イースタンプは、クラウドスタンプや電子契約BANKなどの電子契約関連サービスを提供する株式会社E-STAMPが提供する電子契約システムです。

2019年の「ITトレンド年間ランキング」では、契約書管理システム部門資料請求ランキングで1位を獲得していることから、イースタンプに注目している企業の多さが伺えます。

ここでは、類似した電子契約関連サービスとイースタンプとの違い、どこが企業の注目を集めているのかについて詳しくお伝えします。

「イースタンプ」とは

イースタンプはGMO電子印鑑Agreeを基盤としたサービスで、システム自体は同じものを利用しています。

ログイン画面はGMO電子印鑑Agreeのページとなっていることからも、イースタンプが独自のシステムを使っているのではないことがわかるでしょう。

では、GMO電子印鑑Agreeとイースタンプは同じものかというとそうではなく、イースタンプにしかないサービスが追加されているため、どちらを利用したほうが良いかは企業によって変わってきます。

どのような企業にイースタンプがおすすめかというと、電子契約関連サービスの利用が初めてで、しっかりとしたサポートを必要としている企業です。

イースタンプには導入や利用の専用サポート窓口が設置されているだけでなく、書類作成のサポートや契約書の電子化に伴って社内外への説明が必要な場合に代行してくれるサービスもあります。

サポートが充実していれば導入後も安心、わからないことを相談しながら業務の効率化を進めていくことができます。

導入したサービスを十分に活用したい、サポート体制が整っていないと不安という企業にとって、イースタンプは電子契約システム導入の一番の選択肢になるでしょう。

イースタンプの特長

・取引先専用相談窓口設置

サービスを導入した企業の問い合わせ窓口、カスタマーセンターがあるのは当然と言えますが、イースタンプでは取引先専用の相談窓口を設置しています。

電子契約システムに慣れていない取引先に契約書の電子化に対する理解を求めるため、自分で説明するのは大変という場合でも、イースタンプであれば専用の窓口に問い合わせてもらうことで理解してもらうことが可能です。

自社で導入した電子契約システムが取引先の負担を軽減することができるとわかっていても、電子契約に慣れていない人には、そのメリットを説明するのは難しいものです。

取引先に電子契約について同意してもらうことは契約をスムーズに締結するために不可欠なステップですが、それをイースタンプが代行してくれるので、導入後の混乱を避けることもできるでしょう。

・大量の書類の保管が可能

イースタンプは過去に作成した契約書を電子化してクラウド上に保管することもできます。

契約書の種類が多い企業では、書類の管理や保管方法に頭を悩ませることも少なくありませんが、イースタンプを利用することで、契約書の管理業務を簡素化することが可能になります。

紙の書類と電子契約書類を一元管理できるため、社名や契約締結日、契約書の名称などで検索することができ、必要な書類をすぐに探し出すことができるだけでなく、他の資料を紐づけすることもできるので、個別に探す手間がかかりません。

更新日にお知らせしてくれるリマインダー機能、閲覧制限など管理を容易にしてくれる様々な機能も搭載されており、事務作業の効率化にも役立ちます。

・署名の使い分けが可能

イースタンプでは実印や認印の押印、手書きのサインを使い分けることができます。

認印タイプはメール認証による本人確認、実印タイプは電子認証局による厳正な本人確認が行われるため、契約書の内容や目的に応じて選ぶことが可能です。

また、場合によっては手書きのサインが必要になることもありますが、イースタンプでは手書きサインにも対応しており、スマートフォンやタブレットから手書きサインによる署名が可能となっています。

身分証保管機能とあわせて手書きさんを使用すれば証拠能力を高めることができ、印鑑を持っていない相手との契約にも役立ちます。

・ホームページ上で導入後のシミュレーションが可能

イースタンプを導入すればコストが削減できると言われても、実際にどのくらいのコスト削減が可能なのか想像がつかない場合も多いはずです。

そのような場合に便利なのが、イースタンプのホームページにある導入効果のシミュレーションページです。

毎月何件くらいの契約件数があるのか、現時点でどのくらいのコストがかかっているのかを入力するだけでイースタンプを導入した時に得られるコスト削減効果が数字として出てきます。

サービスを提案する時にコスト削減の試算を示されても、全てを信用できないという人もいるかもしれませんが、自分で数字を入力してそれを確認できればどうにゅうのけんとうざいりょうとしてもやくだつはずです。

コスト削減効果のシミュレーションができるサービスは、大手電子契約関連サービス提供会社でもほとんどありません。

イースタンプ導入を検討したきっかけがコスト削減であれば、まずは試算してみてはいかがでしょうか。

・社外秘や部外秘の書類も安心

クラウド上で書類を一元管理するイースタンプは、契約書や書類を閲覧できる社員を個別に設定することも可能です。

社外秘、部外秘の書類も一般の書類と同様にクラウド上に保管し、閲覧制限をしておけば管理も安心です。

また、契約情報登録や検索、契約期間の行進管理などに加え、契約リストをCSV出力できる機能も付いているの監査の際にも便利です。

・便利な機能がワンパッケージ

イースタンプは様々な機能をワンパッケージで提供しています。

必要なサービスをオプションで付けていくと思った以上に費用がかかりますが、最初からワンパッケージでサービスが提供されれば、月々のコスト計算もラクにできます。

電子契約に必要な基本的な機能だけでなく、導入前後のサポートサービスや契約締結の際に署名相手に本人確認を求めるため免許証や許可書などを撮影し、その画像を契約書と一緒にクラウド上に保管できる機能など、安心して利用するためのサービスがまとまっているので、すぐにイースタンプを業務効率向上に生かすことができます。

・エキスパート探しがラクな「SHARES」と連携

法務や労務、財務に関する専門家を独自に探すのは時間がかかりますし、サービスを受ける前には見積もりを依頼したりといった手間もかかります。

イースタンプではこうした時に便利な「SHARES」というサービスと連携しており、専門家への一括見積を依頼することが可能です。

新しく作成した契約書に不備がないか、法的に問題はないかといった相談をしたいといった時にも、SHARESなら最も適した専門家に納得のいく価格で依頼できます。

秘密保持契約書や業務委託契約書のリーガルチェック、秘密保持契約書や業務委託契約書の作成依頼も可能です。

イースタンプで契約書を作成、SHARESで専門家にチェックしてもらうといった連携で、法的に問題のない契約書を簡単に作成することができ、契約書作成や確認にかかっていた時間を削減、安心して契約を締結することができるようになります。

イースタンプの基本スペック

サービス名称 イースタンプ
対応ファイル形式 PDF
無料版 なし
アカウント数 プランによる
導入企業
価格 要問合せ
他社サービスとの連携 不可

E-STAMPの企業情報

会社名 株式会社E-STAMP
(英語表記:E-STAMP,inc.)
所在地 東京都豊島区西池袋一丁目4番10号

資本金 40百万円(2019年11月28日現在)