動画編集とは

編集でインパクトのある動画に

何気なく撮影した動画をそのまま使うことで親しみのあるシンプルな動画になる可能性はありますが、やはり視聴回数を増やすことを目的に撮影するなら動画編集は必要不可欠です。

締まりのないフワっとした印象の動画でも編集することでキュっと引き締まり、インパクトのある動画に仕上げることができます。元は同じ動画でも編集が違えばまったく違う印象を与えることもありますから、動画の印象は編集がすべてと言ってもいいぐらいでしょう。

実際に動画を編集する前に、まずは何を目的に動画編集するのかハッキリさせておくといいでしょう。おそらく多くは再生回数を増やしたり、自社商品をPRしたり、一人でも多く集客するために動画を編集するはずです。ちなみに動画を編集する際に準備しておくべきものは編集するための動画のほかに、パソコンやスマホ、あとは動画を動画編集ソフトや動画編集アプリで編集する流れです。

動画編集ソフトを選ぼう。無料・有料、色々あるおすすめ動画編集ソフト
動画を編集して「SNSに動画を投稿する」「サイトに動画を設置する」ことは今や当たり前のように行われています。昔はプロに依頼しないと動画は作成でき…

動画編集で何ができるのか

動画編集と言っても経験がなければ何ができるのか分からないことも多いはずです。まずは基本的に撮影した動画を取り込んだ後、どの部分を公開するか映像を確認します。そして必要な部分をチョイスして、それらを繋いでひとつの動画に仕上げていきます。

また、途中でテロップを入力すれば視聴者側は動画が見やすくなりますし、タイミングを合わせて効果音や音楽を入れると、動画の質がぐっと上がります。そのほか動画の色や解像度を調整したり、エフェクト演出があるとさらにインパクトの動画に仕上がりますし、CGを合成させることで目を引く動画に作り上げることができます。

ライバルと差をつけるため

動画編集はライバルに差をつけるために必要なものです。どんなに短い時間の動画でも編集には時間がかかります。要らない部分を取り除き、テロップや音楽を組み込んでひとつの動画に仕上げていくわけですから、インパクトのある動画ほど手が込んでいます。実際に編集してみると分かりますが、動画を撮影した時間や動画そのものの長さよりも編集にかかる時間のほうが断然長くなります。動画編集とはそのぐらい手の込んだもので、だからこそ人気のある動画は再生回数もどんどん伸びていくわけです。ライバルを差をつけたいなら、誰にもまねできないオリジナリティあふれる動画に編集していきましょう。

動画編集は何をするの?

編集方法に色んな種類がある

動画編集には色んな方法があり、それらを駆使して魅力ある動画が出来上がります。たとえば初心者でも簡単な編集がフォトムービーです。これは動画ではなく写真を使った編集で動画を作り上げるものなので、作業にそれほど負荷がかからないのでスペックが高くないパソコンでも楽々編集が可能です。初めて動画編集をするなら、手始めにフォトムービーで編集の感覚を覚えるといいかもしれません。フォトムービーも動画編集同様に音楽を入れることができますし、写真を大きく見せたり小さく見せることもできれば写真をぼかすことも可能です。

少し作業に慣れてきたら、オープニング動画を作ってみてはいかがでしょうか。オープニングとはテレビ番組などでよく見かけるオープニングと同じです。短い動画に短い音楽を取り込んで、インパクトのある動画に仕上げます。たとえば音楽で言うところの盛り上がり部分であるサビにあたるのがオープニングです。パッと見て印象に残るように作り上げていきましょう。

さらにレベルアップするならエフェクト編集を取り入れてみてください。まるで映画のワンシーンのような素晴らしい動画に仕上がることでしょう。エフェクトの編集は写真とは違って少々負荷がかかる作業になりますので、スペックはある程度高いパソコンのほうがおすすめです。

そのほか、プロが作るようなミュージックビデオの作成も可能です。もしもオリジナルで音楽を作成したなら、それを広く多くの人たちにPRするためにオリジナルのミュージックビデオを作れば、音楽だけよりもさらに印象に残りやすくなることでしょう。

動画編集におすすめなパソコンのスペック

先ほども少し触れましたが、エフェクトのような作業には多少スペックの高いパソコンが必要になりますので、本格的に動画編集を始めたいならスペックの高いパソコンの用意をおすすめします。

例えばOSがWindows10でメモリが16GBのパソコンがあったならメモリは32GB以上にスペックアップすることでエフェクト作業でもサクサク動画を編集することができるでしょう。動画編集のためにパソコンを購入するなら、どんなメーカーのパソコンにも共通して言えることが、メモリは必ず32GB以上積んでおいてください。スペックが低いことで作業がなかなか進まないことは結構ストレスになるので、新しくパソコンの購入を考えているならばメモリは32GB以上のものを、もしも今のパソコンを使い続けるのであればメモリの増設を検討してみましょう。

動画編集が稼げる理由

動画編集のメリット

なぜいま動画編集が人気なのか、それは動画編集で稼ぐことができるためです。副業として動画編集の仕事を請け負っている人もいるぐらいです。例を挙げると、たとえばYouTubeの動画編集の代行があったとします。依頼内容にもよりますが、時給に換算するとだいたい1,000円から1,500円ぐらいが相場です。ただし、動画編集の仕事は出来高制が一般的で、報酬の金額も様々です。

動画編集のスキルがあれば、副業として稼ぐチャンスです。パソコンを使って作業できるので、時間や場所を問わず作業できる点はメリットになりますし、時給の相場が高い点も自宅にいながら稼げると考えればかなりうまみのある仕事ではないでしょうか。

動画編集で稼ぐための秘訣

動画は多くの人に見てもらうことで再生回数が増えて、それに伴った報酬も増えていきます。これを踏まえて考えると、動画編集で少しでも多く稼ぎたいなら再生回数を増やせばいいのです。もしも自分が逆の立場で動画を視聴する側だったとき、どんな動画なら何度も再生したくなるか、それを考えればおのずと再生数が多くなる動画のコツが見えてくるはずです。もしも動画編集以来の仕事を請け負ったなら、動画編集の腕が上がるたびに報酬の単価がアップするかもしれません。実績を積めば積むほど条件のいい仕事が舞い込んでくるでしょうから、編集の腕をどんどん磨いていきましょう。

どんな人に向いているか

ここまで聞くと動画編集の仕事が簡単そうに見えますが、これまで動画を見る側だったのに作る側になったとたん動画編集の大変さが身に染みるはずです。こんなに短い動画の編集にこんなに時間がかかったのかと驚くことでしょう。

そのため、できるだけテンポよく作業を進めていくためにも、何かを一から作り上げていく作業が得意な人、何かを企画することが好きな人が向いているかもしれません。また、コツコツ積み重ねていく作業が好きな方も向いているでしょう。小さいころから細かいことにじっくり時間をかけて何かを作り上げていくのが好きだった人は、動画編集の作業が苦にならないでしょう。出来るだけ早く報酬の単価をアップさせたいなら、インパクトのある動画を作るために土台をしっかり考えられる人は動画編集が得意なはずです。

基本的に動画編集の報酬は出来高制が多いので、動画編集の作業をスムーズに進めることができれば作業にかかる時間を短くできるので時給換算にするとかなり条件のいい仕事になるかもしれません。