オリジナルコンテンツは、昔からSEOで重視されているポイントです。充実しているコンテンツを作っても、似たようなコンテンツを他社サイトに作られてしまうことは、近年よくあることとなっています。そのため、独自性あるコンテンツの維持というのは難しくなっています。

オリジナルのコンテンツを提供し続けるためには、常に様々な部分に目を向けないといけいので、非常に大変な作業となってしまいます。独自性あるコンテンツを運営し続けるために目を向けるべきポイントを、わかりやすく解説していきます。

オリジナルコンテンツの本当の意味

オリジナルコンテンツというのは、他のWebサイトにはないオリジナルの内容と思われるかもしれません。無断引用されていないからオリジナルのコンテンツだと思うかもしれませんが、それだけがオリジナルコンテンツの意味ではありません。

専門性や網羅性がSEOでは大事となりますふぁ、専門性や網羅性の観点似て独自の価値を提供できているコンテンツということが重要となります。

独自の価値というのは、実際に経験したことにより気付いた視点であり、深く本質を理解していることにより伝えることができるわかりやすさです。

例えば、リフォームに関する記事の場合、実際に工事現場に出て感じたことをわかりやすく解説することで、独自の価値となります。ユーザーが得ることができなかった重要なポイントを独自の経験により解説することにより、高い価値とすることができます。

他のコンテンツよりも価値の高いコンテンツとなれば、SEOに有利になります。検索の上位を獲得できるようになり、アクセス数の多いサイトとすることができます。

客観的な事実だけではコンテンツ差別化は難しい

独創性のある事実の内容を記載することでオリジナルコンテンツとなり、ユーザーかラ評価されSEOも有利になります。しかし、近年は簡単なことではなくなっているのが現状です。

Webサイトでコンテンツを作成する際、知識がある人でも慰労色な調査をした上で作成します。検索の上位ページのチェックを行い、自分の知識に欠けている部分があれば差分を埋めるためにコンテンツを追加します。

そのため、独自性ある事実を記載したコンテンツを使って差別化することも、難しい状態となっていることが現状です。オリジナルテンツを作って維持して提供していくことは簡単ではありませんが、着実に成果を出して運営しているWebサイトも多くあります。様々な工夫が必要となりますが、オリジナルコンテンツを作ることはできない訳ではないので、様々な努力をしてみる価値はあるといえます。

オリジナルコンテンツ作成のために目を向けるべき3つのポイント

オリジナルのコンテンツを作成して維持し続けているWebサイトでは、様々な工夫を行っています。どのようなポイントに目を向けて行っているのか、以下に3つのポイントを挙げて解説していきます。

他のWebよりも情報収集ができる部分を強化したコンテンツ作成

コンテンツ作りには、専門的な知識や情報が必要となります。しかし、情報収集に時間をかけると工数が多くなってしまい、コンテンツ作りに時間がかかってしまい部分は大きなデメリットとなってしまいます。そこで目を向けるべき点は、他のWebよりも情報提供しやすい領域を探すことです。

例えば、ECサイトで1番情報収集がしやすい項目といえば、商品や顧客の情報を利用することです。商品情報の情報や商品の選択方法、商品の体験談やレビューなどを充実させることにより、情報量の多いオリジナルコンテンツとすることができます。

本業の業務の中で、他のWebサイトよりも情報収集がしやすい領域は何なのかを探しましょう。得意な領域がわかったら、関連するキーワードをチェックします。競合のサイトやコンテンツがどのようなキーワードを使って検索上位となっているのかを調べ、検索上位のコンテンツが自社作成のコンテンツのベンチマークとなります。

売上アップにつながるサイト構造の整理

オリジナルコンテンツの内容にできた場合でも、サイトの構造が整理されていない状態では成果や売上アップには結び付きません。

洋服店でのサイト構造を例にして、解説していきます。トップの下にレディースやメンズにし、その下に性別ごとの洋服の種類を配置します。女性服の場合、レディースの下にトップスやスカート、パンツなどの主要な洋服種類を位置づけます。その下の細部には、トップスならカットソーやブラウスなどと位置付けていきます。

売り場と記事コンテンツの関係性を整理した、理想の形です。この場合、記事のコンテンツが増えるごとに親ページの売り場のカテゴリページのSEOが強化されていきます。そのため、売上アップへとみちびくことができます。

半面、売り場とコンテンツに関係性が無い状態で位置づけた場合、どうなるのでしょうか。売り場と記事コンテンツの関係性が整理されていない状態でリンクを結ばず運用した場合、記事のコンテンツが増えれば増えるほどトラフィックは増える可能性があります。しかし、リンクが結び付けられていないので、売上獲得は難しくなる可能性が高くなります。これでは独立したサイトの構造となってしまうので、直近の売上を見込むことは大変となります。

価値のあるコンテンツ提供をしたい場合は、単純にトラフィックを増やすのではなく売上アップにつながる流れにするべきです。そのため、サイト構造には十分に注意して作成しましょう。

ユーザーが納得できる流れで説得力ある内容とする

様々な専門的なコンテンツがありますが、専門的な話をしている割には曖昧な書き方をしているコンテンツも多く見かけます。説得力あるオリジナルのコンテンツなのであれば、ユーザーが納得できる流れで記載して伝えることが当たり前の流れとなります。

Googleのアルゴリズムでも、SEOコンテンツに対しユーザーの反応を見ており、ユーザーの反応が高いコンテンツは検索上位表示となりやすい傾向があります。ユーザーが読んでいきたくなるコンテンツには、ライティングスキルが必須となります。そのためには、以下のポイントに注意して記載しましょう。

はっきりと言いたいことを書く

曖昧な表現は使わず、意味がぶれないように書くことが大事となります。冗長な表現で書くコンテンツも多くありますが、それではオリジナルの自信がある内容なのか疑問を持たれてしまいます。はっきりと下か買う方は、Googleエンジンが内容を理解してくれやすくなるので、検索上位になりやすい傾向があります。

ロジカルな説明をする

相手にわかりやすく文章を書いて伝えるためには、ロジカルな書き方は非常に重要となります。結論、理由、具体例、最後に結論を書いて文章の構成をすることは、トップコンサルタントでも行っている話の流れです。難しい話でも分かりやすく相手に伝えることができるので、絶対に取り入れるようにしましょう。

シンプルな表現を使う

オリジナルコンテンツは、オリジナルゆえに特徴的に書かないといけないと思うかもしれません。しかし、読みやすいシンプルな流れで文章を書かないと、いくらオリジナルの素晴らしい文章でも理解されにくくなってしまいます。アメリカのとある調査では、最も読みやすい文章は中学生レベルの語彙力で書かれたものだと言われています。中学生が読んでも理解できるレベルで、文章を書くようにしましょう。