AI-OCRの導入で作業効率がアップし、スタッフの負担が減らせると思っていたにもかかわらず、実際には導入前と導入後の作業量、作業時間に大差がない、あるいは不慣れなAI-OCRによって手間や負担が増えたという企業は少なくありません。

順調に稼働すればAI-OCRで作業効率を向上させることは可能ですが、これまでのAI-OCRでは設定に時間がかかり過ぎるという弱点がありました。

しかし、ネットスマイルのAIスキャンロボは、その弱点を克服し、AI-OCR導入の目的である作業効率アップアップ、コスト削減を実現、導入企業の負担を増やすことはありません。

ここでは、AIスキャンロボの特長や導入によってどのようなメリットがあるのかについて、詳しくお伝えしていきます。

「AIスキャンロボ」とは

AIスキャンロボは手書きされたメモや定型文書、請求書など文書の種類を問わず認識でき、AIによるノイズ除去や画像の自動修正なども可能となっています。

また、RPAやERPシステム、会計システムとの連携で企業が抱える課題を解決、事務作業を効率化することでコスト削減を行うこともでき、働き方改革を推し進める企業でも多数導入されています。

開発を手掛けたのは専門的な知識と高度なプログラミング能力を持つエンジニアで、これにより従来よりも遥かに高度な認識精度と容易なテンプレート設定が可能になっており、AI-OCR導入を検討している場合の選択肢の一つとしておすすめであることは間違いありません。

AIスキャンロボの特長

・ネットスマイル独自のAI-OCR

ディープラーニングを用いたネットスマイル独自のAI-OCRプログラムによる高精度の文字認識率を実現、AIスキャンロボが誤認識したテキストを編集画面から修正することによる継続的な機械学習で文字認識率が向上します。

複数枚のファイルも漏らさず読み取ることが可能で、ページ番号を記載した1シートのCSVファイルへの出力もできるため、読み取り後の確認も容易です。

文字認識範囲を座標で固定せずAIによる自動判別を行うため、座標ズレを防ぐことができます。

また、パターン学習読み取り機能、データベースマッチング機能が搭載されているので、チェックボックスや選択式などのファイルを読み取り、テキストデータに変換したり、事前に登録済みのデータベースから最も近いものを選び誤認識を解消することも可能です。

日本語だけでなく英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語にも対応した多言語AI-OCRのため、グローバル展開している企業でも導入可能です。

・ユーザーフレンドリーなインターフェース

AIスキャンロボは、手間のかかるテンプレート作成を全て代行、ユーザーフレンドリーなインターフェース装備でマウスでの各種設定なども簡単に行えます。

専門的な知識がなくてもマウスによる直観的な操作によるテンプレートの作成、修正が可能で、後処理ルール機能を利用すれば、読み取り後のデータを扱いやすい形式に変換することもできます。

・複雑な形式の帳票に対応

表組の列内の指定した列を1行おきに読む、1ページ内に複数の表組があり、縦、横両方で組まれた表がレイアウトされている場合にも各表の詳細、合計値を読み取り項目単位でCSVの1列に出力など複雑な形式の帳票も扱いやすいデータとして変換可能です。

また、複数段で1行になる表組、明細内容によって3段、5段と段数が異なる場合でも、必要な値のみを読み取ることがで来ます。

・テンプレートの自動判別

ファイルの処理を行う際に使用するテンプレートを手動で設定すると手間がかかりますが、AIスキャンロボはフォーマットが異なる帳票も一度にスキャンするだけでテンプレートを自動的に識別する機能が搭載されているので、設定の必要がありません。

また、AIがスキャン画像のノイズ除去などの自動補正を行うことで、読み取り精度をさらに向上させます。

・トライアルから利用可能な充実のサポート

トライアルでの利用時からカスタマーサクセスによるサポートを受けることができるため、テンプレートの設定、基本操作で困ることはありません。

また、システムは週1回バージョンアップが行われており、常に最新かつ使いやすさを追求したサービスが提供されます。

AIスキャンロボの導入事例

「複雑なフォーマット設定にも対応可能」総合物流業者

煩雑な通関業務に加え、紙媒体でのやり取りが多いことから通関士の意見を取り入れ、ユーザー目線でのシステムを提案。

荷主に代わって通関業務を行うため、帳票の種類が多様でテンプレートを決めることができないため従来のOCRでは対応が難しかったため、AIスキャンロボを導入。

導入の決め手となったのはユーザー自身が読み取りカ所の設定を行えること、複雑なフォーマットにも対応可能であったこと。

通関業務の基本は船積書類などのPDFをプリントアウトしたものを見ながらのチェックで、紙媒体がベールとなるため通関のための準備には膨大な時間がかかっていたが、AIスキャンロボはマウス操作で簡単に帳票設定ができるため従来よりも約1/3の時間短縮が可能になった。

「必要な機能に絞ってリーズナブルに導入」 会計事務所

会計事務所では資料を打ち込んで申告書を作成するという人の手による作業が多く、資料を読み込む工程での自動化を検討していた。

これまで手打ちでしか対応できなかったものが、文字情報の読み取りによって対応可能になれば良かったため、必要なのは文字情報を取り込む機能のみ。

高機能、高価格のサービスが多い中AIスキャンロボは必要な機能をリーズナブルに利用することができたため導入を決めた。

単純作業をAIスキャンロボに任せることができ、スタッフは顧客対応などの業務を行うという分担ができるようになったことで業務の効率が上がった。

「日本語読み取り精度の高さ・レスポンスの早さが決め手」 食品飲料会社

顧客からの発注書を基幹システムに入力する方法の改善を検討している中で、AIスキャンロボに決定。

以前は自社の標準ツールを導入していたものの、海外仕様のため日本語の読み取り制度が不十分で、日本の商習慣への対応も難しかった。

AIスキャンロボは受注、請求という基幹系の業務と相性が良く、イニシャルコスト、ランニングコストにおいてもリーズナブルなうえ、ネットスマイルへの問い合わせや読み取りテスト依頼へのレスポンスの早さも決め手となった。

て入力がなくなり処理時間が短縮、発注内容の誤入力もなくなったため正確性も向上した。

現在はトライアルも含めて3つの部署で利用中。

AIスキャンロボの基本スペック

ソフト名 AIスキャンロボ
提供会社 ネットスマイル株式会社
対応言語 日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・タイ語
無料版 なし(導入前の無料読み取りテスト可)
AI搭載
対応OS
導入企業 りそな銀行、ネスレ日本株式会社、株式会社住友倉庫、東京大学、三菱食品株式会社など多数
利用対象 法人
価格 要問合せ
特徴 テンプレート自動識別機能、オートセグメーション機能

ネットスマイルの企業情報

会社名 ネットスマイル株式会社
(英語表記 : Net Smile, Inc.)
設立 2013年10月25日
所在地 東京都文京区湯島4-1-11 南山堂ビル3F

資本金 1億1500万円