コンテンツの作成の際には、検索意図がとても重要となります。検索意図に合ったコンテンツではない場合、Googleの評価が下がり人気のないコンテンツとなってしまいます。提供側が発信したいコンテンツを作りたいと思う方もいると思いますが、見て評価をするのはユーザーです。

検索意図に合っていないコンテンツは、訪れるユーザーが少なくなってしまい人気のないコンテンツとなってしまいます。検索意図にピッタリのコンテンツを作る努力をして、人気のある理想のコンテンツとしましょう。

ユーザーの検索意図を盛り込んだコンテンツを作るSEO対策について、詳しく解説していきます。

検索意図というのは、ユーザーが何を知りたく何を解決したいのかなどの、検索をした理由です。

コンテンツ提供側は、検索キーワードに対した検索意図をコンテンツの内容と合わせる必要があります。検索エンジンというのは、検索キーワードに対し検索意図を満たしている適したコンテンツを評価します。そのような理想のコンテンツを上位表示させて、ユーザーが納得して使える検索へと向上させる努力をしています。

Googleの考えに合わせたコンテンツにするためには、記事を書く前にしっかりと検索意図を調査してコンテンツに反映させる事が非常に大事となります。検索上位に表示させるために重要となるので、必ず行うべき調査といえます。

検索意図の調査の重要性

最初に検索意図を調査することは、SEOで検索上位に表示させるため大変重要です。検索意図を調べることにより、コンテンツの傾向が説得力ある内容となります。

例えば、コンテンツの内容により引用表記を用いて別の記事を参照することがありますが、これは説得力ある内容となります。引用記事から持論を展開していくことで、よりユーザーが納得できる内容とすることができるからです。

また、コンテンツを部分的に収集し自分でリライトをしていく方がいますが、それでは良い結果に繋がらないことが大半です。それは、持論で部分的に編集しているだけであり、検索意図に基づいた内容での修正になっていないからです。

ユーザーの検索意図の調査方法

ユーザーの検索意図の調べ方を、以下にご紹介していきます。

対策キーワードに対した検索結果での調査方法

対策キーワードに対した検索結果より、何をユーザーが求めているのかを調べます。検索ワードで調べるということは、検索意図の調査は簡単と思うかもしれません。しかし、検索意図を読み間違った状態でコンテンツを大量公開したことで、上位表示とならないWebサイトは多くあります。どんな情報が知りたく検索しているのかを細かく調べて、検索ユーザーが思う検索意図を把握しましょう。

検索意図は1つではない場合が大半

検索意図というのは、1つではなく複数ある場合が大半です。例えば、「北海道」「旅行」の2つの言葉を検索キーワードとして検索している検索ユーザーは、どのような検索意図を持っているのでしょうか。一例を、以下にご紹介いたします。

  • 北海道へ旅行に行くプランを探している
  • 北海道の勘光名所に旅行に行きたい
  • 北海道旅行の際の美味しいところを探している
  • 北海道旅行の予算が知りたい
  • 北海道旅行のブログを探している
  • 北海道旅行のおすすめのルートを知りたい

更に発展させると

  • 観光地にあるレストランを知りたい
  • 観光地は何時から営業しているのか
  • お土産は何がいいのか、どこで買うことができるのか

なども、検索意図として考えられてきます。

また、東京以外から北海道へ行く場合は、軽油する東京での滞在の情報も知りたいと思う場合もあります。

このように、検索意図というのは複数ある場合が大半といえます。

検索ユーザーは質問者であることを覚えておこう

どんな検索ワードでも、検索ユーザーというのは複数の目的を持って検索しています。そのため、検索ワード内容そのままだけを求めているのではないということを把握しましょう。検索ユーザーというのは質問者という立場であり、コンテンツというのは話し相手の回答者といえます。

もちろんコンテンツには複数のユーザーが訪れるので、検索ユーザーとコンテンツは1対1の会話とはなりません。コンテンツ作成の際には、コンテンツを作成している自分を検索ユーザーに置き替えて考えて理解することが重要となります。

自分だったら、どんなことを知りたい場合にこの検索ワードを入れるのか、1つの質問によりどんな情報を細かく提供してくれたら親切な相手と思うのかを意識しましょう。自分が満足できる内容のコンテンツを作ることにより、高評価なページとすることができます。

ユーザーが検索意図に適していると思えるコンテンツの構築の順番も大事

コンテンツ構築の順番も、とても重要となります。頭に要点をきちんと記載していないと、検索ユーザーは想像していた内容が記載されていないと思い、ブラウザバックされてしまうことがあります。

冒頭には、検索キーワードに対した答えを提示して、その後に詳しい内容を紐解いて説明する内容にしましょう。すると、訪れたユーザーは非常にわかりやすいコンテンツにたどり着いたと思ってくれて、満足してもらえます。このように、検索ユーザーがわかりやすく理解できるコンテンツ構築というのは、非常に大事ということです。

この流れは、検索ユーザーの満足感だけではありません。
検索エンジンであるGoogleに正しいコンテンツ内容の理解をしてもらえることになり、相応しているコンテンツであることを伝えることにもなります。Googleの検索エンジンというのは機械なので、冒頭に要点をまとめた内容を置くことは認識しやすいコンテンツとなります。評価されやすい状態にするためには、検索意図に若干のポイントも必要となります。