ユーザーが欲しい情報を入手できるサイト作りには、いくつかの施策があります。それは、ユーザーが満足できるサイトの構造とするSEO対策を取ることです。ユーザーから支持を得ることができる優良なコンテンツとなるSEO対策のポイントを抑えて、競合サイトに負けない優秀なサイト作りをしましょう。

ユーザーが欲しい情報を入手できるサイト構造を作るSEO対策について、わかりやすくご紹介していきます。

HTMLソースコードを整備する

ソースコードの整備により、よりユーザーに的確な情報内容を伝えることができます。ソースコードを使ったサイトは多くありますが、ポイントを掴んだ内容となっていない場合が大半です。ユーザーに伝わりやすいサイト画面の構造は、以下のポイントを抑えて設定しましょう。

HTMLタグを正しいルールに沿って使う。SEOに有用なHTMLタグは?
記事を作成するときは、文章を書くだけではなく、検索エンジンへ文章の意味を正しく伝えるために、HTMLタグを用いましょう。タイトルタグだけではなく…

タイトルの最適化方法

タイトルは全角で30文字程度とし、必ずキーワードを入れます。デバイスやブラウザにより表示できる文字数は変わりますが、パソコンの場合は30~35文字、スマートフォンは35~42文字程度の表示となります。この際、キーワードの詰め込み過ぎは興味度を下げてしまうことがあるので、絶対に止めましょう。

また、各ページのタイトルはユニークな内容にすることにより、ユーザーが興味を持って読んでもらうことができます。タイトルの内容は、アクセスすることでユーザーが解決できることを伝えるようにしましょう。タイトルというのは検索結果に表示されるので、クリック率に大きな影響を与えます。

各見出しの最適化方法

Hタグは、掲載するコンテンツを区切ることができるので、コンテンツの構造の整理となります。整理されているコンテンツは、ユーザーが読みやすい状態となり理解しやすくなります。

h1タグが大見出しとなり、以降h1~h6まで数字が小さくなるほど小さな小見出しとなります。小見出しの中で1番重要なのがH2タグとなります、サイトの検索順位が上がらない場合、ユーザーも見てくれないということになるので、欲しい情報が手に入らないサイトとなります。この場合、上位の競合サイトの内容をチェックして、hタグの比較をしましょう。自分のサイトとの違いがわかり、ユーザーにアクセスしてもらえるコンテンツ構造へ修正する手掛かりとすることができます。

h1タグとは?h1タグは重要なタグだけど文字数や理想的な書き方はあるの?
h1タグとは? h1タグと気になるSEOとの間柄 ウェブサイトを運営しているなら、SEO対策に余念がないことでしょう。その中でもh1タグは特にウ…
h2タグとは?h2タグでウェブサイトを見やすく目次を作り、ユーザーに好まれるサイト作りを
h2タグとは? h2タグはどのぐらい重要? 知名度を上げるため、利益を上げるため、世の中に役立つ情報を広めるため、様々な理由からウェブサイトを立…

紹介文の最適化方法

紹介文(descriptionタグ)は、検索結果に表示となるページ紹介の文章です。
メタディスクリプションとは?メタディスクリプションを正しく書いてサイトの説明をしよう。
メタディスクリプションとは? メタディスクリプションの役割 ウェブサイトに一人でも多くのユーザーがアクセスしてくれるように日々奮闘中の担当者にと…
メタキーワードとは?メタキーワードは必要なのか?キーワードを何個入れるべきか。
メタキーワードとは? メタキーワードは大切ではない? ウェブサイトを運営している以上は、できる限りライバルに負けたくない、ライバルより優位な立場…

自然な内容で課題の解決ができることを伝える内容とし、120文字以内にしましょう。クリックした後に表示されるページの内容を記載し、アクセスすることでユーザーが抱えている課題を解決することができることを伝えます。

紹介文というのは120文字と短いので、どんなことを内容に取り入れるべきなのか困ってしまう方もいると思います。例えばゲームのサイトの紹介分の場合、攻略方法やボスの弱点、適正なキャラクター、入手可能なアイテムなどのアクセスがあることで、ユーザーが興味を持ってくれます。何をユーザーが求めてページ検索をしているのかを良く考えて、応えてあげる紹介文としましょう。

検索ユーザーが目的の内容にたどり着きやすい構造とする

知りたい情報を検索していると、何度もクリックしないと目的の情報までたどり着けないサイトがあります。これではGoogleもわかりにくく、検索ユーザーにもわかりにくいサイトとなってしまいます。結果、知りたい情報までたどり着く前にユーザーが離脱してしまうことは少なくありません。

クリックは2クリック以内として、目的の情報までたどり着くことができる構造としましょう。シンプルな構造にすることで、検索ユーザーへ欲しい情報を的確に伝えることができます。

ほしい情報に簡単にアクセスができる構造

ユーザーが欲しい情報を的確に伝えるためには、迷わず目的の内容にたどり着くことが出来ることが大事です。情報が欲しい場合様々な検索をしますが、その際に上手なリンク設定にたどり着くことがあります。

以下のようなリンクを貼ると、ユーザーがスムーズに目的のページにたどり付くことができます。

  • ナビゲーションをたどることでお店の検索ができる
  • 関連記事を使った情報収集
  • 一緒に購入されていることが多い商品をチェックして商品をセットで購入する

以上のような3つのリンクというのは、よく見かけるリンクであり非常に便利です。

ユーザーの興味がどんどん沸いていき、満足できる検索とすることができます。ニーズが強い情報リンクやおすすめできるリンクは、一目でわかるように設計して表示しましょう。

注意すべき点は、リンクをクリックした後にユーザーのイメージとは違うページに移動してしまうことです。この場合、ユーザーの思いを受け止めて設定したリンクではない証拠となるので、ユーザーの立場になって欲しい情報のページをリンクするようにしましょう。

また、上手なリンクの設計というは、Googleに重要なページを伝えることができるシグナルとすることもできます。