようなことでも相談できます。

SFAの導入に迷っている方は、パートナー会社に詳しい話を聞いてみてはいかがでしょうか。株式会社ベンチャーネットなら、適切にSFAツールの導入を支援できます。また、お客様の利益を最大化すべく、実際の運用まで見据えた的確なサポートが可能です。

SFAの使い方のポイント


それでは、SFAの使い方のポイントを詳しくみていきましょう。

出先から報告書を作成する

SFAがあれば、営業活動の後に自社へ戻って報告書を作成するといった雑務の手間を削減できます。出先から簡単に報告書を作成して、上司に送ることが可能です。また、引継ぎ事項も共有できるため、他の営業マンとの連携レベルが上がります。

商談前に顧客情報を確認する

SFAは、スマホやタブレット、ノートPCなど、さまざまなデバイスからアクセスできます。データはクラウド上に保管されているため、商談前に出先から顧客情報にアクセスすることも可能です。営業活動は、顧客によって内容を変える必要があります。

顧客情報の確認ミスは、不適格な営業活動による顧客満足度の低下につながるでしょう。商談前にSFAで顧客情報を確認しておくことで、ミスによるトラブルを未然に防げます。

多角的な分析に活用する

SFAには、顧客データが蓄積されていきます。さまざまなデータを簡単にグラフへと可視化できるため、複数のデータの相関を調べることが可能です。多角的な分析によって、顧客のニーズをより的確に捉えられるようになるでしょう。

速やかに見積書を作成する

見積もりを依頼されたとき、できるだけ早く見積書を作成することが大切です。速やかな対応は信頼関係の構築に繋がります。信頼関係を築くことで、商品やサービスの継続的な購入へと繋がるでしょう。

SFAを活用すれば、自社に戻ることなく見積書を作成できます。見積書の作成が遅れると、成約の可能性が下がる恐れもあるため、SFAを活用したいところでしょう。

まとめ

SFAは、基本的にシンプルな操作性のため、事前準備や研修などを行えば問題なく現場に浸透するでしょう。パートナー会社に導入支援を依頼すれば、さらに浸透しやすくなります。有名なSFAツールと言えば、Salesforceでしょう。豊富な実績に基づいた機能性、安定性が魅力なので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。