DX Suiteは、文書を自動で読み取りデータ化するAIを取り入れたソフトウェアです。手書き文書のデータ化は、顧客情報や取引先情報、商品情報などの管理に欠かせません。紙でデータを保存すると、情報漏えいや紛失などのリスクが高まります。ここで問題になるのが、文書を取り込むのに時間がかかることで、業務が圧迫されることでしょう。

今回は、DX Suiteの機能から特徴、導入のメリットまで詳しくご紹介します。

DX Suiteの導入で解決できること

DX Suiteを導入することで、スピーディかつ効率的に文書をデータ化できるようになります。文書のデータ化は、直接的な利益には繋がりません。そのため、できるだけスピーディかつ効率的に行うことが大切です。

DX Suiteは、AI-OCRソフトです。OCRとは、手書きの文書や印刷された文字を読み取ってデータ化するソフトのことで、文字をパソコンに手入力する手間を大幅に削減できます。それでは、AI-OCRとOCRには、どのような違いがあるのでしょうか。

AI-OCRは、自己学習の機能を持つAIを取り入れることで、よりスピーディかつ効率的に文書をデータ化できることが特徴です。

DX Suiteの機能

それでは、DX Suiteの機能を詳しくみていきましょう。

Intelligent OCR

Intelligent OCRは、手書き文字を非常に高い精度でデータ化できます。搭載しているAIは事前学習が不要です。すでにハイレベルで学習をしているAI-OCRエンジンを使用します。

ただでさえ高精度であるのに、AIの学習機能によって、使えば使うほどに精度が高まります。手書きや活字、FAX、スマホカメラで撮影した帳票など、あらゆる文字の読み取りが可能です。

高精度の理由は、読み取りづらいFAXデータなどをクリーンアップして、自動で画像補正をするためです。自分で画像補正をする手間や技術が不要なため、誰でもすぐに使い始められます。また、最適化されたGPUと分散処理によって、読み取りスピードを極限まで高めていることも特徴です。

アップロードしたCSVをインターフェイスからダウンロードできたり、AIによって複数回チェックのサポートができたり、さまざまな機能が搭載されています。また、変換できるデータ形式は30以上で、業務システムに合わせた設定が可能です。

そして、機密書類をデータ化するにあたり、忘れてはいけないのがセキュリティ対策でしょう。TSL1.2による暗号化によって、高いセキュリティレベルを実現しているため、金融系企業の導入実績もあります。もちろん、部署や人の単位での権限付与も可能です。

Elastic Sorter

まとめてアップロードした書類データを自動で仕分ける機能です。AIによって的確な形で仕分けられるため、必要なデータを探すときの時間を大幅に削減できます。

仕分けルールの設定などは、必要ありません。仕分け対象を選択するだけで、すぐに仕分けてくれます。非常に多くの種類を人力で仕分けると、何十日と時間を浪費する恐れもあるでしょう。Elastic Sorterであれば、瞬時に自動で仕分けられます。

また、仕分けた書類データを種類別にダウンロードすることも可能です。ダウンロードしてから種類に分けると、結果的に業務効率が低下します。

Multi Form

AIが自動で読み取るべき項目を抽出して、読み取りを開始します。フォーマットの違いによって、うまく読み取れない悩みを解消できます。請求書や領収書、レシート、住民票など、あらゆるフォーマットに対応可能です。

もちろん、細かな設定は一切不要で、すぐに使い始められます。

DX Suiteの特徴

これまでのまとめとして、DX Suiteの特徴を確認していきましょう。

事前学習やチューニングは不要

DX Suiteの大きな特徴はAI-OCRであることです。AIと言えば、事前学習やチューニングをしなければ実用性を発揮できないものですが、DX Suiteでは学習済みのAIを使用するため、事前学習やチューニングが必要ありません。

学習が必要になると、実際に使えるようになるまでにタイムラグが発生するため、かえって業務負担が増えてしまいます。その点、DX Suiteはすぐに使い始められるようにハイレベルな学習を済ませているため、速やかに導入できます。

各種設定が簡単

AI-OCRの機能を利用する際にも、難しい設定は不要です。設定は非常に簡単で、難しいことは全てAIが行ってくれます。設定方法が難しいと、なかなか現場に浸透しません。その点、DX Suiteは誰でも簡単に設定できるうえに、一度設定すれば後は問題なく使い続けられます。

自動で読み取り対象を抽出

従来のOCRでは、読み取り位置を設定する必要がありました。DX Suiteは、自動で読み取り対象を抽出できるため、作業負担を大きく軽減できます。また、自動化することで人為的なミスも防げるでしょう。

DX Suiteを導入するメリット

それでは、DX Suiteを導入するメリットについて、詳しくご紹介します。

業務効率化

DX Suiteに必要なものは、読み取りデータのみです。ソフトの使用に必要なものが読み取りデータだけであれば、誰でも簡単にすぐに使用できます。そして、読み取ったデータは自由にダウンロードできるため、業務効率化に繋がるでしょう。

作業時間の短縮

DX Suiteは、大量のデータを簡単にアップロードできます。書類1枚ごとに設定を変える必要はありません。使う人の負担を最大限減らすことを重視しています。作業時間を短縮できれば、利益に繋がる業務にかける時間を増やせるでしょう。

ミスが減る

AIによる高精度なアップロードが可能なため、人為的なミスによるトラブルを未然に防げます。複数人で対応する場合、どうしても品質に差が生じます。DX Suiteであれば、誰が使用しても品質は同じです。

AI OCRとRPAの連携でさらに便利に

DX Suiteは、RPAとの連携に対応しています。RPAは「Robotic Process Automation」の略称で、バックオフィス業務などをロボットが代行する仕組みのことです。ロボットと言ってもAIとは異なり、学習機能はありません。

DX Suiteと連携することで、RPAでDX Suiteを操作できます。書類をデジタル化して業務システムへ投入することが可能です。他システムと連携ができないソフトを導入すると、かえって業務負担が増える可能性があります。

DX Suiteであれば、RPAとの連携により業務効率化を加速させることが可能です。

まとめ

DX Suiteは、AIを取り入れることで読み取り範囲を自動で選択したり、同じ品質で大量の文書をデータ化したりできます。導入によって、業務効率化と業務時間の短縮、人為的なミスの削減が期待できるでしょう。また、RPAと連携すれば、さらにメリットが大きくなるので、あわせて検討することをおすすめします。