コンテンツというのは、信頼性が高い状態にしないとデジタルマーケティングは失敗となってしまいます。信頼性が無いコンテンツは、共有してもらえません。共有したものは自分の評判や信頼に影響を受けるので、信頼できないコンテンツは共有されないからです。信頼性が高くないコンテンツには、理由があります。良くない点を改善していき、信頼性の高いコンテンツとしましょう。

信頼性の高いコンテンツにするためにはどのようなことをすればいいのか、以下に詳しくご紹介していきます。

良質コンテンツの掲載

2018年の大変動により大幅にトラフィックが減少したサイトは、低品質なコンテンツが多くある傾向がありました。信頼性の高いコンテンツにするためには、低品質なコンテンツになっていないかをチェックしましょう。低品質なコンテンツの特徴は、以下が挙げられます。

  • 文字数が少ない
  • 内容が薄い
  • 専門的知識が欠けている
  • 検索意図に合っていない
  • タイトルが誇張されていて実際のページの内容と整合性が取れていない
  • メインコンテンツ以外の情報が主となっている
  • 役に立たない

このように、ユーザーが読んで満足度が低いと捉えると、信頼性の無いコンテンツとなってしまいます。

コンテンツのSEO対策の際に耳にする専門用語に、「E-A-T」というものがあります。EはExpertise(専門性)、AはAuthoritativeness(権威性)、TはTrustworthiness(信頼性)です。

この3つを制してSEOを制すことができるという言葉もあるほど、SEO対策には欠かせない3つのポイントです。上記に記載した低品質なコンテンツの特徴をチェックしてみると、どれもこれらの3つのポイントからかけ離れていることがわかります。

確かな内容の引用を入れる

ユーザーが知りたい情報を検索する際には、専門的な内容を手に入れたいと思って調べます。専門的な内容のコンテンツを読んでみると、明らかのその情報の専門家が書いた内容ではないと確信できることに当たることがあります。専門家のよう書かれている内容というのは、些細な間違いが必ずあるものです。その些細な間違いを見つけてしまうと、そのコンテンツの信頼性は一気に失われてしまいます.

「E-A-T」の中のEである専門性に該当する部分をコンテンツに取り入れることは、「E-A-T」の中のTである信頼性を高めることができます。

そのコンテンツの専門家ではない場合は、専門家の知識をコンテンツに取り入れましょう。専門家の知識を、引用する方法です。サイトの運営者は、重要な意見を述べる専門家の意見を引用することができます。専門家も確固した意見を持っている人が殆どなので、その意見や情報を共有してほしいと思っているものです。

「~のようです」などの曖昧な言葉を使って引用の責任を回避する書き方をする場合もありますが、これでは信頼性に欠ける内容となります。

その分野の専門家の意見を引用して取り入れることで、信頼線の高いコンテンツとすることができます。引用はページ作成の際に引用の旨を相手に報告することもできるので、無断で使うという悪いことではありません。良い部分はどんどん取り入れて、質の高いコンテンツとしましょう。

信頼性の判断というのは、熱意も重視されます。熱意というのはオーバーに書くという意味ではなく、専門家は自分の意見に自信があるので深い関心の文面を記載するからです。

専門家は自分が理解している内容に対して、洗練した意見を持っています。深い理解がある人なのに、皮相な内容でコンテンツを損ねる書き方はしません。考え抜かれた深い知識がるのが、専門家が書くコンテンツだからです。

データの表示

専門的なコンテンツは、様々なデータを表示させて相手に理解してもらおうとします。データというのは、言葉では得ることができない信頼性を生むことができるからです。正しいデータを集めて分析することにより、データが信頼性を語ってくれます。「E-A-T」の中のEである専門性に該当する部分ですので、しっかりと取り入れるべきポイントとなります。

データ作りは難しく思えるかもしれませんが、JavaScriptライブラリやHTML 5ツールなどにより技術がなくてもデータを作ることができます。

例えば、国政調査についてのコンテンツの場合、国勢調査の結果をグラフ化して載せると内容が把握しやすくなります。

クオリティの高い写真を使う

コンテンツの中で写真を取り入れる場合がありますが、高品質のものを出来るだけ使うようにしましょう。

ピンボケの写真では、ユーザーにクオリティが低いコンテンツと認識されてしまいます。しっかりとピントを合わせる、手ぶれしていないなど、誰もが一目で高いクオリティの写真を思える素材を使いましょう。

また、写真はデータのサイズが大きくなってしまうことがありますが、データが重いと回線に負担がかかり表示まで時間がかかってしまいます。コンテンツを見る前に離脱してしまうこともありますので、信頼度以前の問題となってしまいます。高解像度の写真は高品質の写真ではありませんので、解像度の低い写真を使うようにしましょう。

誤字脱字を無くす

よくあることといえば、誤字脱字などのスペルミスがあることです。誤字脱字というのは些細なことに思えがちなので、ある程度なら問題ないと思う方もいるかもしれません。

しかし、誤字や脱字があるコンテンツはユーザーに不安を与えてしまう要素です。そのため、ユーザーからの信頼性が低くなってしまいます。

文章校正ツールやチェックツールを使って、誤字や脱字をチェックして無くすようにしましょう。すぐにチェックができるので、手間なく誤字脱字を無くすことができます。

サイト運営者の実態の記載

いくら濃い内容のサイトであっても、サイトの運営者の実態がわからないようであれば、信頼性が低いサイトとなってしまいます。

スタンフォード大学が提唱しているWebの信頼性に関するガイドラインでは、サイトの運営情報に触れています。運営者は実際の組織ということを示すように記載しており、サイト運営者の公開というのは非常に重要ということがわかります。

サイトの中で、運営組織の住所などの情報公開をしましょう。今は個人情報に厳しい時代となったので、個人情報に当たる内容は公開したくないと思うかもしれません。しかし、サイトの信頼性を高めるためには公開して掲載することをおすすめします。

企業のサイトの場合、スタッフ紹介ページにてメンバーの紹介を顔し写真入りで紹介すると、より効果的といえます。大手のサイトのスタッフ紹介をチェックしてみると、メンバーの笑顔の写真が掲載されているのをよく見かけます。顔を把握することでより信頼性が増すので、訪れたくなるサイトとすることができます。