共起語とは?

Googleクローラーに認めてもらう難しさ

ウェブサイトの管理者にしてみればGoogleクローラーがまわってくるたびドキドキすることでしょう。訪問者のためになるようなコンテンツにしっかり仕上げたはずなのに、なぜかGoogleクローラーはそれを認めてくれない、そんな現実に打ちのめされることもあるでしょう。

Googleクローラーは人力で動いているのではなく、プログラムによって動いているのでそこに文章から伝わる感情や意味合いを汲み取るのが苦手です。人間ならば、その言葉や文章の裏にこんな思いが隠れているのだろうなどと想像できますが、Googleクローラーにそれはできません。だからこそ、コンテンツ作りに頭を悩ませるわけです。

共起語に関しても、しっかり作り上げることでGoogleクローラーに認めてもらえますので、共起語をどのように選んで作っていけばいいのか、作り方の方法などもこの機会に知っておくといいでしょう。

共起語を使うとどんなメリットがあるのか

なぜ共起語の使用がおすすめと言われるのか、そのメリットを紐解いていきましょう。まず、共起語そのものがGoogleクローラーからの評価をアップさせるのかというと、これは少し違います。

共起語とは、軸となるキーワードで検索したとき、そのキーワードに関係が深いキーワードを意味しています。

そのため、ひとつのキーワードではなく別のキーワードと一緒に検索したときに共起語を盛り込んで作られたコンテンツがヒットしやすくなるというわけです。共起語を使うことで1ページ目に表示されやすくなるのであれば、軸となるキーワードに適した共起語がなんなのか、徹底的に調べ上げて充実した内容のコンテンツ作りに励む時間は無駄にはなりません。

共起語を使えば伝わりやすい

Googleクローラーはプログラムによって動くので、文章の深いところまでなかなか理解できないと言われていますが、昔に比べるとだいぶ読み解けるようになってきました。Googleクローラーはどんどん進歩しているので、訪問者だけでなくGoogleクローラーにも伝わりやすいコンテンツ作りを意識していきましょう。

共起語を使えば、検索して訪問した来た人がそのウェブサイト一ヵ所で満足できるぐらいのコンテンツ作りが可能になります。ですから、ただ軸となるキーワードと共起語をダラダラ並べるだけでは訪問者はすぐに他のウェブサイトに移動してしまいます。共起語を盛り込むなら、訪問者に役立つ、内容のあるコンテンツ作りを心掛けていきましょう。

共起語の調べ方

共起語検索

共起語を知りたいなら、ツールと使うととても簡単に調べることができます。共起語検索は、お金をかけずに使用できるツールです。軸となるキーワードを入力すると、Googleの検索で共起語として認識されているキーワードが上位50個ほど調べることができます。インターネットは常に進化しているので、共起語検索もそのたびにグレードアップしていて、定期的に最新のプログラムをリリースしています。常に新しい共起語を調べることができるので、ウェブサイトのコンテンツ作りに共起語を盛り込みたいなら、共起語検索を使えば理想的なウェブサイトに仕上がるはずです。使い方はとても簡単なので、ウェブサイト運営初心者の方でも楽に使いこなせるでしょう。

共起語調査ツール

こちらも無料で使えるツールです。Google検索の共起語だけでなく、ヤフー検索の共起語も見つけ出してくれるので、より多くのネットユーザーに対してアピールするなら共起語調査ツールを使ってみてはいかがでしょうか。無料ツールではあるものの登録が必要になり、ログインして初めて使えるようになります。高い精度のツールを使いたい方におすすめです。

Findword

Findwordは共起語を調べてくれるのはもちろんのこと、管理しているウェブサイトを加えると、そのウェブサイトに不足しているキーワードを教えてくれるという優れたツールです。もちろん無料で使えます。インターネットは常に新しいものが誕生していますので、その都度自力で新しい共起語を導き出すのは至難の業です。でもFindwordを使えば難なく調べることができます。会員登録不要での利用が可能です。

Findword(※現在、サイトが表示されません。)

 

ミエルカ共起語ツール デモ

こちらも無料ツールですが、デモなので正式な共起語ツールではありませんが、無料で使えるので使い勝手がいいと感じたならばぜひ試してみてはいかがでしょうか。他に紹介したツールと大きく異なるのは、ファベルカンパニーと国立大学が共同で研究して作り上げたものです。まだ開発途中のようですが、できるだけ高い精度で共起語を抽出することと最終目標にしていますので、いまよりもさらにグレードアップする可能性の高いツールと言えます。

ほかのツールもすべて無料ですから、実際に試してみて一番使いやすいものをメインにするといいでしょう。

ミエルカ

共起語の選び方

共起語ツールを賢く使おう

せっかく無料で高性能な共起語ツールを使えるのですから、賢く使って効率よくウェブサイトを運営していきましょう。まずひとつは、ニーズに合った共起語を分析です。共起語として見つけ出したキーワードの中でも、すでに世の中に広く浸透しているものもあれば、これから関心が高まるであろうキーワードも含まれています。そのため、先見の目をもってニーズをいち早くキャッチして分析することが大切です。

もうひとつは作り上げたコンテンツに何が不足しているか、これを分析することで中身の濃いコンテンツを作ることができます。先ほどご紹介した無料ツールの中にそれを分析できるものがありますので、今よりももっと内容の充実したコンテンツを誕生させましょう。

共起語を詰め込み過ぎるのは危険

いくらたくさんの情報を配信したいからといって、共起語を入れ込み過ぎるのは危険すぎます。なぜなら、情報過多状態になり、結局何がいいたいのだろうと混乱させてしまう恐れがあるためです。それは相手がネットユーザーでもGoogleクローラーでも同じです。

相手がネットユーザーだと、このウェブサイトは何が言いたいか分かりにくいし使い勝手が悪そうだからと言って、そのまま回れ右をして、おそらく戻ってくることはないでしょう。Googleクローラーは、プログラムによってコンテンツを解読するとき、文章の成り立ちがゴチャゴチャしているために解読できず、このウェブサイトは質が悪いと判断し、最終的に検索結果の後方に追いやられてしまう可能性がでてきます。

共起語を使うときは、できるだけ内容はシンプルに伝わるよう心がけていきましょう。

共起語を使うコツは「ほどほどに」

少しでもアクセス数を伸ばすために共起語は重要な役割を果たしてくれますが、だからといって軸となるキーワードがぶれてしまうほど共起語を盛り込む必要はありません。共起語を取り入れるときは、ほどほどを意識するといいでしょう。

ツールを使って共起語を見つけ出したら、まずはその抽出したキーワードが今まさにトレンドなのか、それとも古いものなのか調べてください。古いものだとすでにほかのウェブサイトでも多用している可能性がありますので、これからトレンドになるであろうと予測できる共起語をほどほどに取り入れながら、訪問者に有益になるようなコンテンツ作りに励んでみてください。

共起語ツールは無料で使えますし手軽なので、つい頼りすぎてしまう傾向にあるので、あくまでも軸となるキーワードが一番重要であることを忘れないようにしてください。