コンテンツというのは、ユーザーが求めている内容にすることが重要です。ユーザーが知りたかった内容を知ることが出来るコンテンツは、良質なコンテンツとGoogleに評価されるので、目を向けるべき重要なポイントです。ユーザーが求めている情報の提供をしっかりと取り入れて、アクセス数が高い人気のコンテンツとしましょう。

ユーザーが求めている情報の提供をしっかりと取り入れるSEO対策について、わかりやすくご紹介していきます。

Googleが考えるユーザーファーストのコンテンツ

Googleは、ユーザーファーストのコンテンツ作りを求めています。ユーザーファーストのためにGoogleが検索順位を決める上で重視しているポイントは、コンテンツの質の高さです。

検索ユーザーに対して優れた検索結果を提供したいというのがGoogleの考えであり、検索ユーザーに対して有益となるコンテンツであるサイトを検索上位化としています。SEOに従っているサイトの運営者は、常に独自性があってユーザーに役立つコンテンツ提供を意識することが重要となります。

Googleのヘルプの中ででは、最低限行うべきSEO対策の提供として「「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」の提供を行っています。以下のような内容が記載されていますので、自分のコンテンツと照らし合わせてチェックしてみましょう。

  • 独自情報はあるのか
  • 独自の報告はあるのか
  • 独自調査の内容はあるのか
  • 独自分析の内容はあるのか
  • 興味深い情報の提供
  • 引用を使う際にコピーや書き換えのみではなく付加価値を付けているか
  • 誰かにおすすめしたい内容になっているか
  • 情報源の出どころの明確さ
  • サイト運営者の情報の掲載
  • 誤字脱字の有無
  • デザイン崩れの有無
  • 関係ない広告の表示の有無
  • モバイルでコンテンツを表示する際に適切に表示になるか

ユーザーが求める情報提供とするために目を向けるべきポイント

ユーザーが求める情報提供とするために目を向けるべきポイントは、以下が挙げられます。

検索意図を捉えたコンテンツ作り

検索意図を捉えていないコンテンツは、ユーザーが求めている情報提供がしっかりできていない状態です。実際に検索をし、上位に表示されるコンテンツを確認してみましょう。検索意図をとらえることができるので、ユーザーが求める情報提供可能なコンテンツにできることが期待できます。

検索意図は、知りたいことや行きたいところ、買いたい、やりたいということをインデントとして認識するだけでは物足りない状態になってしまいます。そのインデントの裏まで読むことにより、より精度の高い検索意図とすることができます。

例えば骨折で手術をする方がネット検索する場合、実際に経験された方からどのような声が挙がっているのかを知りたいと思います。検索ワードを「骨折 手術」と検索すると、「骨折の手術方法」や「骨折の手術時間」「骨折で手術した際の入院日数」「骨折で手術した際のリハビリ」などが上位に出てきます。これらの検索内容をチェックした際、「麻酔が切れた後の対策」や「傷口の治癒」「痛みの対策」などを知った上で手術に臨みたいと思う方もいらっしゃいます。

これが、インデントの裏を読むという考え方です。インデントの裏を読むことにより、どのような内容のコンテンツとすればユーザーが求めている情報が提供できるコンテンツとすることができるのかが把握できるようになります。

検索上位のコンテンツの網羅的にユーザーが求める情報提供をチェック

ユーザーが求めている情報提供ができているコンテンツなのかを、チェックしましょう。検索上位表示されているコンテンツの内容を見て、情報の網羅的な状態を確認するとヒントが見えてきます。

検索上位表示となっているコンテンツというのは、Googleから質の高い優秀なコンテンツと評価されています。そのため、内容も網羅的であると評価されている可能性が高いといえます。

細かく確認して、どんな情報がどの程度あることによりGoogleに評価されているのかをチェックしましょう。このチェックはあくまで参考に行うことなので、内容をコピーして使わないようにする事が大事となります。

専門的で独自性が高い情報のコンテンツとする

検索ユーザーを意識して、独自性あるコンテンツの作成をしましょう。検索ユーザーが求める専門的で独自性が高い情報のコンテンツとは、以下の2つが挙げられます。

  • 専門性あるコンテンツ:専門的な内容が記載されており、公的期間などの専門的な調査結果が盛り込まれている。
  • ユニーク性あるコンテンツ:コンテンツの筆者の考案や実体験が、盛り込まれている。

この2つのポイントを取り入れることで、事実や実体験に基づいている正確な情報が発信されているコンテンツとなり、ユーザーが求めている情報提供がしっかりとできるようになります。

ユーザーに興味を持ってもらうために事実とは異なる内容を記載したり、信ぴょう性が低い情報が記載されているコンテンツも少なくあります。そのようなコンテンツではユーザーが求めている情報提供とならないだけではなく、不利益なサイトとGoogleに判断されてしまいます。そのため、検査順位を大幅に落としてしまうことに繋がります。

ユーザーが求めている情報提供がしっかり記載しており、その分野における専門的な内容として役立つコンテンツ作りをしましょう。