SEO対策の中で大事となるコンテンツ作りは、簡単そうで難しい作業です。実際にコンテンツを書いてみても、相手に伝わるのか疑問に思う方は多いと思います。読みやすく伝わりやすいコンテンツ作りというのは、コツがあります。

どのようにすると読みやすいコンテンツとなるのか、様々なコツをご紹介していきます。

最初に結論を書く

読みやすさへと繋げるためには、結論から文章を書きます。その理由は、何を伝えたい文章なのかを相手に最初に伝えることにより、この先の内容を理解した上で読み進めていくことができ、それが読みやすさとなるからです。

結論がわからない状態で読み進めていくと、「結局何が言いたかったのか?」と思ってしまうことがあります。

結論から書くとユーザーが離脱するのではと思う方もいるようですが、実際はそうではありません。最後に結論を持ってくると文章を読み続ける集中力が欠けてしまうので、結果離脱してしまう方もいます。読み進めてもらうためには、結論から文章を書きましょう。

一文は短くし1つの情報のみを取り入れる

文章を書くのが苦手な人は、一文を長く記載してしまい情報を詰め込みたいだけ詰め込んだ文章を書いている方が大半です。沢山の情報を一文に入れると、わかりやすく見えるかもしれません。しかし、相手には読みにくい文章となり、伝えたい内容が伝わりにくくなってしまいます。長い文章というのは、読んでいる相手は疲れてしまいます。そのため、最後まで読み進んでもらえないことが多くなります。

一文は短い長さで作成することを意識し、情報は1つのみを取り入れるようにしましょう。短く1つの情報のみが記載されている文章にすると、グッと読みやすい文章となります。一文当たりの文字数は、40~60文字が理想と言われています。

同じ語尾を続けない

文章を書いていると、同じ語尾が続く場合があります。同じ語尾が続くと読みにくくなってしまい、相手に知識のない文章と感じさせてしまうことがあります。

同じ語尾が続いた文章を読むと、読みにくいです。相手が読みやすい流れにするためには、語尾の使い方を少し意識して作成してみましょう。

文章の語尾のほとんどが、「です」「ます」です。しかし、です・ます調の語尾でも、「~ます」「~なのです」「~でしょう」など、様々なご尾があることがわかります。文章を作成したら同じ語尾があるかどうかをチェックし、他の語尾に変えてみましょう。

難しい漢字や言葉を使わない

パソコンで変換しながら文章を作成していると、難しい漢字に変換してしまうことがあります。難しい漢字というのは読みにくさを作ってしまい、内容が伝わりにくくなってしまいます。また、読みにくい文章というのは進めて読んでいく意識をなくしてしまい、離脱へとつながることもあります。

難しい漢字というのは、普段目にしない感じです。自分で実際に書くことができない漢字は、使わないようにしましょう。また、普段耳にしない言葉や表現も、なるべく避けて文章を作りましょう。

見出しをつける

見出しを付けることで、大まかな内容を把握しながら文章を読み進めることができます。見出しを適切に配置して、伝わりやすいコンテンツ構成としましょう。

見出しをつけることは、SEO対策でも重要と言われているポイントです。

見出しをつけずに、長く書いているサイトを見かけることがあります。ただ長く書いているだけのように見えて、読むことに疲れてしまいます。頭に内容が入りにくくなってしまうので、読みやすいコンテンツとはいえません。

関連する画像を付ける

コンテンツに画像を付けることにより、記事を読まなくても内容のイメージが付きます。どのような記事内容なのかが把握しやすくなり、読みやすいコンテンツとすることができます。記憶に残りやすい記事となるので、ユーザーがまた閲覧したいと思うサイトとすることも期待できます。

また、文字だけではユーザーは疲れてしまうので、画像があると疲れにくい状態で文章を読み進めることができます。

関連する画像を付けて、読みやすいコンテンツとしましょう。例えば、旅行の記事であれば楽しく旅行している画像を取り入れたり、記載ある観光地の画像と取り入れると良いでしょう。

目次を付ける

コンテンツに目次を付けると、ユーザーがストレスなく読み始めることができます。記事全体の内容の把握ができるので、どこまで続くコンテンツなのかという不安を無くすことができます。目次を確認して目当ての内容にたどり着くこともできるので、目的に対する達成感も高まります。

目次があることで、文字数が多い記事でも飽きずに読み進めることができます。例えば、1万文字ある記事は長い記事ですが、目次があることで文字数の長さのストレスを感じずに済みます。

また、目次からリンクを貼ってあげることにより、ユーザーが矯味を持つ情報に効率的にたどり着くこともできます。