あまり経験のないウェブサイトの運営者・会社でも、知識を高めて自分でSEO対策していくことは十分可能です。ウェブサイトとつねに向き合い、GoogleサーチコンソールGoogleアナリティクスなどのツールを使って分析すると、それだけでも効果はあるはず。

ですが、ジャンルやキーワードによりあまりにもライバルが強すぎる場合や、どうしてもうまくいかない場合もおそらく出てくるでしょう。そんなときに頼りたくなるのがSEO会社ですが、どのような事業者にお願いするべきなのかを解説します。SEO会社選びを間違ってしまうと、トラブルが絶えずにサイトの価値までを失ってしまう恐れもあるため、とても重要です。

SEOの本質は誠実なウェブサイト製作

SEOの本質は、ユーザーと向き合いながら、検索エンジンにウェブサイトの情報を適切に伝えることです。

またたくさんのユーザーに読んでもらえるように、SNSを活用して拡散を狙う、ブログを運営するなど、被リンクを集めるための対策にも該当します。ですがあくまでSEO対策とは本来、ルールの範囲内で誠実なウェブサイトを作成することです。もちろんそのルールは、検索エンジンの90%以上を締めるGoogleが定める「品質に関するガイドライン」のこと。そのためそこから外れる施策は、一発退場の恐れがあるためかなり危険だといえます。

SEO対策とは?基礎的なSEO対策知って少し自分でもやってみよう
SEO対策とは SEOの基礎を知る必要性 ウェブサイトを運営するにあたりSEO対策は必要です。なぜなら検索結果で表示されるとき、できる限り上位で…
SNSとは?SNSでウェブサイトへのアクセス流入を起こそう
スマホを開けばSNSに夢中になっている、そんな人がどんどん増えています。それだけ私たちのライフスタイルにSNSは欠かせない存在になってきました。…

小手先のSEOを提案する会社は要注意

今でも小手先のSEO対策を提案してくる会社は数多く存在します。

そのような小手先のSEO対策は、すでに数年前に通用しなくなっていることから、今でも過去と同様の施策を提案してくる業者は信用できません。ブラックなSEOを提案する会社は「短期間で大きな効果がある」と、甘い言葉で持ちかけてくる点が共通する特徴。もしつられてしまい、契約してしまうと、これまでの苦労がすべて水の泡になる恐れもあることから、乗らないようにしてください。

小手先のSEOの提案例と危険性

以下に小手先のSEO提案の代表例とその施策の危険性を記載します。このような提案をしてくるSEO会社には注意しましょう。

SEOに効果的な被リンクを提案

危険なSEO会社が提案する、もっとも基本的な例が被リンクの提案です。

これはSEO会社が保有しているバックリンクサイト群から、保有サイトへ有料でリンクを貼るサービスのことです。もちろんSEO会社もGoogleに検知されないために、相応の工夫はしているでしょう。ですがどれだけ小手先でバックリンクサイト群を構築しても、天才の集団であるGoogleが、日々改良を加えている検索システムのアルゴリズムから逃げられることはありません。

ページランクなどに代表される計算された数値から検知され、Googleのスタッフが目視で確認すれば、被リンク用のサイトなのかどうかはひと目で分かります。近年で不正リンクの検知性能はさらに磨きがかかり、悪質で何度も繰り返しているウェブマスターの場合、数時間以内に手動ペナルティを与えられるケースもあります。

※ページランクにつきましてはユーザーに見えない状態であるだけで、実際は計算されているのでは?という噂があります。存在するか否かの真実はGoogleしかわかりません。Googleはページランクだけでなく色々なデータを数値化しているといわれています。

手動ペナルティとは?手動ペナルティを受けた際の告知と対策
手動ペナルティとは?  Googleのガイドラインに反するとペナルティになる ウェブサイトを運営していれば、ある日なんの前触れもなくペナルティを…

SEOに効果的なサテライトサイトの提案

その他の危険な提案例としては、SEO会社が持つバックリンク群ではなく、クライアント側でサテライトサイト群を制作し、そこから被リンクを送る提案をされるケースです。この場合、サテライトサイト側がメインサイトとして読まれても問題ないほど、ユーザーにとって有益なコンテンツの集まりなら問題はないでしょう。

ですが、あきらかに人工的な被リンク目的とした、低品質なサイトであったり、ほかの人が使っていた中古ドメインを再利用したサイトであればすぐに見つかってしまいます。

被リンクを目的としたサイトには、費用対効果の面から、コストをかけることは不可能です。そのためテンプレのような画一的なテーマで、しかもコンテンツも意味をなさないほど内容のない文章で作らざるを得ません。このようなサテライトサイトは、だれが見ても判断できます。そのサイトから、一方的に送られるリンク構造をアルゴリズムで把握されれば、Googleに捕捉されるまでに時間はかからないでしょう。

サテライトサイトとは?サテライトサイトを上手くSEO対策の中に取り込もう
SEOのため、または訪問者を増やすために立ち上げるウェブサイトをサテライトサイトといいます。メインのサイトとは別に立ち上げるサイトのことで、一般…

SEOの費用契約でリース契約を提案

さらにSEO会社が、ウェブサイトそのものを一式で製作し、それをリース契約する構図もまれに見られます。

もちろんこのような契約形態のウェブサイトに、メリットはなにもありません。なぜならそのウェブサイトは、あなたの組織のものではありませんし、中身も当然ユーザーの役に立つようなまともなものではないでしょう。そのためウェブサイトが上位に表示されることはないですし、被リンクによる順位操作であれば、もちろん手動ペナルティも課されます。

まともなSEO会社なら、このような契約形態を取ることはまずありません。一度リース契約してしまうと、契約上の関係から解約には莫大な金額を請求することになります。それだけではなく、コンテンツの更新から被リンクを剥がしてもらい、ペナルティを解除してもらう作業などにもすべてお金を請求されてしまうことでしょう。

コピー機に代表されるリース契約は、契約元がバージョンアップして必ず向上し常に必要なものであれば最適ですが、SEO対策のように上位にくるかこないかのものに将来的なリース契約をすることはありえません。そういったSEO会社はとりあえず契約だけ結ばせて将来的に有耶無耶にしようとしてきます。一般的にサブスクリプションが流行っているので「SEO対策のサブスク契約」といった聞こえの良い提案をしてきたりもします。

そういった提案をしてくるSEO会社は大半が検索上位、アクセス増加を確約せずに時間を稼いでくるので注意が必要です。

SEOの本質に沿ったSEO会社を選ぶ

もしSEO会社へウェブサイト製作のお手伝いをしてもらうなら、本質的なSEOに沿った手法を提案してくれる企業にお願いしてください。

そのようなホワイトでまじめなSEO会社なら、かならずあなたのウェブサイトに対して、たくさんの質問をしてくれるはず。

詳しい製品・サービス内容・ベネフィット・ターゲットの属性・将来的な目標まで、正統なウェブサイト製作に必要な質問を次つぎと投げかけてくれるでしょう。その対話の中から、あなたの運営するウェブサイトをどうするべきなのか、今なにが足りていないのか、具体的な説明を聞けるはずです。

良質なウェブサイトの提案

ホワイトで真っ当なSEO会社の場合、SEO対策として提案してくれるのは「良質なウェブサイト製作の提案」です。

何度も繰り返すように、SEO対策は検索エンジン最適化とも呼び、その本質はユーザーの悩みを解決するコンテンツと、それを正しく検索エンジンに伝えるための技術のこと。そのため、信頼するべきSEO会社ほど、一見するとSEO対策には遠回りになりそうな、さまざまな細かい提案をします。

ペルソナの属性から逆算し、サイトのコンセプトから設計の見直し、コンテンツの修正案、コンバージョンのための施策まで、細かく多種多様な提案をしてもらえるでしょう。逆に考えると、このようなウェブサイトの本質を理解している企業でなければ、大切なウェブサイトを任せることはできないのです。

ペルソナとは?ペルソナ設定のメリットと設定のやり方
ペルソナとは?  誰をターゲットにウェブサイトを運営するのか 商品を売るため、会社をPRするためなど、ウェブサイトを開設、運営するきっかけはそれ…

本物のSEO会社は知識やアイデアが豊富

信頼されているSEO会社は、たくさんのクライアントのウェブサイトを担当した経験や、自社の持つメディアでの実験結果から、数多くのノウハウを保有しています。

最新のSEOに関連する情報から、最適なサイト設計を提案してくれること、SNSの効果的な運用方法、オウンドメディアの運営方法までを熟知。内部評価を高めるための手法から、自然な被リンクを効率的に外部評価を高める手法まで、過去のデータから裏打ちされたサービスを受けられます。コストはそれなりにかかることにはなりますが、ある程度は予算があり、ライバルサイトが強力なのであれば、このようなSEO会社に依頼するのは正解のひとつでしょう。

SEOに近道や抜け道はない

正統なSEO会社の対策は、非常に強力な効果があります。

もちろんそれでも時間がある程度はかかり、プロが担当したとしても半年以上は確実にかかるでしょう。そしてできることは、ユーザーの検索意図とGoogleの定めるルールに沿いながら、有益なコンテンツをつくり続けること。そこには近道や抜け道はなく、小さな修正と改善の繰り返しなのです。