Yahoo!広告とは

調べ物がある時、Yahoo!やGoogleの検索エンジンを利用すると、知りたい情報を簡単に検索することができますよね。

Yahoo!、Googleともに、日本で最大級のオンラインサービス、検索エンジンとして活用されているのですが、パソコンを利用している人の場合、Yahoo!の方が、Googleよりも利用者数は圧倒的に多く、Googleの月間利用者が2,491万人であるのに対し、Yahoo!では月間利用者数は3,892万人となっています。逆にスマホの場合には、Googleの方が月間検索数は300万人ほど多くなっています。

そんなYahoo!のウェブサイトに広告を掲載することができれば、多くの人の目に留まりやすく、広告効果を実感しやすくなりますよね。今回は、Yahoo!広告の種類や始め方について、チェックしていきたいと思います。

Yahoo!広告では、ユーザーが検索をかけた時に、検索結果やウェブサイトにYahoo!広告を掲載することが可能となっており、検索広告、ディスプレイ広告の2種類を用意しています。まずはYahoo!検索広告について、見ていきましょう。

検索広告とは

ユーザーが知りたい情報をキーワードで検索すると、検索結果が表示されますよね。検索結果は上位から順に並んで表示されるのですが、検索結果の上位よりも上に表示されているのが、検索広告です。検索結果と同じように表示することができ、検索結果の上位よりもさらに上に表示することができるため、多くの人のクリックを誘導しやすくなっています。ターゲティングを設定が可能となっており、ユーザーが検索をかけたキーワードや属性に合わせて広告を表示することができます。

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告とは、Yahoo!のTOPページや検索から訪れたウェブサイトなど、様々な場所に、画像や動画、テキストなどの広告を張り付けることができる広告です。Yahoo!広告で掲載できる広告は、Yahoo!ショッピングやYahooニュース、Yahoo!知恵袋やYahoo提携先のウェブサイトとなります。こちらも検索キーワードや属性などのターゲティング設定が可能になります。

Yahoo!広告にかかる費用とは

Yahoo!広告は、クリックにより料金が発生する仕組みとなっています。クリックが行われなければ、一切費用がかかりません。

クリックによりかかる金額は、入札により決定します。高い入札額であれば、それだけユーザーの目に留まりやすくなりますが、検索が多いキーワードであると、その分入札額を高くしないと、広告が表示されずに終わってしまうという事も考えられます。広告予算は、設定で決めることができますから、上限を超えてしまうことなく、広告を出稿できます。

検索広告の場合、ワンクリック1円から出稿することができ、1クリックの上限は9,999円となっています。入札価格を高くしたり、広告の品質を上げたりすることで、上位に表示することができます。

ディスプレイ広告の場合も1円から出稿することができるのですが、広告枠によって入札額が変わってきます。Yahoo!検索トップ画面に掲載されているプレミアム広告は、Yahoo!ディスプレイ広告の中でも費用が高く、右上部に掲載されている広告の価格は、地域を絞って市や町単位で出稿する場合には、10万円程度から入札することができますが、全国的に配信したい場合には、500万円以上の費用がかかります。同じく右側上部に広告を表示し、ユーザーがトップ画面に遷移した時に、広告をスクリーン画面いっぱいに表示することができる広告の場合、全国配信だと600万円が必要になります。またそれらの広告が動画になると、費用が高くなり、ファーストビューで広告を画面いっぱいに表示させる広告は、全国配信で6,000万円以上の費用が必要になってきます。

Yahoo!知恵袋や。提携しているウェブサイトなどへの広告出稿の方が、最低入札額は低くなります。

キャンペーン出稿までの事前準備

まずはキャンペーンを打ち出すための事前準備を行います。広告出稿にはビジネスIDが必要です。

ビジネスIDの取得方法

Yahoo!広告のトップ画面からYahoo!広告のお申込み(ビジネスIDの取得)と記載されている部分をクリックします。詳細を入力し、規約に同意、広告取扱基本規約に同意し、申し込みボタンを押すと、メールにビジネスIDコードが届きます。このコードと、パスワードを入力すると認証され、ビジネスIDの取得が完了となります。

検索広告を出稿する

では、早速検索広告を出稿していきましょう。

入金方法の設定

検索広告を出すためには、事前入金が必要になりますので、入金方法を設定します。Yahoo!広告画面の上部に記載されている、広告管理の中から検索という項目を選び、クリックします。広告管理、検索画面の中の資産管理と記載されている部分をクリックします。クレジットカードで支払いをする場合には、カード情報を登録と記載されている項目をクリックし、カード情報の詳細を入力していきます。クレジットカードの場合、手動での支払いの他に、自動支払いにも対応可能となっており、自動を選択すると、5日間のクリック数によりかかった料金を下回る場合に、自動で入金が行われる仕組みとなります。1日3回まで自動入金で対応可能です。その他、銀行振り込みによる決済にも対応しています。

キャンペーンを登録する

次にキャンペーン設定です。
まずはYahoo!広告TOP画面からビジネスIDでログインします。
次に検索広告と記載されている部分をクリックします。
左下に新規作成のボタンが表示されますから、こちらをクリックします。
キャンペーン入力画面へと移りますから、キャンペーン名、ターゲティング設定や予算などの詳細を決めていきましょう。スケジュール設定では、いつからいつまでの期間、広告を出稿するのかを決めることができます。
日毎の予算は100円単位で設定していきます。
ターゲティング設定では、デバイスや、地域、曜日や時間帯を設定することができます。

オプションでは、広告掲載方式の選択として、遷移先のURLにも広告を配信するのか、検索したページのみに広告を掲載するのかを選択することができます。広告表示の最適化のオプションでは、動揺の広告を複数出稿している企業で活用できるオプションとなっており、これを利用する事で、効果が高い広告を優先して表示させることができます。対象外キーワードのオプションでは、特定のキーワードを対象外にする事が出来ます。ウォッチリストに追加する、の項目にチェックを入れると、キャンペーン管理の時に、ウォッチリストに入っている広告を簡単に抽出できます。

広告グループ、キーワードを設定する

広告はグループに分け、キーワードや入札価格毎に管理する事で、広告運用を楽に進めることができます。グループ設定を行うには、キャンペーン設定詳細を入力後、最下部に広告グループの作成へというボタンがありますから、クリックします。

広告グループでは、グループ名とグループ毎の入札価格は必須項目となります。その他、対象外のキーワードの設定やウォッチリストの追加もグループで管理できます。

次に特定のキーワードにより、広告を配信することができるよう、キーワードを設定していきましょう。キーワードは、商品名だけではなく、関連する言葉全てを入れていきます。キーワードは、改行して次々と入力していきましょう。完全一致、部分一致、フレーズ一致と選ぶ事も出来ます。自分自身でキーワードを見つけられない場合には、キーワード候補のボタンを押すと、1つのキーワードに関連したキーワードを自動で表示することが可能となります。

最後に広告名や、タイトル、説明文、表示URL、リンクURLを設定して保存します。

ディスプレイ広告を出稿する

続いてディスプレイ広告の出稿方法を見ていきましょう。

Yahoo!広告から上部に記載されている、ディスプレイ広告の項目をクリックします。次にYDNと記載されている項目をクリックし、アカウント名や業種カテゴリーへの入力、規約に同意して確認ボタンを押します。ディスプレイ広告を出稿するには、YDN専用アカウントが必要になります。

アカウントが作成されていない場合、YDNをクリックするとアカウントが表示されませんので、下部に記載されている新規アカウントを作成、をクリックして、YDNアカウントを作成しましょう。
続いて入金ボタンに移りますから、入金、を選びクリックします。

ディスプレイ広告、資金管理とクリックしていくと、クレジットカード、もしくは銀行振り込みを選択することができますから、詳細を入力します。
検索広告で入金方法を入力していても、再度入力を行う必要があります。

次にキャンペーンの設定を行います。

ディスプレイ広告をクリック、キャンペーン管理をクリックすると、真ん中にキャンペーンを作成するというボタンがありますから、こちらをクリックします。

左側下にキャンペーンの新規作成と書かれている部分がありますから、こちらをクリックします。

キャンペーン詳細として、アプリを限定した配信にするのか、標準のキャンペーンを選ぶのかを選択します。

アプリのみの限定配信の場合には、アプリの名称、アプリのOS、アプリIDを入力します。

広告掲載方式では、ターゲティング、インフィード、動画、PCブランドパネル、動的ディスプレイなどを選ぶ項目がありますから、配信したい広告の種類にチェックを入れます。

・ターゲティング…属性や過去の閲覧履歴、地域や曜日、時間指定など、特定のユーザーにのみ広告を配信することができます。
・インフィード広告…Yahoo!トップ画面をスクロールしていくと表示されるタイムライン上にある広告
・動画…タイムラインの中に、動画広告を配信できる
・動的ディスプレイ…デバイスにあわせ、形を変えた動画を配信できます。
・PCブランドパネル(静止画、動画)…パソコン上のブランドパネルに配信できる広告
・PCブランドパネル(動的)

次にキャンペーン名を入力し、日毎の予算を決めていきます。個々で手動入札とするのか、自動入札とするのかを設定する事も出来ます。

スケジュール設定では、配信期間を設定します。フリークエンシ―キャップでは、一人に配信する回数を設定することができる項目です。設定する場合には、何日に何回まで配信するのかを設定します。
保存を押してキャンペーンが登録できました。

広告グループの設定

広告グループでは、入札額により広告を分類することができます。

アカウント一覧を表示しグループに入れたいアカウントをクリックした上で、広告グループの作成をクリックする事で、新規グループを作成できます。グループ名や入札価格、ターゲティング情報などを入力してグループの作成が完了です。

以上Yahoo!広告の種類や設定方法について詳しく見てきました。パソコンを利用している人への広告配信として、Yahoo!への広告配信は非常におすすめです。是非導入してみてください。