笹谷
RPA技術者検定エキスパートの笹谷です。

「紙ベースの書類読み取り」→「自動入力」の流れは、様々な業種を問わず存在する、代表的な定型業務の一つです。

RPAの推進の際に、こういった業務から自動化することは王道中の王道であり、AI-OCRとの組み合わせで読み取り~入力を自動化することができます。

とはいえ、AI-OCRにおける読み取りの設定や、WinActorを初めとするRPAのシナリオ作成・運用において、それなりの費用や時間がかかってしまうのも事実です。RPAで今後様々な業務を自動化する計画があるのでしたら問題ないのですが、「請求業務をデジタル化したい!」というピンポイントのニーズに対しては、AI-OCRやRPAはオーバースペックでした。

これらの経緯から、AI-OCR&RPAに代わる選択肢を探していたなかで、ついにその選択肢が見つかりました。
それが、請求書に特化したAIである「sweeep」です。
今回は、「sweeep」というサービスの特徴や費用について解説します。

sweeepの特徴とは

洗練されたUIで誰でも簡単に操作可能

sweeepの特徴は何といっても洗練されたUIでしょう。右上のプラスボタンから請求書を登録するだけで自動で読み取りが始まります。

圧倒的な読み取り速度と読み取り精度

sweeepの読み取り速度は非常に速いです。読み取り時間はわずか数秒程度です。

加えて、数字の読み取りは手書き含めてほぼ完ぺきに読み取ることができます。日々の業務で必要になるのは、わずかなチェックと、最初の仕訳入力のみになりますので、圧倒的に業務を効率化することができます。

設定・学習データ不要で即日利用可能

多くのAI-OCRの利用で必要なのは読み取り箇所の設定と学習データの蓄積です。特に読み取り箇所はそれぞれのフォーマットごとで設定する必要があるため、請求書のフォーマットが多ければ多いほど初期設定が大変になります。また、初期設定がいらない機能を用いても、読み取り箇所と読み取り内容にはややばらつきがあります。

請求書に特化したsweeepは、フォーマットの初期登録が不要ですので、導入してから即日で利用可能です。

多くのAI-OCRでは読み取りデータを蓄積することで読み取り精度の向上を図ります。逆に言うと、学習データがたまっていない初期の段階では読み取り精度に難があることも少なくありません。その点、sweeepは学習データ不要で利用できますのでスムーズな導入・運用が可能です。

sweeepに向いている企業・向いていない企業

向いている企業

  • 請求書関連業務に対するソリューションが必要な方
  • 学習・導入コストを下げて、なるべく最短・低コストで導入したい方

向いていない企業

  • 請求書の個別項目の読み取りが必要な方
  • 請求書関連以外の業務自動化の計画がある方

sweeepはフォーマット設定不要で自動で読み取りをすることができますが、摘要などの細かい読み取りには対応しておりません。また、請求書に特化したAIですので、請求書以外の書類の読み取りにも対応しておりません。

ですので、ビジネスモデル的に細かい摘要の内容が必要な方や、今後AIOCRの導入などで様々な書類の電子化や定型業務の自動化を図りたいと考えている方はRPA×AIOCRの組み合わせが適していると考えられます。

sweeepの料金


sweeepの料金体系は読み取り枚数によって決まります。

エントリー ライト エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料
月額費用 3万円 5万円 10万円
読み取り枚数 100枚 300枚 500枚
ユーザ数 3ユーザ 5ユーザ 10ユーザ
利用可能な機能 回収・仕分・支払から2機能 フル機能 フル機能

公式サイトより)
(1000枚以上読み取りの場合は個別見積もりになります)

いずれも14日間の無料トライアルがございます。ですので、無料トライアルで使用感や読み取り精度をチェックし、その後自社の運用規模に応じてプランを選択するとよいでしょう。

sweeepとAI-OCR×RPAとの比較結果


弊社でテストした結果を紹介します。

sweeep RPA×AIOCR
導入・運用費用 5万円/月 RPA約2万円/月+AIOCR3万円/月+シナリオ外注約5万円
(RPAは実行版を想定)
運用までの時間
(契約後から運用まで)
即日 シナリオ開発1週間、テスト1週間、フォーム設定1週間
読み取り精度 95% 92%
(フォーム設定ありの場合)
70%
(フォーム設定なしの場合)
読み取りフォーム設定 不要 必要(設定なしでも利用可能だが上記精度かつ追加費用が必要)

実際の請求書を用いてテストしたところ、上記のような結果となりました。(手書き請求書含む)
気になる読み取り精度も、sweeepのほうに軍配が上がりました。特にフォーム設定なしの比較ですと、AIOCRでは手動での補足が不可欠な一方、sweeepの場合はほとんど不要でした。

AIOCRの場合、読み取りを繰り返すことで精度が向上していきます。そのため、最初の段階は精度がそこまで高くないという欠点があります。
一方、sweeepならすでに学習データが蓄積された状態で利用することができます。

sweeepを用いた運用であれば、基本的に最初は目視チェックのみ、その後完全に自動化して運用出来ると考えてよいでしょう。
やはり、請求書関連業務であればsweeepでの運用がおすすめできる結果となりました。

弊社経由でsweeepのお問い合わせも承っております。(追加コストなど一切かかりません)
弊社経由でのお問い合わせの場合、RPA/MA/SFA・CRM/LINEといった様々なITツールの独自情報を獲得することができます。また、お客様のニーズに合わせたご提案をすることも可能です。
下記お問い合わせフォームからお問い合わせください。