キーワード重複とは?

Googleはキーワード重複を嫌う

ウェブサイトを運営していく限りGoogleから嫌われないように気を付けなければなりません。せっかく時間をかけて作っても、そのウェブサイトはユーザーにとって不利益になると判断されてしまえば、Googleの検索結果でなかなか上位に食い込むことは難しくなってしまいます。

Googleに嫌われないために、たとえばキーワード重複に関して色々知っておくべきことがたくさんあります。

キーワードが重複することをキーワード重複と呼ぶわけですが、どうやらGoogleはこれを嫌う傾向にあります。悪意を持って重複させたわけではなく、ただウェブサイトをどこよりも積極的にPRするためだったとしても、GoogleがNOと言えばNOなのです。そのため、ウェブサイトを開設、運営していくためにキーワードが重複しないように常日頃気を配る必要があります。

Googleが考える重複について

キーワード重複と聞いてもキーワードの何がどうなるとダメなのかハッキリ理解していなければ、コンテンツ作りに苦労してしまいます。まずひとつめが、キーワードそのものが重複していることです。

例えば、「このパソコンを使えばインターネットがサクサク繋がる」「インターネットがサクサク繋がるパソコンはこれがおすすめ」この二つを見比べてみると、「パソコン」「インターネット」「繋がる」これらが重複していることになります。

この二つをGoogleはキーワード重複と認識するので、キーワードが重ならないように別の言葉を使って作成する必要がでてきます。いくつも一人でコンテンツを作っているとどうしても似たようなコンテンツに仕上がる傾向があるので注意が必要です。

コンテンツのキーワード重複にも注意が必要

ウェブサイトを形にするために色んなコンテンツを準備しますが、キーワード重複に関して気を付けなければならないこととして、コンテンツのキーワード重複になっていないかどうか確認してください。

例えば先ほどのパソコンを例に挙げると、同じキーワードを使ってインターネットにサクサク繋がるパソコンを土台としたコンテンツが複数あると、それらは重複したコンテンツとみなされてしまいます。

たとえば、それぞれをメリットとデメリットとした場合は内容が違いますから、特に問題はありません。しかし、どちらもメリットだけ、どちらもデメリットだけを扱ってしまうとキーワードが重複しやすくなり、Googleから見たときに作りがよくないウェブサイトと判断されてしまいます。

キーワード重複で気を付けるコト

ひとつのコンテンツに使うのはキーワード1組まで

必ずしもそうしなければならないというわけではないですし、Googleが正式に発表しているわけではないので基準が難しいところですが、ひとつのコンテンツに対してキーワード1組ぐらいに収めるように意識してみてください。

先ほどの話を例にすると、「パソコン、インターネット」「パソコン、繋がる」のように、1組を1セットにしたコンテンツ作りなら、キーワード重複になりません。これならGoogleもそれぞれのコンテンツの内容が重なっていないと判断してくれるので、良質なウェブサイトと認めてくれる日も近いでしょう。

キーワード重複にならないためのコツ

これはGoogleがどんどん進化したことも理由のひとつになっている可能性が高いのですが、キーワードの順番を入れ替えるだけではキーワードの重複となるものの、たった1文字プラスするだけでキーワード重複にならない可能性があります。これはGoogleのキーワードがひとつひとつ独立しているためであることが分かっているためです。

例えば、「パソコン、サクサク、動く」「パソコンがサクサク動く」このふたつをGoogleは重複してると認識していない可能性が高いのです。試しにこの二つで検索してみてください。違う結果がでてくるはずです。

このように、キーワード重複といってもたった1文字プラスするだけで、違う別物のキーワードとして認識される可能性が高いことも分かっています。

キーワード重複させないために

悪意を持ってキーワード重複させたわけではなくても、同じ担当者が何個もコンテンツを作っていくとどうしても似通ってしまいます。そのため、似たようなコンテンツが生まれやすいので、そうならないためにもいくつかコツを抑えておくといいかもしれません。

例えば、コンテンツを作る前にある程度キーワードを選んでおくこと、軸となるキーワードで仮のタイトルを考える、軸となるキーワードで仮の見出しを考える、最後にこのキーワードでまとめを先に仕上げておく、この流れを最初に作っておくことで、1つのコンテンツに対して1つのキーワードを使った内容で仕上げることができます。

パソコンを例に挙げて話すと、ひとつはインターネットにサクサク動くパソコンについて、もうひとつはパソコンがサクサクインターネットに繋がるコツ、この二つなら同じキーワードでも内容が異なりますのでキーワード重複になりません。

どのようなウェブサイトがキーワード重複になりやすいか

グルメ関係のウェブサイト

今はだれもが手軽にネット配信できる時代になったのもあり、日本全国の美味しいお店を紹介する人が増えてきました。しかし、このグルメ情報はキーワード重複になりやすい傾向が非常に高いのです。なぜなら、美味しいお店は何度でも尋ねたくなり、その都度コンテンツを作りたくなるためです。

前回行ったときと別メニューを頼んだとしても、軸となるキーワード以外のキーワードが重複しやすくなり、もちろん内容もおいしいとか見た目がキレイなどと重なりやすいために、グルメに関するウェブサイトを作るときは、コンテンツ作りに細心の注意が必要です。

これを防ぐためには、同じ人が担当するのではなく、担当者を何人かに分けてそれぞれにひとつずつコンテンツを作らせることでキーワード重複を予防することができるかもしれません。しかし、同じお店を紹介する場合は担当が変わってもかぶってしまう恐れがあるので、ひとつのお店に対してひとつのコンテンツにとどめておくことをおすすめします。

転職関連のウェブサイトも要注意

 今の時代はひとつの職場に長く勤めることにこだわらない人が増えてきており、少しでも条件のいいところがあれば積極的に転職する傾向にあります。そのため、転職に関するウェブサイトのアクセスは非常に多いのです。今はまだ転職を考えていないけれど、条件がいいところを探すためにアクセスするという方もいるぐらいです。

アクセス数が多いからこそキーワード重複にじゅうぶん気を付けてコンテンツを作り上げていかなければならないわけです。

例えば、「これがパワハラの現実!実際にあたった本当の話」「声を荒げる上司から逃げたいとき」このふたつはタイトルこそ違えども内容が同じになる可能性が否めません。しかし、キーワード重複ばかり気にしすぎるとコンテンツを増やすことが難しくなります。

そこで、この場合は「これがパワハラの現実!実際にあたった本当の話」こちらではパワハラ上司に関する体験談を、「声を荒げる上司から逃げたいとき」こちらではパワハラ上司から逃げるために転職を選ぶのもあり、という内容に仕上げていけば内容が重複しないコンテンツができあがりますので、Googleからみたときに悪意を持って似たコンテンツを作っているとはみなされませんので安心です。