Twitter広告とは

Twitterは全世界でのユーザー数は3億3,500万人、日本でのアクティブユーザー数は4,500万人と非常に多くの人が利用しているSNSです。様々な情報を発信し、拡散させることができます。

twitterとは?twitterを知って、活用しウェブサイトの共有をしていこう
Twitterは日本のみならず、世界中でも使われている人気のSNSです。年齢層も幅広く、若者から年配の方までたくさん登録していて、リアルタイムで…

そんなTwitterに広告を配信することで、多くの人の目に留まり、費用対効果の高い広告を打ち出すことができます。特に、Twitterは、若い世代を中心に利用されているSNSとなりますから、若年層をターゲットにした広告配信を行いたい企業におすすめです。その他、Twitterは、自分の興味がある情報や、共感したい!と思うような情報は、ツイートしたり、シェアしたりすることができるため、拡散させたいと考えている企業にもおすすめです。

Twitter広告のターゲティング設定とは

Twitterでは、ユーザーがフォローしている物や人、ツイート履歴などをチェックすることで、趣味嗜好などの情報を簡単に取得することができます。この趣味嗜好を利用して、ユーザーに興味がある広告だけを配信することができる物をターゲティングと言います。ユーザーにとって、興味がある広告を配信することで、広告配信の無駄打ちを防ぎ、広告効果を最大限にまで高めることができます。

Twitter広告の種類とは

Twitter広告ではテキストのみ、画像とテキストのTwitterカード、動画ツイートなど様々な種類があります。これらの広告を表示できる場所は3つ用意されています。それぞれの掲載できる場所や、特徴を見ていきましょう。

プロモツイートとは

プロモツイートは、タイムラインに表示させることができるTwitter広告です。ウェブサイトへ誘いたい時やアプリやゲームをおすすめする時などに利用される広告です。

プロモアカウントとは

プロモアカウントは、おすすめユーザーの中に混じって配信できる広告です。フォロワーが増えれば、それだけ多くの人の目に情報を届けることができますから、フォロワー数を増加したいと考えている企業におすすめです。

プロモトレンドとは

プロモトレンドでは、事前に設定したキーワードにより、ハッシュタグを自動で表示させることができる広告です。ハッシュタグをクリックしてもらう事が出来れば、商品に関連するツイートを載せているユーザーの意見を知ることができたり、企業アカウントとヒットさせたりすることが可能となっており、ハッシュタグを利用することで、ウェブサイトへのユーザーを誘導し、CV率のアップを期待できます。

ツイッタートレンドGoogleトレンドに合わせてプロモトレンドを利用するなどすると非常に効果的です。

Twitter広告に出稿するメリット、デメリット

次にTwitter広告を利用するメリットやデメリットについてチェックしていきましょう。メリットだけではなく、デメリットも知っておくことが大切です。

Twitter広告を出稿するメリットとは

Twitter広告には以下のようなメリットがあります。

  • 費用対効果を得やすい
  • 二次拡散を期待できる
  • 潜在顧客の発掘が可能
  • 若い世代への情報発信に利用できる

Twitter広告は、無料で出稿可能な物もあり、成果が出た分だけの支払いとなるため、費用対効果を得やすくなっています。その他、先ほども記載しましたが、若年層を中心に二次拡散を期待することができるという特徴もありますし、ユーザーの趣味嗜好に合わせて広告を配信することで、潜在顧客を探し、潜在顧客をターゲットに絞った広告配信が可能というメリットがあります。ただやみくもに広告を配信するよりも、高い効果を上げることが可能となっているのです。

Twitter広告を出稿するデメリット

Twitter広告は手軽で非常に便利なのですが、デメリットも存在します。

  • 属性をターゲティング設定に組み込むことができない
  • 非公式リツイートを消すことができない

Twitterの場合、登録の際に生年月日や性別を聞かれる事はありません。そのため、世代を絞ったターゲティングを行うことができないというデメリットがあります。プロフィール設定で誕生日や性別を入力していれば、ターゲティングで活用できます。その他、非公式リツイートの場合、自ら削除する事ができませんから、商品や企業の悪評がついてしまうと、炎上した時の火消しが大変になってしまうというデメリットもあります。

Twitter広告出稿にかかる費用

Twitter広告には、課金方式と、入札方式があります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

課金方式とは

課金方式の場合は以下のような課金になります。

  • CPF(フォロー課金):フォロワーが増えた時に課金される
  • CPC(クリック課金):クリックが行われた時に料金が発生する
  • PE(エンゲージメント課金):コメントやリツイートが行われた時、プロフィールのクリックなどリアクションに応じて課金される
  • CPAC・CPI(アプリクリック課金・インストール課金):アプリのインストールやアプリを起動した時に課金される
  • CPM(インプレッション課金):広告表示回数に応じて課金される
  • CPV(視聴課金):動画再生され、一定以上の秒数を閲覧すると課金される

等があります。どのアクションで課金が発生するのかによって料金が変わってきます。リツイートの場合には、料金が発生しないため、拡散すれば拡散するほど、費用対効果が高くなります。

入札方式とは

入札方式は、広告枠へ入札を行い、広告を表示させることができる方法です。入札方式には、自動入札と上限入札単価、目標入札単価の3種類があります。

  • 自動入札単価:予算を設定しておくと、予算に合った広告枠を自動で入札することができます。
  • 上限入札単価:上限を設定しておくことで、広告費用が高くなりすぎてしまうのを防ぐことができます。
  • 目標入札単価:設定してある目標に近づけるように入札を行う事が出来ます。

Twitter広告には、セカンドプライスオークションと呼ばれる仕組みが導入されており、高値で落札をした場合でも、落札価格で支払うのではなく、2番目に入札されていた価格にプラス1円として入札価格を支払う仕組みとなっています。セカンドプライスオークションにより、高値で落札しても、相場での支払いとなるため、入札額が高くなりすぎてしまうのを防ぐことができます。

品質スコアとは

入札を行う時には、拡散しやすいアカウントである場合には、高値での入札になります。共感度、関連性、鮮度、これらがスコアとして評価され、入札額に影響してきます。

Twitter広告の出稿方法

Twitter広告を出稿するには、

  1. 広告用のアカウントを作成する
  2. キャンペーン設定
  3. 広告グループ設定
  4. ターゲティングを決める
  5. クリエイティブの設定

という流れで出稿していきます。

広告用のアカウントを作成する

まずは広告用のアカウントを作成します。ホーム画面メニューから、もっと見る、と記載されている部分をクリック、次にTwitter広告の項目をクリックします。続いてオートプロモートを設定する、Twitter広告を設定する、のどちらかを選ぶ必要がありますから、Twitter広告を設定するをクリックします。

次に国名にJapanを選択し、次に進むをクリックします。

続いて請求先を登録します。

右上アカウント名をクリックし、クレジットカードを追加する、を選びます。

ビジネスか、個人かを聞かれるのでどちらかを選択して次をクリック。

会社情報入力画面になるので、必要事項を入力します。

そうすると、消費税IDの有無、広告代理店かどうかを聞かれるので、どちらもいいえを選択します。

クレジットカードの詳細入力画面にうつりますので、カード情報とメールアドレスを登録して保存になります。

キャンペーンを作成する

キャンペーンは目的に合わせて設定していくことが大切です。目的にあったキャンペーンの部分をクリックすると、キャンペーン詳細を設定する画面になりますから、必要事項を入力してください。

広告グループを作成する

広告グループでは、広告をグループ毎にまとめ、管理を楽に進めることができます。広告グループの設定画面で、詳細を入力し、保存します。

ターゲティングを設定する

Twitter広告でターゲット指定できるのは、

  • フォロワー
  • 地域、性別、言語
  • 興味関心
  • イベント
  • キーワード
  • 会話トピック
  • 映画とテレビ番組
  • テイラードオーディエンス

などを設定できます。オーディエンスの特性画面を開き、性別や年齢(プロフィールに登録している人のみ)地域や言語を選び、オーディエンスの条件と記載されている部分には、キーワードやイベント、興味関心、フォロワー類似オーディエンス、映画、テレビ番組などを入力していきます。設定出来たら、右上の次のボタンをクリックします。

クリエイティブを設定する

次にクリエイティブ設定に移ります。クリエイティブ設定では、

  • 広告用のツイートを作成する方法
  • 既存のツイートを利用する方法

があります。クリエイティブ設定の画面から新規投稿のマークをクリックし、ツイートを作成します。既存のツイートを利用する場合には、既存のツイートリストの中から選び、次へ、をクリックします。

ここまでの設定が正しいかどうかを確認し、保存して完了です。下書きのまま保存されている場合には、キャンペーン編集画面でキャンペーンをスタートさせましょう。キャンペーンがスタートされると、広告効果をレポートにて表示することができるようになります。Twitter画面のインプレッションから期間ごとにレポートを表示し、利用金額や成果を把握することができます。

以上Twitter広告の種類や出稿方法についてご紹介してきました。Twitter広告は低額でもスタートさせることができますから、予算に合わせて出稿してみましょう。

最近ではSEO対策にて検索結果、さらにはTwitter広告やFACEBOOK広告などでSNSプラットフォームからのユーザーを獲得を目指すのがWEB集客のトレンドです。