【FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)】未公開株式を売買できる新たな市場をチェック!

2022/3/17 FUNDINNO MARKETの最新情報と、取引銘柄の約定履歴を追加しました

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)と呼ばれる、未公開株式を売買できる市場が2021年12月から公開されました。売買の仕組みや既存のFUNDINNOの株式投資型クラウドファンディングとの違い、入退会方法から売買の流れまで詳しく解説します。

目次

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)とは

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)とは、インターネット上で未上場株式を売買できるプラットフォームです。

従来では、未上場の株式を投資することは、当事者間で売買する必要があるため、投資家にとってなかなか手の出せない領域でした。また、未公開株式を利用した詐欺まがいのトラブルが頻発していることや、流動性が少ないため売りたくても売れないといったデメリットがあるため、ハードルの高いハイリスクハイリターンの投資方法でした。

しかし、FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)が開設されたことで、投資家にとって未上場の株式を容易に売買することが可能になりました。投資家は、審査を経て株主コミュニティに参加し、そこから売買の注文をすることができます。

2022年1月現在、FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)で売買可能な銘柄は、FUNDINNOでクラウドファンディングを実施した企業の中で、審査を通過したもののみが対象であるため、一定水準以上の企業が参加しております。そのため、通常の未公開株式の取引に比べて、投資家側の企業の精査のハードルは低いでしょう。

企業概要

社名:株式会社FUNDINNO
本社:東京都品川区東五反田5丁目25番18号
登録番号:第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2957号 
設立:2015年11月26日
資本金及び資本準備金の合計額:35億9247万9340円 ※2021年6月15日現在
代表者ː柴原 祐喜

出典元:FUNDINNO「企業情報

創設の背景

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)の創設の背景として、既存のクラウドファンディングでは株式の出口がIPO/EXITにとどまり、流動性が乏しいことが指摘されていました。そのため、売買のマッチングをオンラインで完結する市場を作ることで、上限額のない投資を可能にしつつ、ファン投資を広げることで、IPO/EXITを目指さない未上場企業の株式マーケットを作ることが意図として挙げられています。

既存のFUNDINNOのクラウドファンディングとの違い

以下の表に、FUNDINNOの既存のクラウドファンディングとの違いについてまとめました。

既存のクラウドファンディングとの違い

このように、クラウドファンディング型よりも投資家側の自由度が高い構造となっています。

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)のビジネスモデル分解

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)をめぐる日本クラウドキャピタルのビジネスモデルは以下の通りになっています。

FUNDINNO MARKETのビジネスモデルキャンバス

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)のビジネスモデルは、フリマアプリを提供する「メルカリ」と似た部分があります。一見、全く異なるビジネスのようにも見えますが、いずれも「自分が持っているものの売買のマッチング」がビジネスモデルの根幹です。そのため、FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)もメルカリも、「売買のマッチングを促すプラットフォーム」だと言えるでしょう。

現在FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)で売買できる銘柄は4銘柄で、今後さらに拡大していくことが見込まれますので、今のうちにチェックしてみてください。

動画での解説はこちら

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)の利用の流れ

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)を利用するには、投資家登録が必要です。登録から売買成立までの流れを詳しくご紹介します。

STEP
投資家登録&株主コミュニティ参加

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)へ参加するには、運営の株式会社FUNDINNOの投資家登録が必要です。審査に通過後、株主コミュニティに参加できます。

STEP
売買注文

株主コミュニティーを組成する銘柄の中から、参加したい銘柄を選択します。そして、参加申し込みページへと進みます。銘柄を選ぶ際は、会社概要や注文状況、事業報告、計算書類などの確認が可能です。また、「注文を問い合わせる」を選択すると、一定時間が経過後に注文株数や注文価格、有効期限などの情報がメールで届きます。

会社のさらに詳しい情報を入手したい場合は、自分で調査しましょう。

STEP
マッチングの開始

マッチング期間に入ると注文状況に沿ってマッチングが開始され、売買が成立します。

STEP
指定の銀行口座へ振り込む

売買の成立後、売買が成立した日の翌営業日を含む3営業日以内に、取引報告書に記載された銀行口座へ買付代金を支払います。また、運営が買付代金の入金を確認後、売買が成立した日から数えて12営業日目に売付代金が指定の銀行口座へ振り込まれます。

実際のマッチング状況(2022年1月)

2022年1月の取引について、FUNDINNO社から公表されました。

銘柄数4
約定取引数37
約定金額6,125,000
値上がり幅1.0 ~ 7.8
株式会社FUNDINNO プレスリリースより

1銘柄当たり約10件ほどの取引が成立しており、今後の活発な取引が期待できそうです。

2月には新たに株式会社グッドラックスリーが取引銘柄として加わっています。

2022年3月の最新情報

2月下旬に新たにInnovation Farm株式会社が取引銘柄に加わり、登録銘柄は合計6社になっています。

プレスリリースによれば、延べ参加者数は1523人となっており、日本の未上場株売買の制度である「株主コミュニティ」の参加者数が日本最多になってます。

FUNDINNO MARKETに参加している銘柄一覧

株主コミュニティの参加者数、約定履歴は日本証券業協会の資料を参照しております。

銘柄名組成日参加者数
株式会社ハーバルアイ2021年12月8日301
ダブル技研株式会社2021年12月8日278
株式会社ロジック・アンド・デザイン2021年12月8日320
株式会社eumo2021年12月8日252
株式会社グッドラックスリー2022年1月25日253
銘柄と参加者状況

株式会社ロジック・アンド・デザイン

取引状況

約定日約定価格(円)約定数量(株)約定金額(円)
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日2,000200 400,000
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日2,500100 250,000
2022年1月17日2,500100 250,000
2022年1月17日2,500100 250,000
2022年1月17日2,500100 250,000
2022年1月17日3,000100 300,000
2022年1月17日3,000100 300,000
2022年1月17日3,000400 1,200,000
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日2,000200 400,000
2022年1月17日2,000200 400,000
2022年1月17日2,000300 600,000
2022年1月17日2,500200 500,000
2022年1月17日2,500100 250,000
2022年1月17日2,500100 250,000
2022年1月17日3,000100 300,000
2022年1月17日3,000300 900,000
2022年1月17日3,000100 300,000
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日2,000100 200,000
2022年1月17日3,000100 300,000
2022年2月15日3,000100300,000
2022年2月15日3,000100300,000
2022年2月15日2,000100200,000
2022年2月15日2,000100200,000
2022年2月15日2,000100200,000
2022年2月15日1,500200300,000
2022年2月15日1,950100195,000
2022年2月15日3,000200600,000
2022年2月15日2,000300600,000
2022年2月15日1,500200300,000
2022年2月15日1,950100195,000

ダブル技研株式会社

ビジネスモデルについては下記を参照してください。

取引状況

約定日約定価格(円) 約定数量(株) 約定金額(円)
2022年1月24日6,00020120,000
2022年1月24日5,00020100,000
2022年1月24日6,00020120,000
2022年1月24日5,90020118,000
2022年1月24日6,00020120,000
2022年1月24日6,00040240,000
2022年1月24日5,00020100,000
2022年1月24日5,90020118,000
2022年1月24日6,00020120,000
2022年2月28日10,00020200,000
2022年2月28日6,00020120,000
2022年2月28日10,00020200,000
2022年2月28日6,00020120,000

株式会社ハーバルアイ

会社概要やビジネスモデルは下記をご覧ください。

取引状況

約定日約定価格(円) 約定数量(株) 約定金額(円)
2022年1月24日20040080,000
2022年1月24日20010020,000
2022年1月24日17040068,000
2022年1月24日20040080,000
2022年1月24日250400100,000
2022年1月24日30010030,000
2022年1月24日300700210,000
2022年1月24日23030069,000
2022年1月24日300400120,000
2022年1月24日30010030,000
2022年1月24日300800240,000
2022年1月24日20040080,000
2022年1月24日17040068,000
2022年1月24日200500100,000
2022年1月24日250400100,000
2022年1月24日30010030,000
2022年1月24日30010030,000
2022年1月24日300600180,000
2022年1月24日23030069,000
2022年1月24日3001,300390,000
2022年2月28日3001,000300,000
2022年2月28日30030090,000
2022年2月28日300700210,000

株式会社eumo

約定日 約定価格(円)約定数量(株)約定金額(円)
2022年1月13日10,00020200,000
2022年1月13日10,00010100,000
2022年1月13日10,00010100,000
2022年2月14日11,00010110,000
2022年2月14日11,00010110,000
2022年2月14日11,00010110,000
2022年2月14日11,00010110,000
2022年3月10日10,000 10 100,000
2022年3月10日10,000 10 100,000

株式会社グッドラックスリー

約定日約定価格(円)約定数量(株) 約定金額(円)
2022年2月28日556,000330,000
2022年2月28日502,000100,000
2022年2月28日452,00090,000
2022年2月28日402,00080,000
2022年2月28日552,000110,000
2022年2月28日552,000110,000
2022年2月28日552,000110,000
2022年2月28日502,000100,000
2022年2月28日452,00090,000
2022年2月28日402,00080,000

Innovation Farm株式会社

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)の退会方法

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)は簡単に退会できるのかどうかが気になり、登録をためらう方もいるでしょう。FUNDINNO MARKETから退会したいときは、マイページから退会手続きを行います。その際は、参加していた全銘柄に対する脱退申請が必要です。退会後は、退会前に出していた全銘柄の「注文問い合わせ」と「マッチング未成立の売買注文」が取り消されます。

なお、買い注文・売り注文がマッチングした状態で、参加している銘柄が存在している場合は、取引の手続き完了後に退会できます。また、退会の翌月末までは再入会ができません。

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)の会費と手数料

FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)は、会費と手数料が次のように設定されています。

【会費】

月契約……月額1,100円(税込)
年契約……年額11,000円(税込)

【売買手数料】

売手……売買代金の5.5%(税込)※売買代金から差し引く
買手……売買代金の5.5%(税込)※指定口座へ振り込み

ビジネスモデルコンサルティングをチェック

  • ビジネスモデルを見直したい
  • 事業がうまくいくかわからない
  • 事業開発の第一歩が打てない

このような悩みを抱えている方は、ベンチャーネットのビジネスモデルコンサルティングをチェックしてみてはいかがでしょうか

監修:山口直

合同会社エムシースクエア 代表
戦略コンサルタント/ビジネスモデル・アドバイザー

RGFリクルート(上海勤務)、パーソルキャリアにてヘッドハンティングに従事。企業の人材開発のため法人向けアウトドア研修会社にてコンサルタント業務を経て、現職。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

株式会社ベンチャーネット ITコンサルタント

NetSuite ERP Consultant
Salesforce SalesCloud認定コンサルタント
RPA、SFA/CRM、ERPに携わってきた立場から、DX転換を支援いたします。

コメント

コメントする

目次
閉じる