【実録】マイクロソフトの無料ヒートマップツール「Clarity」でユーザー行動を分析してみた

様々なヒートマップツールが流通していますが、無料でここまで高機能なヒートマップツールはMicrosoftの「Clarity」だけです。株式会社ベンチャーネットが運営する「SEOの教科書」のページをClarityで解析しました。ヒートマップは、どのように分析すればよいかも解説していますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

目次

Microsoft Clarityとは

Microsoft Clarityとは、Microsoft社が提供しているヒートマップツール。無料で高機能なことから、登場から間もなく注目されるようになりました。ヒートマップ機能では、ユーザーが熟読している箇所やサイト内でのマウスカーソルの軌跡などが可視化され、ユーザーの満足度を高めるキーポイントを発見できます。

また、実際にページを見たユーザーの動きを記録する「セッション記録」も搭載。読みづらい箇所や、前の文章に戻らないといけない問題のある構成などを発見できます。

さらに、セッション数やスクロール率、どのデバイスで閲覧したかなどが一覧表示される「データインサイト」を利用できます。

Clarityからわかるユーザー行動

ヒートマップツールを導入しても、どのように分析すればよいかわからない方は多いでしょう。Clarityで取得したデータを参考に、ユーザー行動を実際に分析してみました。

グラフは大きい数字に注目が集まる

こちらは、Googleの検索順位とページ平均年齢を表したグラフです。このように、グラフの中で最もバーが長いところにクリックが集まっています。一方、短いバーの周辺はほとんどクリックされていません。これは、最大値には興味はあるものの最小値には興味がないことを示します。

また、中間部の青枠で囲まれた文章にもクリックが集まっていることから、グラフへの注釈はしっかり読まれやすいと言えるでしょう。グラフを作成する際は、補足情報を枠をつけて記載すると、エンゲージメントが高まる可能性があります。

熟読率がわかる

Clarityは、スクロールを検出することで、どこが熟読されているのかを分析できます。こちらのページは、中間部付近まではある程度の人に読まれていますが、後半はほとんど読まれていません。この場合に考えられるのは次の2つです。

・目的の情報を取得できたのでページから離脱した
・読み進めるにつれてページから離脱したい気持ちが増す

対策としては、最後まで読ませる文章力を身につける、全体の流れを見直す、などが挙げられます。次々と読み進めたくなる構成であれば、熟読率が上がるでしょう。ページの最下部にコンバージョンリンクを貼っている場合、最後まで読まれない時点でコンバージョンはできなくなります。それでは記事が価値を生み出すことができないので、最後まで記事を読むべき理由をユーザーに示す必要があります。

コンバージョンページで注目されている箇所がわかる

こちらは、株式会社ベンチャーネットが提供する「Oracle Eloqua導入・運用サポートサービス」のページです。サービスラインナップの箇条書き部分がクリックされていることがわかります。この後、最下部までクリックされたデータはありませんでした。

最下部のお問い合わせもクリックされています。これらのデータからわかるのは、どのようなサービスを提供しているのかは気になるが、実績などはそれほど興味がないということです。また、お問い合わせをクリックしている時点で、問い合わせを検討していることになります。

ユーザーによって、実績を重視するかどうかが異なります。そのため、このデータだけで実績が重要視されていないと断言はできません。

ヒートマップはテクニカルな内部施策に必須

ヒートマップツールは、コンテンツを作り込んでユーザーのエンゲージメントを高めるために必須です。しかし、適切に分析できなければ誤った施策を実施する恐れがあります。また、高機能なヒートマップツールは有料のため、導入するのであれば有効活用したいところでしょう。

まずは、高機能な無料ヒートマップツールのClarityを利用してみてはいかがでしょうか。また、株式会社ベンチャーネットでは、「コンテンツは充実しているはずなのに上位を取れない」、「アクセスはあるのにコンバージョンしない」といったお悩みを解決するために、トータルサポートを提供しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.venture-net.co.jp/solution/seo/

お問い合わせはお気軽にどうぞ

株式会社ベンチャーネットでは、BtoB・BtoCともに豊富なSEO関連のご支援実績がございます。
現在のウェブサイトの問題点の洗い出しから、コンテンツの作成やウェブサイトの修正、リニューアルなど専門のコンサルタントを中心にライター、エンジニアなど各分野のプロがチームでご支援します。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる