Zoomは誰でも簡単に使えるオンライン会議アプリケーションで、本来ならば会議室に集まっていたメンバーが日本国内のどこでも、世界中のどの国にいてもオンライン上でのミーティングや会議が可能になります。

通常の業務で使用しているパソコンはもちろん、スマホやタブレットなどにもインストールできるため、多忙な営業マンにとって便利なツールであることは間違いないでしょう。

これまでにもZoomと同じような機能を持つアプリケーションはありましたが、Zoomはビジネスシーンでも活用できるよう最適化されており、リモートワークが推奨される中で一気に知名度を高めたと言えます。

ここでは、Zoomの特徴的な機能やビジネスシーンでの活用方法などについて、詳しくお伝えしています。

「Zoom」とは

Zoomは世界中の様々な国、企業で利用されているサービスで、日本でもコロナ禍におけるリモートワークの推奨で一躍注目を集める存在になりました。

オンライン上で大人数を集めることができるというZoomの特性を生かし、企業だけでなく個人でもZoom飲み会などが行われるようになり、その使いやすさと便利さを実感したという人も多いのではないでしょうか。

基本的な機能であれば無料で利用できる点もZoomが一気に認知度を高めた理由の一つで、有料プランであってもそれほど高価でないこともあり、導入を決めた企業は少なくないはずです。

無料、或いは比較的コストをかけずに業務を効率化したいと考えているのであれば、Zoomの導入は選択肢の一つとなり得ます。

Zoomの特長

・説明書不要のシンプルなUI

ZoomのUIは非常にシンプルで、誰でも説明書なしで使いこなすことができます。

高機能なツールを導入しても結局使いこなせないままというケースは、どんな企業にもありがちですがZoomであればそのような心配は無用です。

業務で使用しているパソコンやタブレットはもちろん、iPhone、androidなど日常的に使用しているデバイスを操作するだけなので、導入後すぐにWeb会議を始めることができます。

・高品質の安定した通信でWeb会議

どれだけ参加者の距離が離れていても、参加人数が多くてもZoomなら高品質の安定した通信でのWeb会議が可能です。

独自圧縮技術を採用することで通信の安定を実現、モバイル回線であってもビジネスユースに応えてくれます。

・優れたコストパフォーマンス

Zoomは無料版でもビジネスに利用可能で、お試し導入も容易にできます。

接続時間に制限のないライセンスを購入しても、従来のツールに比べると費用対効果が高くコストパフォーマンスに優れているうえ、ライセンスは会議主催者が持っていれば良いので、参加者全員分のライセンスを購入する必要はありません。

・チャット機能搭載

ミーティング開催中はもちろん、ミーティングが行われていない時でも使えるチャット機能を搭載、ファイルの送受信も可能なので、手軽な通信手段としても利用可能です。

・会議の録画や画面共有が可能

Web会議開催中は参加者と画面共有が可能、テキストや画像、音声などのファイルを資料として共有することもできます。

また、会議を録画しておくこともできるので確認事項などをあとで見返すことも可能です。

会議をクラウドあるいはローカルに自動保存する機能も搭載されているので、会議に参加できなかった人への個別説明や議事録の作成が不要になり、業務効率がアップします。

・参加者は最大1000名まで

1つのWeb会議に参加できる人数は最大1000名まで。

世界中とつなげた大規模なミーティングもZoomがあれば簡単に開催できます。
最大1,000名まで

Zoomの導入方法

Zoomは使い方だけでなく、導入も簡単に行えます。

これまでにWeb会議ツールを利用したことがない人でも、スマホやパソコンにアプリをインストールしたことがあれば、手順はすぐにわかるはずです。

なお、他の人が開催するWeb会議への参加の際には、Zoomアカウントへのサインインは不要で「ミーティングID」を入力すれば参加できます。

パソコン用のアプリはZoomの公式ホームページ、スマホアプリはiPhoneなら「App Store」、Androidなら「Google Play Store」からダウンロード可能です。

【Web会議の開催方法】

  1. ZoomアプリのWeb会議の画面を立ち上げる
  2. ミーティングへの参加方法を選択
  3. 「招待」ボタンをクリックして参加者を招待

Web会議の主催者として参加者を招待する方法の基本的なステップは3つだけです。

【Web会議の参加方法】

  1. Zoomアプリの「参加」ボタンをクリック
  2. 主催者から送られた「会議ID」または「会議室名」を入力
  3. 会議室内で表示する自分の名前を入力
  4. 「参加」ボタンをクリック
  5. カメラの表示ON/OFFを選択

以上で、招待された会議に参加可能になります。

Zoomの活用方法

Zoomは離れた場所にいるスタッフや取引先との会議以外にも、色々な用途に活用することができます。

・社内研修

研修参加者を一か所に集めることなく、社内研修を行うこともできます。

講師がホワイトボードに記述した内容を参加者に共有することで、目の前で研修が行われているのと同じような効果を得ることができますし、研修参加者に資料を共有したり、研修後に録画された内容を確認してもらうことも可能です。

また参加者を小規模なグループに分けられる「ビデオブレイクアウトルーム」機能を使えば、研修中にグループワークを行うこともできます。

ビデオブレイクアウトルームは1つで最大200人が参加可能なため、大規模な社内研修も容易に開催できます。

研修内容をクラウドに保存し、研修に参加できなかった人に共有することもでき、研修のための会場探しや参加者のスケジュール調整といった労力の削減も可能です。

記録として研修の内容を保存しておけば、受講者が自ら反復学習したいと思った時にも便利で、実際に顔を合わせる1回の社内研修よりも実りの多い内容になることも期待できます。

・オンラインセミナーの開催も可能

Zoomにはオンラインセミナーの開催が可能な「Zoom Webinar」というオプションがあります。

Zoom Webinarでは100人のユーザーをパネリストとして登録可能、最大で1万人の閲覧ユーザーにも対応可能となっているため、大人数を収容できる会場を準備することなく大規模なセミナーを開催することもできます。

セミナーの様子を「Facebook Live」や「YouTube」にストリーム配信することも可能で、1万人の閲覧ユーザー+αに対応できるセミナーが開催できるということです。

Zoomの基本機能

ソフト名 Zoom
最大参加人数 1000名まで
画面共有
録画
対応デバイス パソコン、スマートフォン、タブレット
ファイル送受信
対応OS Windows 10
Windows 8
Windows 8.1
Windows 7
SP1以降を搭載のWindows Vista
SP3以降を搭載のWindows XP
Mac OS X Lion 10.7以降を搭載のmacOS
Ubuntu 12.04またはそれ以降
Mint 17.1またはそれ以降
Red Hat Enterprise Linux 6.4またはそれ以降
Oracle Linux 6.4またはそれ以降
CentOS 6.4またはそれ以降
Fedora 21またはそれ以降
OpenSUSE 13.2またはそれ以降
ArchLinux(64ビットのみ)
料金プラン 基本(無料)
プロ(月14.99ドル)
ビジネス(10アカウントから購入可)(月19.99ドル)
企業(100アカウントから購入可)(月19.99ドル)
アプリケーション対応言語 英語、中国語(簡体字と繁体字)、日本語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語(Zoomウェブサイトのみ)
接続可能時間 無料版:1対1 無制限、3人以上 40分
有料版:時間制限なし

Zoomビデオコミュニケーションズの企業情報

会社名 Zoomビデオコミュニケーションズ
(英語表記 : Zoom Video Communications, Inc.)
設立 2011年
本社 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ