ナビゲーションリンクは、Webページには欠かせない要素の中の1つです。サイトの上や左右に設置されているナビゲーションにリンクを設定することで、目的のサイトに簡単に移動が可能となります。便利に他の外部サイトにアクセスできる案内板のような感じであり、ユーザの満足度を高めることができる大事なものです。ナビゲーションリンクを理解して、ユーザーファーストの満足感ある優良サイトとしましょう。

ナビゲーションリンクとはどのようなものなのか、関連するナビゲーションリンクを設置する方法なども含めて詳しく解説していきます。

ナビゲーションリンクとは

ナビゲーションリンクをご紹介する前に、ナビゲーションについてご紹介します。

ナビゲーションとは、サイトページのリンク付きの水平ナビゲーションのバーです。サイトによっては上部に設定されていたり、左右に設置されていることもあります。メニューバーのようなものであり、様々なボタン設置により活用の幅が広がります。ECサイトなどではよく見かける、おなじみの水平ナビゲーションです。

ナビゲーションリンクは、このナビゲーションの中ににリンクを付けることで別のサイトなどに移動できるシステムです。関連するナビゲーションリンクの設置により、ボタン一つで関連サイトへと移動ができる便利なシステムといえます。ナビゲーションリンクは、以下のようなサイトへの移動が可能となります。

  • 自社が別に持っているサイトへの移動
  • 自社が別に持っているブログへの移動
  • 予約ページなどの外部のシステムへの移動
  • 関連ページへの移動
  • ページに対して役立つページへの移動

このように、様々なページへの移動により活用ができるサービスです。

自身のサイトから違うサイトに移動できることにより、ユーザーがより満足できるサイトとすることができます。アクセス数向上も期待することができるので、高品質なサイトとすることも可能となります。

関連しているナビゲーションリンクの設置方法

関連しているナビゲーションリンクの設定方法は、「ナビゲーションの編集」の画面で設定を行います。

「ナビゲーションの編集」のページの名前を書く欄に、ページ名とリンク先を記載します。例えば関連サイトの「山田ファクトリー」をリンクさせたい場合「山田ファクトリー::_::http://www.〇〇〇」などのURLを入れます。

これだけで、ナビゲーションリンクに山田ファクトリーのリンクが追加となります。

ナビゲーションリンクの設置の際の注意点

ナビゲーションリンクをクリックしてリンク先に飛ぶと、サイト自体がリンク先のページに表示が変わってしまいます。同一のウインドウのリンクとなってしまうので、リンク先に飛ぶ前のサイトと別に新しいページが開くような設定となっていません。そのページ自体が変わってしまうので、元のサイトを見ながらリンク先の内容を見ることがdえきません。これは操作方法の問題ではなく、まだその程度の設定としかなっていないという理由です。

せっかく自社のWebページに来てくれたユーザーが、再び戻りにくい状態となってしまいます。そのため、リンク先のページには「〇〇に戻る」などの、前サイトに戻れる設定をしておくと良いでしょう。

ナビゲーションリンクのメリット

ナビゲーションリンクの設置により、様々なメリットを得ることができます。どのようなメリットがあるのか、以下にご紹介いたします。

アクセス数が増える

ユーザーがWebサイトに訪れる理由は、新しい情報や知りたい情報を手に入れたいからです。目当てのコンテンツがあることで、満足感を得ることができます。せっかくWebサイトを訪問しても、目当てのコンテンツがない場合離脱となってしまいます。ナビゲーションリンクを設置することにより、Webサイトの内容以外にも関連している内容の把握ができます。

自分で手間をかけずに誘導してくれるので、便利なサイトだと思ってもらえます。ユーザビリティの向上にもなるので、SEO対策にもなります。

検索エンジン最適化

他のサイトからのリンクを増やすことは、検索エンジン最適化へとみちびくことができます。ナビゲーションが整っているので、検索エンジンがサイトの中をスムーズに巡回してくれるようになります。正しくコンテンツがインデックスされるようになるので、SEO向上が期待できます。

関連ページのアクセス数を上げることができる

関連しているページをリンク先にすることにより、関連ページのアクセス数も上がります。自社のページをリンク先に設定しておくと、自社の他のページのアクセス数の向上にもつながります。自社の様々なサイトをリンクとすることで、自社サイト全体のアクセス数を高めて高品質なサイト運営者となることも期待できます。互いのサイトに相乗効果が生まれるので、大変合理的なシステムといえます。