大学生が起業する強みは、次のようなものがあります。

・バーンレートが低い
・優秀な人材を集めることができる
・自由な時間を沢山作ることができる
・大学の校舎を活用できる
・同年代のユーザーにアプローチしやすい

まず毎月使うお金バーンレートが大学生の場合には、低いです。その分資金を広告や外注費に回すことができるので、ビジネスを展開しやすくなります。

また別の強みとしては、優秀な人材を集めやすいとうことがあるのです。人材を探している時に友達が見つかることもありますし、友達の友達がベンチャー企業で働いていて紹介してもらうこともできます。

大学生の強みとしては、自由な時間を沢山つくることができるというものです。社会人の場合、会社の前後か土日しか時間を取ることができませんが、大学生であれば自由な時間が沢山あります。

別の強みとしては、大学の校舎を活用することができるというものです。社会人の場合、打ち合わせスペースを確保したり、開発スペースというものが必要になりますが、大学生の場合校舎を活用することができます。

最後の強みとしては、同年代にアプローチすることができるというものです。

世界で大学生が起業して成功した例は沢山あります。例えばFacebookは、マーク・ザッカーバーグ氏がハーバード大学在学中に創業したものです。はじめは、ハーバード大学内の交流のためのツールでしたが、今や世界中の人が利用するSNSとなっています。

大学生で起業する強みは、バーンレートが低いこと

大学生で起業する強みは、以下のようになります。

・バーンレートが低い
・優秀な人材を集めることができる
・自由な時間を沢山作ることができる
・大学の校舎を活用できる
・同年代のユーザーにアプローチしやすい

それぞれ見ていきましょう。

大学生で起業する強み・メリット5選

まず一つ目は、バーンレートが低いというものです。バーンレートとは、毎月どの程度お金を使うのか、その金額のことをいいます。スタートアップ前の社長の給料は、月20万~30万程度であると言われていますが、大学生の場合、最悪0円でも問題ありません。最低でもアルバイトで稼ぐくらい必要だとすれば、10万円くらいあれば十分です。

バーンレートが低い分、広告費用や外注費などビジネスを回すためにお金を使うことができます。

2つ目の強みとしては、優秀な人材を集めやすいというものがあります。同じ大学生で友人だったり、「友人の知り合いでベンチャー企業でエンジニアとして働いている友達がいる」など比較的人材を集めやすい環境にあるのです。

3つ目の強みとしては、自由な時間を沢山作ることができるというものです。会社員であれば、仕事の前後や土日しか起業の時間を作ることができませんが、大学生であれば、沢山の自由な時間があります。

4つ目の強みとしては、大学の校舎を活用することができるというものです。大学の校舎でミーティングや開発、マーケティングを行うことができます。

5つ目の強みとしては、同年代のユーザーにアプローチすることができるというものです。大学生向けに、イベントやセミナーを開いて商品やサービスを提供することが可能になります。

大学生の起業成功例3選

大学生の起業成功例を紹介していきます。

【Facebook】
世界最大のSNSであるFacebookは、2004年マーク・ザッカーバーグ氏がハーバード大学在学中に創業したものです。Facebookはもともとハーバード大学内の交流のための媒体だったのですが、その後アイビーリーグの学生にも解放されるようになり、いまや世界中で使われるSNSになりました。

【株式会社Labit】
鶴田浩之氏が慶應義塾大学在学中(当時20歳)に創業した会社Labitは、フリマアプリ「ブクマ!」を運営しています。鶴田氏は、10代からWEBサービスを作り始め、16歳で起業をはじめてしてから4度の事業譲渡とM&Aを経験しているのです。

現在は、メルカリグループの経営に関わりながら、新規プロジェクトのオーナーとして活動しています。

【ソフトバンクグループ】
ソフトバンクグループの創業者である孫正義氏も大学生の起業家です。大学在学中に音声装置付きの多国語翻訳機の試作機をシャープに売り込み、1億円の融資を受けたという経験を持っています。その資金を元手にアメリカで事業を行い、帰国後にソフトバンクの前身となるユニソン・ワールドを立ち上げます。

まとめ

大学生が起業する上での強み・メリットは、以下のようなものがありました。

・バーンレートが低い
・優秀な人材を集めることができる
・自由な時間を沢山作ることができる
・大学の校舎を活用できる
・同年代のユーザーにアプローチしやすい

社会人のスタートアップ前の社長の給料は20万~30万円程度でしたが、大学生の場合には最悪0円でも困りません。アルバイトをする程度の収入があればいいのならば、月10万円あれば十分です。このように大学生の起業は、バーンレートが低いという強みがあります。

次の大学生の起業の強みとしては、優秀な人材を集めることができるというものです。必要な人材がある場合には、友達を紹介してもらえるかもしれないですし、友達の友達がベンチャー企業で働いていると紹介されるかもしれないのです。大学のネットワークは、広く使うことができます。

他の大学生の起業の強みとしては、自由な時間を沢山作ることができるというものです。社会人の場合、仕事の前後と土日しか時間を取ることができませんが、大学生の場合平日でも沢山時間を作ることができます。

他の大学生の起業の強みとしては、大学の校舎を活用することができるというものです。大学の校舎を使ってミーティング、開発、マーケティングなどを行うことができます。

最後の大学生の起業の強みとしては、同年代にアプローチしやすいとうものがあるのです。

大学生で起業し成功した例としては、例えばフリマアプリ「ブクマ!」を運営している株式会社Labiなどがあります。鶴田浩之氏が慶應義塾大学在学中(当時20歳)に創業した会社で、今やとておも大きな会社になっているのです。

大学生は、人生の中でも自由な時間が大量にある時期です。この時期に、自分の好きなことで起業してみてはいかがでしょうか?