ワードプレスの特徴や魅力のひとつに、多彩なプラグインを自由に選択できる点があります。プラグインがあれば、ワードプレスで実現したいことの大半が可能。わざわざ新しい機能を追加するのに、過去のウェブサイトのように開発などが必要ないことは、ウェブサイト運営者には大変助かるものです。

しかしワードプレスのプラグインは、無数に存在し、公式サイトで配布されているものから、個人サイトで配布されている「野良プラグイン」まで存在します。プラグインが無数に存在することで、自由なカスタマイズが可能な点は大きな魅力と言えますが、あまりにも多過ぎて選択が難しいのも事実。ほとんどの場合「おすすめのプラグイン」が話題になることが多いですが、ここでは逆に「おすすめしないプラグイン」についての解説をします。避けておくべきプラグインの見抜き方と、具体的なおすすめしないプラグインを紹介するので、選択の際の参考にしてみてください。

入れてはいけないワードプレスプラグインの見抜き方

入れてはいけない避けるべきプラグインを、完全に見分けることはかなり難しいです。しかしある程度は指標を見ることなどで、判断できるものもあります。これから導入を検討しているプラグインの中に、以下に当てはまりそうなものは避けておくと良さそうです。もちろん例外はあるため、あくまで参考程度に考えてください。

バージョンが古過ぎるプラグイン

最終更新がかなり昔で、バージョンが古過ぎるプラグインは避けておくのが無難です。

理由は今のワードプレスのバージョンとの差異のせいで、バグが発生する恐れがあること。ほかにも最終更新日があまりにも昔であると、セキュリティホールが存在する恐れがある点も忘れてはなりません。脆弱性を突かれることで、ウェブサイトの乗っ取りや改ざんなどの被害に合う恐れもあります。自社が被害にあうだけではなく、ウェブサイトへの訪問者が被害にあう恐れも考えられるため、最終更新が古過ぎるものには気をつけましょう。

使用に細心の注意が必要なプラグイン

プラグインは非常に便利なものですが、使用の際に細心の注意が必要なプラグインには気をつけましょう。

たとえばサイトの速度を向上させるキャッシュ系プラグインなどでは、予期せぬ動作で画面が真っ白になり、管理画面に入ることすらできなくなるケースもあります。こうなるとサーバーを経由してリカバリをしなければならず、原因が特定できなければ復旧までに時間を要することもあるでしょう。こうした扱いの難しいプラグインは、使い方次第で有用かつ便利なものばかりですが、慣れていない段階で採用するのはおすすめしません。レビューや紹介などで、クリティカルな問題を指摘されているプラグインは、導入に際して細心の注意を払うようにしてください。

評判がとても悪いプラグイン

評判がとても悪いプラグインは、最初から避けておいた方が無難かもしれません。

とくにワードプレス公式サイトでの評価があからさまに悪いものは、「バグが多い」「まともに動作しない」「致命的な問題がある」といったケースが多いので避けておきましょう。海外製のプラグインでは、情報が少ないこともよくあるので、その場合にはレビューを頼りにするしかありません。できるだけ評判が高く、有名なプラグインを中心に選択するのがトラブルを防止するためには無難でしょう。

All In One SEO Pack

「All In One SEO Pack」は、SEO周りの基本的な設定をカスタマイズしやすく有用なプラグインです。非常に有名であり、かんたんにSEOの設定を最適化できることから「おすすめのプラグイン」として紹介されることも少なくありません。タイトルやh1タグ、メタディスクリプション、メタキーワード設定などを記事単位で自由に設定可能です。ほかにもXML設定やSNSとの連携やボタンの追加など、一見すると魅力的な機能が一つに凝縮されているため良さそうに見えます。

しかしおすすめできない理由は、「動作が非常に重い」ことや「ほかのプラグインと競合しやすい」といった問題がある点。

仮にAll In One SEO Packがなくても、ほとんどの設定をワードプレスのテーマ側で設定できることも多いので、無理に入れる必要はまったくありません。軽快でレスポンスの早いサイトにするなら、All In One SEO Packは避けておきましょう。

JetPack

JetPackはワードプレスのプラグインとしてかなりメジャーな部類に入るものです。こちらもおすすめのプラグインとして紹介されることの多いもの。

しかしここではあえておすすめしない理由は「とにかく重い」ことです。

ウェブサイトを閲覧するユーザーの大半がモバイル端末からである現在、ウェブサイトが重いことはそれだけ不利ということ。現在のSEO対策では、サイトの速度は非常に重要だとされています。そのためライバルサイトと同レベルのコンテンツクオリティだとしても、レスポンスが遅ければ評価は下げられてしまうでしょう。JetPackは「一つでいろんな便利機能が使える」ことが魅力ではありますが、それだけ容量が大きくサーバーへ負担をかけるのです。レスポンスをよくするために、画像を圧縮したり、CSSやJavaScriptをいじり倒すなど、ほかにもさまざまな対策があります。

しかしレスポンスの改善を目指すなら、最終的にはJetPackを削除しなければ求める速度は実現しないかもしれません。よほどの理由がない限りは、JetPackを捨て、必要な機能な分だけ特化したプラグインを採用してください。

W3 Total Cache

「W3 Total Cache」は、ウェブサイトの表示速度を速くしてくれる便利なプラグインです。サーバーにキャッシュを置くことで、毎回すべてのデータを引っ張り出す必要がなく、その結果レスポンスまでの時間が短縮できるために高速化できる仕組み。表示速度の速さから、SEOに強力に利くためにおすすめしているサイトも多いです。こうしたプラグインは「キャッシュプラグイン」と呼ばれており、W3 Total Cache以外にも複数存在します。

その中でおすすめしないプラグインにW3 Total Cacheを挙げているのは、意外にも「サーバーとの相性」があるからです。

自社のサーバーとの相性は、実際に運用してみなければ分かりませんが、もし悪い場合はW3 Total Cacheのせいで逆に速度が遅くなるケースもあります。またほかのキャッシュプラグインにも共通していますが、テーマやプラグインのアップデートで「画面が真っ白になり操作できなくなる」といったトラブルも度々発生することに。もし社内や協力会社の中に、こうした問題に対応できる方がいるのであれば問題ありませんが、回避しておきたいのなら避けておくのが無難かもしれません。

WP Social Bookmarking Light

WP Social Bookmarking Light」は、コンテンツページへ一括してSNS連携ボタンを追加してくれる機能です。最近ではテーマに標準でSNS連携機能があることも多いため、追加でインストールしなくてもよい場合が増えています。

おすすめしない理由については、このプラグインも稀にエラーが発生して修復が大変なケースがあること。

復旧作業に難があると考えられる場合は、よほどの理由がない限り無理に入れる必要はないでしょう。なおWP Social Bookmarking Lightは「はてなブックマーク」に対応している点は魅力的です。テーマにSNS連携機能が付いている場合でも、利用者の多い「はてなブックマーク」が採用されていない場合が意外にもあるもの。その場合、WP Social Bookmarking Lightをインストールするメリットはあります。

WP Social Bookmarking LightでSNSボタンを簡単設置!WP Social Bookmarking Lightの詳しい機能や設定方法
WP Social Bookmarking Lightとは? 少しでも多くの人の目に留まるウェブサイトを構築するためには、ソーシャルネットワーキ…

Head Cleaner

Head Cleaner」は、先ほども紹介した「キャッシュプラグイン」と呼ばれるものの一つです。キャッシュファイルを活用することで、サーバーの読み出し回数などを減らし高速化を実現するもの。Head Cleanerでは、ほかにもワードプレスではありがちな「ソースコードの複雑化」をシンプルにすることで速度を向上する機能もあります。ワードプレスでは、とくにヘッダーと呼ばれる部分に、テーマやプラグインなどが重なり合って、とても複雑なソースが発生しやすい性質があるもの。Head Cleanerをインストールすることで、こうしたソースコードを最適化できるのです。

Head Cleanerとは?Head Cleanerの機能や設定方法
Head Cleanerとは?Head Cleanerの機能や設定方法 SEO対策には様々な方法がありますが、その中の1つの方法として、ウェブサ…

しかしHead Cleanerでも、しばしば発生するのが「画面が真っ白になって操作できない」「キャッシュファイルがサーバーを圧迫する」といった問題。

高速化を目的としたプラグインにも関わらず、あまりにも動作が重たいので問題点をチェックしてみると「とんでもない状態になっていた」なんてことに遭遇することがあるかもしれません。キャッシュファイルが数十GBにも達し、サーバーを圧迫しているケースもあります。かならず発生すると断定できるものではないため、採用するのはまったく問題ありませんが、その場合はトラブルが発生する前提で使用することが大切です。キャッシュ系のプラグインで問題が発生すると、多くの場合はサーバー側にログインし、手作業でリカバリをする必要があります。

Lazy Load

Lazy Load」は、ページを読み込む際に画像を読み込まず、スクロールに合わせて徐々に読み込むプラグインです。ページを開いた際に画像を読み込まない分、それだけ軽いウェブサイトを演出できる点が魅力。画像を多用するランディングページなどで使われることも多いです。

しかしLazy LoadはSEOと相性が悪いという問題もあります。

ウェブサイトの情報を集めるGoogleのクローラーは、スクロールイベントを行わないため、画像情報が読み込まれないのです。つまりGoogle側では「画像なし」または「画像データの破損」として読み込まれるため、昨今のオリジナリティのある画像が評価されるSEOで不利といえます。ウェブサイトのタイプにもよりますが、画像を多用するよほど重たいケースでなければ、できれば避けておいた方がよいプラグインです。

Lazy Loadで表示速度をアップ!Lazy Loadの機能や設定方法
Lazy Loadとは? 充実したウェブサイトを構築していくと、次第に容量が増え、ページの表示速度が遅くなりがちとなります。そのまま放置しておく…

qTranslate X

「qTranslate X」はウェブサイトを多言語化するためのプラグインです。インバウンド需要などの高まりや、海外企業からの注文を増やすために採用する企業も多いでしょう。ワードプレスプラグインの評価の中でも、比較的評判もよく、しかも手軽に利用できることも人気の理由。

しかし現時点では、「qTranslate X」は導入を見送るべきプラグインだと断言できます。

なぜなら開発がすでにおよそ4年前で停止しており、しかも脆弱性が見つかってるからです。すでに3件ほどの問題が見つかっていますが、今後はさらに増える恐れもあるでしょう。サイトの改ざんを含め、自社と利用者の相互でリスクがあるため、安全性を考えるのであれば使うべきではありません。クラッカーはこうした脆弱性のあるプラグインを利用しているサイトを見つけ、そこをピンポイントで攻撃してくることもあります。かんたんに多言語化を実現できるのは魅力的ですが、現時点では別のプラグインを探した方が良さそうですね。

おすすめしないワードプレスプラグインまとめ

ご紹介の通り、ワードプレスのプラグインにはたくさんの便利なものがありますが、同時にさまざまな問題を抱えているものもあります。

サイトが正常に表示されなくなったり、テーマそのものや他のプラグインと干渉して不安定になること、深刻な脆弱性があるためセキュリティの問題があることなどです。もちろんここでご紹介したおすすめしないプラグインでも、利用環境によってはなんの問題もない場合もあるでしょう。

自社や協力会社で対応できると判断するなら、リスクや問題点を理解した上で利用し、そうでなければ使用を避けおきましょう。ワードプレスプラグインはとても種類が多く、ここで挙げたものでなくても代替できるものはたくさんあります。