WebサイトのURLを考える際には、ユーザーの利便性を兼ね揃えた構造にすることにより、レスポンス向上となりSEO効果が期待できるようになります。ページの内容に合わせたしっかりとした内容も、もちろんURL作りには大事なポイントです。もう1つ重要となるのが、短い簡潔なURLにすることです。わかりやすい文字列にすることにより、ユーザーフレンドリーなURM構造となるからです。

SEOに効果的となるURLにするための簡潔なURLについて、詳しく解説していきます。

簡潔なURL名にする理由

URLには様々なものがありますが、極端に長いURLというのはユーザーにとって利便性が低いURLとなってしまいます。冗長なURLというのは余計な内容が含まれてしまい、ユーザーは不信感を持ってしまい参照しようとは思わないURLとなります。余計なワードが入っているので理解できない内容と認識されてしまい、閲覧したいページとは思わなくなってしまいます。

また、大規模サイトでの長いURLは、読み込みにも時間がかかってしまいます。表示までに時間がかかってしまい、ユーザーの興味が薄くなってしまいます。そのため、ユーザーの利便性低下も発生してしまうことがあります。

さらに、Twitterなどの文字制限があるSNSに投稿する際に見た目の印象が良いURLとすることもできます。SNSに掲載することでサイテーションの効果にも影響を与えるので、利便性向上となります。

その他、短いURLなので覚えやすい事や伝えやすいことも、大きなメリットとなります。URLは、必要な要素を含むと長くなってしまいがちです。しかし、あえて簡潔URLにするよう努力をして快適なサイトへとみちびきましょう。

簡潔URL名にするためのポイント

簡潔なURLとなると、全ての重要な要素を文字の中に取り入れることが難しいと思うかもしれません。しかし、SEOに効果を発揮するURLの要素さえ取り入れることができれば、簡潔なURLでも完璧なURLとすることができます。SEOの高いURLを簡潔に作成するためのポイントを、以下にご紹介いたします。

URLの先頭の方にキーワードを入れる

URLにはキーワードを入れることが大事であり、先頭付近に必ず入れることが鉄則です。この際、キーワードも短く入れることが大事となります。ユーザーが検索している関連キーワードを調べて、より短く効果的なキーワードを取り入れましょう。

ページの内容を想像しやすいURLにする

URLの中には、ページの内容を想像できるURLの内容を盛り込まないといけません。単純な英数字の羅列とはせず、想像できるワードを設定しましょう。関連しているキーワード以外の重要なワードを盛り込んで、このページはどんなページなのかを把握できる内容とします。一目でどんなページなのかわかるURLは、ユーザーに閲覧してみたいという興味を湧かせることができます。

意味を発揮しない数列は取り除く

URLが作成されると、語尾に数字の羅列ができていることがあります。数字の羅列は作成の際に自動で付けられてしまうものですが、数字の羅列ではページの内容の詳細を表すことができません。適当に付けたURLと思うユーザーもいますので、取り除くようにしましょう。数字の羅列は削除して、キーワードと関連ワードを取り入れたシンプルでわかりやすいURLとしましょう。

短縮URL名は効果的なのか

簡潔なURLにしたくても、URLにはコンテンツの内容に合わせた内容にしなければ意味がありません。URL上位表示のためには、関連キーワードを含めることが必要となるからです。便利に短いURLを作ることができる、短縮サイトのサービスというものがあります。関連キーワードを含めたURLが長くなってしまう場合、短いURLに自動変換してくれるサービスを利用であり、ネット上には様々なサービスが掲載されています。一見便利に思えるこのサービスですが、本当に便利なサービスなのでしょうか。

デメリットといえば、ドメインが異なることです。

短縮URL独自のドメインが付くので、一般的なドメインを付けて運営したい方にはおすすめできません。単純にURLを短くしたい場合は利用しても良い便利なサービスですが、独自のドメインが付いてしまうことを覚えておきましょう。

1度付けたURLを短いURLに変えることもでき

あまりにも長いURLで運営している場合、SEO対策のためにURLを簡潔にしてみたいと思うかもしれません。1度決めたURLは、後に簡単に変えることができます。URLを変更するとなると、大変な作業になると思うかもしれません。しかし、簡単にできますので面倒なことはほとんどないといえます。

1度決めたURLを変更することでのデメリットは、クロールができなくなることです。URLを変更しても、Googleに自動的に通知がいくことはありません。そのため、URLを変更した際には、Googleに認識してもらうためにサーチコンソールにて新しいドメインを登録します。サーチコンソールの登録も簡単な作業ですので、慣れていない方でもマニュアル通りに行うことにより手続きができます。