営業担当者の「忘れた」を防ぐ方法は?ツールを活用して機会損失を予防!

多くのタスクを抱える営業担当者は、重要事項を忘れるケースがあります。顧客や会社に多大な影響が及ぶケースも少なくありません。そのため、営業担当者の「忘れた」を防ぐために、会社としては対策を講じることが大切です。ここでは、営業担当者が重要事項を忘れるのを防ぐための方法をご紹介します。

目次

営業担当者が覚えておく必要があるものは?

営業担当者は、顧客情報はもちろんのこと、購入時期や次回のアプローチ日、商談日などを覚えておく必要があります。さらに、他の社員との連携に関すること、会議で発表する内容など、覚えておくべき内容が非常に多いのです。

そのため、それぞれの営業担当者がカレンダーやスケジュール帳などに覚えておくべきことを記入して、業務を確実に遂行できるようにします。しかし、タスクや情報を適切に管理できる体制が整っていなければ、「忘れた」が頻繁に発生するでしょう。

企業側としては、営業担当者が覚えておくべきことを忘れないように、ツールを導入するなどして対策することが大切です。

よくある営業担当者の「忘れた」は?

営業担当者によくある「忘れた」には、どのようなものがあるのかご紹介します。

アプローチを忘れた

顧客へ定期的にアプローチすることで、新たな商品・サービスの購入に成功する確率が高まります。多くの顧客を抱えている営業担当者は、顧客へのアプローチを忘れてしまう場合があります。

定期連絡を忘れた

顧客に定期的に連絡してサポートすることで、顧客満足度の向上に繋がります。多くの顧客を抱えている営業担当者は、顧客への定期連絡を忘れてしまう場合があります。

そもそもタスクを把握できていない

忘れるかどうか以前に、そもそも自分のタスクを把握できていないケースがあります。カレンダーやスケジュール帳にタスクを書き込まなかったり、後で書き込もうとしたまま忘れたりすることが原因です。

営業担当者の「忘れた」の問題点

営業担当者の「忘れた」によって、どのような問題が起きるのか詳しくご紹介します。

顧客の信頼を失う

顧客への連絡を忘れてしまうと、ないがしろにされたと感じることで信頼を失う恐れがあります。たった1回の連絡忘れで取引が終了するケースもあるほどに、連絡を忘れたときの影響は大きいのです。また、アプローチのタイミングを逃したからといって、適切ではないタイミングでアプローチすると、顧客に不信感を抱かれます。

顧客のニーズに合った商品・サービスを提案してこそ意味があります。タイミングがずれることでニーズに合わない商品・サービスを提案すると、信頼を失うでしょう。競合他社へ流れてしまい、企業は収益源を失うことになります。

機会損失に繋がる

新たな商品・サービスをベストなタイミングで提案すれば、成約に至る可能性が高まります。アプローチするのを忘れると、得られるはずだった利益を得られなくなります。このような機会損失が重なれば、企業全体の収益に多大な影響が及ぶでしょう。機会を生かしてこそ、大きな利益を継続的に得られ、企業が発展していくのです。

企業の信用低下に繋がる

営業担当者が顧客への連絡を忘れると、顧客満足度が低下します。そのようなトラブルを繰り返すと、やがて企業の信用低下に繋がります。そして、顧客が見込み顧客に対して「あの会社は信用できない」などと言うことで、今後得られるはずだった利益を失うことになります。

企業の信用低下は、取引先との関係にも支障をきたします。評判が悪い企業と取引すると、他の企業から取引を断られる可能性があるため、取引先の評判を厳しくチェックする企業は少なくありません。

社員同士の関係が悪くなる

1人の営業担当者の「忘れた」によって、他の社員に迷惑がかかることで、社員同士の関係が悪くなる恐れがあります。社員同士の関係が悪くなると、モチベーションや生産性が低下して、企業全体の収益が低下するでしょう。また、社員同士の仲が悪いことが顧客に伝わると、深いな思いをさせる恐れもあります。

まとめ

営業担当者の「忘れた」は、周りの社員の業務にも影響が及ぶケースがあります。社員同士の摩擦によって企業の収益性が低下したり、顧客の信頼を失ったりします。このような事態を防ぐためにも、営業担当者が重要なことを忘れないようにツールを導入することが大切です。今回、ご紹介したツールを有効活用して、業務が円滑に進むように体制を整えましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる