リンク切れはなかなか気づきにくいことであり、放置してしまう方も少なくありません。リンクが切れてしまうと、サイトの質が下がってしまい低品質なページとなってしまいます。リンク切れが発生してしまうことには、原因があります。リンクが切れてしまう原因とリンク切れを回避できる方法を把握し、リンク切れが発生しないよう注意して管理して運営していきましょう。

リンク切れの発生原因や無くす方法について、詳しく解説していきます。

リンク切れで受けてしまう影響

リンクを設定することにより、関連しているホームページへ自由に行き来することができます。誰でも遭遇した事があるリンクですが、クリックしても移動ができないことがあります。この状態が、リンク切れです。

アクセスしても移動できない場合、アクセスユーザーに迷惑がかかってしまいます。そのため、リンク切れは絶対に起こさないようにすることが大事となります。

また、リンク切れはアクセスユーザーへの迷惑だけでは済みません。

リンク切れとなっているのは検索エンジン側も把握するので、リンク切れが多く発生するホームページは管理がきちんとできていないホームページと判断されてしまいます。検索エンジンというのは、定期的に管理されているホームページがアクセスユーザーに悪に立つと判断するので、検索者の目に付く場所に表示させようとします。管理が乏しいホームページは検索エンジンに良い判断をされないので、検索上位には行けないホームページとなってしまいます。

そのため、ホームページの管理者は、リンク切れを起こさないようにホームページを管理することが絶対条件となります。

リンク切れの発生原因の対処方法

リンク切れが発生してしまうのは、以下の2つの原因が考えられます。

リンク先のURLの間違い

リンク先のURLを間違って記載してしまうのは、単純なミスでのリンク切れ状態です。リンク先設定の際に、間違ったURLをコピーしたり、別のURLを記載してしまうことは少なくありません。

この間違いを防ぐためには、リンク設定後に自分で実際にクリックして正しいリンク先が表示されるのかを確認することです。このチェックにより、間違いによりリンク切れを防ぐことができます。

リンク先のホームページの移転や閉鎖

インターネットの世界では、急にホームページが無くなることは少なくありません。閉鎖することを予告することは少なく、突然閉鎖してしまいリンク切れとなってしまいます。その他、リンク先のホームページが移動してしまった、URLが変わったというケースもあります。

このリンク切れは相手側の理由により発生してしまいますが、自信のホームページの管理は自信に責任があるので、細かいチェックをする必要があります。定期的にリンク先をクリックして、存在しているホームページなのかを確認しましょう。

リンク切れチェックツールの利用

リンク切れは1つ1つチェックしていくこともできますが、リンク先が多い場合多くの手間となってしまいます。そこでおすすめなのが、リンク切れをチェックしてくれるツールを利用することです。どのような便利なチェックツールがあるのか、ご紹介していきます。

WordPressのプラグイン「Broken Link Checker」

WordPressを使っている方は、「Broken Link Checker」を使って便利にリンク切れのチェックができます。「Broken Link Checker」は、サイトの中にリンク切れがないのかを定期的にチェックすることが出来るプラグインです。チェックされた結果名は、Wordプレシの管理画面に表示されます。

Broken Link Checkerとは?Broken Link Checkerの機能や設定方法
Broken Link Checkerとは? ウェブサイトを運営している場合、記事の投稿数が多くなってくると、記事内のリンクが切れている事に気が…

5つのリンクのエラーがあった場合「5のリンクエラーを発見しました」と表示となります。「5のリンクエラーを発見しました」の部分をクリックすると、それぞれのエラーの詳しい情報が表示されます。

リンクチェッカー

もっともメジャーなリンク切れチェックツールであり、サイトのURLを入力することによりチェックしてくれます。使い方は簡単なので、慣れていない方でも簡単に使うことができます。URLを入力する欄にサイトのトップページのURLを入力して、「チェッく」ボタンをクリックします。エラーが発生している場合、「エラー詳細」の中にエラーの内容が表示となります。

リンク切れしていなくても注意すべき重要ポイント

リンク切れしていない場合でも、注意すべき点があります。それは、リンク先のホームページの内容が全く違う内容に変わってしまうことです。リンクさせることは、自信のホームページの内容を充実化させる為に行います。しかし、内容が全く異なるホームページになってしまった場合、リンクする意味がなくなってしまいます。ユーザーがリンクして全く関係のない内容が表示されてしまうと、管理されていないホームページと認識されてしまいアクセス数が低くなってしまいます。

リンク先のホームページの内容は、定期的にチェックしましょう。リンク当初の内容とかけ離れている場合は、リンクを止めましょう。