Oracle Sales Cloudは、営業効率を高めたり顧客管理システムを導入したい企業におすすめのツールです。クラウド上でデータを管理できるため、紙の資料を持ち歩く必要がありません。あらゆる点で業務効率が上がり、企業の収益を加速させてくれます。今回は、Oracle Sales Cloudの機能や導入のメリット、導入方法まで詳しくご紹介します。

Oracle Sales Cloud とは

Oracle Sales Cloudとは、Oracle社が提供する営業支援クラウドサービスです。Oracle社はクラウド型アプリケーションソフトやビックデータ活用など、さまざまな開発を手がけており、対応できる業界は医療や教育、製造など多岐にわたります。また、世界145ヶ国にて製品を提供している豊富な実績を持つことも特徴です。

Oracle Sales Cloudは、世界で1,000社の営業組織が導入しています。導入事例が豊富にあるため、すでにエラーの改善はある程度行われていると予測でき、安心して導入できるでしょう。

Oracle Sales Cloudの機能

それでは、Oracle Sales Cloudの機能を詳しくみていきましょう。

営業管理機能

営業効率を高めるための機能が多数搭載されています。例えば、営業担当者のスケジュールを商談や顧客、チームなど、さまざまなスタイルで表示できるため、一目で予定を把握できます。迅速にスケジュールを共有できることで、チームワークも円滑になるでしょう。

さらに、ホワイトスペース分析によって、チームメンバーが着手していない商談が一目でわかります。「この顧客は着手したか?」とメンバーにわざわざ尋ねる必要がありません。そのほか、顧客情報や購入パターンの分析によって、的確な営業配置が可能です。

顧客の購買履歴から購入パターンや購入確率などを踏まえてスコアリングできます。高いスコアの顧客にエキスパートな営業パーソンを配置することで、商談成立の確率を高められるのです。

また、既存顧客における推奨製品、提案事項のルールなども設定できるため、営業準備の時間の大幅な短縮が可能です。

商談時には、その場で見積もりを提示可能で、顧客を待たせません。さらに、営業パーソンのレベルに合わせたネクストアクションの提案機能も搭載されています。営業パーソンのスキルに差がある問題の解決につながるでしょう。

顧客管理機能

顧客の名前や社名、役職といった基本情報の登録が可能で、クラウド上で適切に管理できます。指定したメンバーだけが顧客情報を閲覧できるため、情報漏えいのリスクが大きく低下するでしょう。また、顧客ごとに現在の商談の進捗や活動状況を一目で確認できます。

自分以外のメンバーが担当することになっても、顧客情報をスムーズに引き継げるため、業務に影響が及びません。営業パーソンにとって快適に仕事ができることは、生産性の向上につながります。さらに、的確かつ素早いアクションによって、顧客満足度の向上も期待できるのです。

タイムリーな売上予測

営業効率化のための売上予測が可能です。売上目標と顧客情報を関連づけることで、売上予測レポートを作成します。売上予測は、あらゆる要素を踏まえて決定する必要があります。だからこそ、Oracle Sales Cloudのようにテクノロジーを活用することが大切です。

組織を横断した分析や予測が可能

Oracle Sales Cloudは、組織を横断した分析や予測が可能です。より多くのデータを分析することで、精度が高い新たなデータを取得できます。

見込み顧客の管理

Oracle Sales Cloudは、Oracle Marketing Cloudとの連携が可能です。それにより、見込み客を分析して購買の可能性が高い顧客を洗い出し、より精度が高い売上予測を立てられるようになります。

ソーシャル機能

社内やチーム間でチャットできる機能が搭載されています。メッセージのやり取りだけではなく、書類を送付することも可能です。また、履歴が残るため、ファイルをアップロードしてストックしておく使い方もできます。

Oracle Sales Cloudの価格

Oracle Sales Cloudの価格については、要問合せとなっています。

Oracle Sales Cloudを導入するメリット

それでは、Oracle Sales Cloudを導入するメリットを詳しくみていきましょう。

顧客管理の正確性が高まる

顧客情報を紙で管理している場合、資料の持ち出しの手間や紛失のリスクを伴います。エクセルファイルでも顧客管理は可能ですが、リアルタイムで更新ができません。そこで、Oracle Sales Cloudを導入すれば、クラウド上で顧客管理ができるため、リアルタイムで更新が可能です。

さらに、充実したセキュリティで保護されるため、情報を盗まれる心配もないでしょう。

的確な営業活動が可能になる

顧客情報の適切な管理とスコアリング分析によって、的確な営業活動が可能になります。最短で最高の収益を挙げられるようになれば、企業の収益力が向上します。それでいて人件費を抑えることが可能になるため、キャッシュフローの改善も期待できるでしょう。

直感的な操作で現場に浸透しやすい

Oracle Sales Cloudは直感的な操作が可能です。操作が複雑だと、なかなか現場に浸透しません。直感的な操作が可能なことで、出先でも気軽に顧客情報を更新したり活動内容を報告したりできます。

Oracle Sales Cloudの導入はパートナー会社に任せるのがおすすめ

Oracle Sales Cloudの導入は、パートナー会社に任せるのがおすすめです。難しい設定やカスタマイズなどをすべて任せられるため、業務に支障をきたしません。さらに、使用方法のレクチャーや研修なども可能です。

このような営業支援ツールは、ただ導入するだけでは効果を得られません。現場に浸透して、多くの従業員が使い方をマスターしてこそ、効果を発揮します。そのため、無理に自社だけで導入するのではなく、パートナー会社にサポートを依頼することが大切です。

まとめ

Oracle Sales Cloudは、営業活動の支援と顧客情報の分析によって、営業効率と収益性を高める営業支援ツールです。チャット機能やホワイトスペース分析など、非常に細かな機能が充実しているため、企業を強くサポートできます。導入を検討している方は、サポート会社から詳しい話を聞いてみましょう。