ユーザーが満足できるコンテンツ作りに大事なのが、SEO対策です。SEO対策は検索エンジンへの対策と思ってしまう方もいると思いますが、ユーザーの満足度に目を向けることも非常に大事な要素です。ユーザーが使いやすいコンテンツにすることは、SEOの観点からも目を向けられています。ユーザビリティを考慮したコンテンツにするSEO対策で、ユーザーが満足できるコンテンツへとみちびき、アクセス数アップとしましょう。

より信頼性の高いコンテンツにするSEO対策|共有してもらえるコンテンツ作り
コンテンツというのは、信頼性が高い状態にしないとデジタルマーケティングは失敗となってしまいます。信頼性が無いコンテンツは、共有してもらえません。…

ユーザーが満足できるユーザビリティを考慮したコンテンツにするSEO対策のポイントについて、詳しく解説していきます。

ユーザビリティとは

ユーザビリティとは、Webページの使いやすさや利便性です。検索ユーザーがページ閲覧をする際に、見やすさやや使いやすさなどを改善すべき要素です。

各種メニューやボタンなどが使いやすい場所にあるのか、直感的に理解できる構成となっており、目的のページへとスムーズにたどりつくことができるのかを改善する要素となります。サイトの表示速度の速さやストレスなく表示できるなどの、機能性の高さやサイトの構成が使いやすいように整備されていることで、ユーザビリティが向上します。定義としては曖昧な点が多くありますが、使いやすく見やすいページ作成を心がけることで改善となる、と捉えるとわかりやすいでしょう。

サイトの使いやすさにより、アクセス数が上がり良質なサイトとすることができます。

行き当たりばったりのユーザーに効率的な導線を作ってあげる

Webサイトを見る際、ユーザーというのは行き当たりばったりの見方をする傾向があります。ざっとページを見たり適当に見る傾向があり、仕組みの理解まで考えようとはせずに行き当たりばっかりに見る人が大半です。ここで大事となるのが、ユーザビリティです。

ユーザビリティを考えたコンテンツとする事により、ユーザーが難しく考えなくてもどのように使えばいいのかわかるコンテンツとすることができます。サイトの機能を一切把握せずに目的を達成できるサイトは、ユーザーの満足度を即座にん高めることができます。

SEO観点によるユーザビリティ対策

SEOの観点よりユーザビリティ対策をするためには、以下のポイントを網羅する必要があります。

素早いページ表示

検索エンジンから選んだページが素早く表示されると、ストレスなく目当てのページへとたどり着くことができるので、ユーザビリティの向上とすることができます。いつまでも表示されないサイトでは、他に離脱してしまいアクセス数を上げることはできません。

ページ表示の速度を上げるためには、画像やテキストファイルによる速度低速を改善しましょう。画像やテキストは、圧縮することでページ表示の速度を高めることができます。圧縮ソフトなどにより簡単に圧縮ができますので、誰でも簡単に出来る作業といます。

ページエクスペリエンスとは?ページエクスペリエンスを重視するGoogleはどう対策をすれば良い?
Googleより2021年5月に新たなランキングに影響を与えうるシグナル「ページエクスペリエンス」の導入発表が公式サイトの方で行われました。あと…

モバイル対応を充実させる

Web検索は、モバイルで行うことが多くなっています。スマートフォンやタブレットなどの普及により、パソコン検索よりも多いのが現状です。そのため、モバイル対応させることはとても重要なポイントです。

スマートフォンでパソコンのサイトを観ればいいと思うかもしれませんが、それでは対応できない部分があります。動画再生はパソコンでできるものであっても、モバイルで再生できないものもあります。また、パソコンサイトをモバイルで見ると、フォントや行間が見にくい状態に表示されることがあるので、調整が必要となります。モバイルでも問題なく見ることができるサイトとし、モバイルで見る際のユーザーのストレスを与えないようにしましょう。

モバイルフレンドリーアップデートとは?今や必須のスマホサイトを導入させたモバイルフレンドリーアップデート
モバイルフレンドリーアップデートとは? モバイルフレンドリーアップデートが誕生したきっかけ モバイルフレンドリーアップデートは、2016年10月…

ユーザーが使いやすいサイト構成にする

ユーザーがサイトに訪問した際、使いやすく効率よいサイトとなるような構成としましょう。サイト訪問の際には、メニューバーやカテゴリを使って記事のあるページへとたどり着きます。自分がユーザーの立場になって使いやすい状態を考えて、整理したサイト設計としましょう。

このサイトはどんな内容の情報が得られるのかを意識し、記事のタイトルだけでもどんなことを得ることが出来るのかわかるようにしましょう。記事のタイトルの中には、ユーザー検索数が多いサジェストキーワードを参考とし、2~3個のキーワードを入れておくと非常に有効的です。

ユーザーが欲しい情報を入手できるサイト構造を作るSEO対策|求める情報を的確に提供
ユーザーが欲しい情報を入手できるサイト作りには、いくつかの施策があります。それは、ユーザーが満足できるサイトの構造とするSEO対策を取ることです…

サイト構成の合理性によるユーザーの利便性

ユーザーが何を必要としているのかを考えたレイアウトの場合、使いやすさへと繋げることができます。小さいことですが、ボタンのサイズや検索窓の位置などは、積み重ねによりユーザーの利便性へと繋がります。自分が訪問者ならどのような配置が読みやすいと思うのかを考えて、配置をしていくと良いでしょう。ここで大事なのは、作成側の独りよがりな考えではなく、全てのユーザーが使いやすいのはどのような配置なのかを考えることです。