ステマとは?

どんなマーケティング手法なのか

様々なマーケティングがある中で、ステマはその中のひとつです。インターネットやニュースなどでも度々ステマというワードが聞こえてくるので、言葉は知っていると答える方は多いものの、ステマがどんなものなのか詳しく知らないという声も少なくありません。

インターネットではSNSを使ったステマが話題になることがあり、日本のみならず海外でもステマが取り沙汰されることが増えています。

ステマはステルスマーケティングを略した言葉です。消費者に対してそれが宣伝であるとバレないように策を講じたマーケティング方法で、特に新しい製品が世の中に出回る時期に使われることが多い手法です。その商品の宣伝であることを隠して、あくまでも自身が気に入っている商品であることを評価する手法がステマです。

 

ステマの具体例

一般的なステマのひとつとして、消費者になりすましてその商品に対して高い評価をつけることでランキングの上位入りを狙う方法があります。これによって評判がいい商品と印象付けることができ、売り上げアップや集客率アップに繋がります。

そのほか、本当の評価とは違う評価を作為的に行うステマもあります。例えば、ライバルとなる相手にわざと低い評価を付けることで相手の評価を下げて自社の評価を上げるという「逆ステマ」もあります。

影響力のある有名人やインフルエンサーたち本人が評価を配信しているように見せかけたコメントを載せて消費者の購買意欲を刺激させる方法もあります。割り込みステマと呼ばれる方法です。

 

ステマのメリット

本来であれば自社の製品をPRするために広告を出すのが一般的です。広告を出すには費用がかかりますし、広告を出したからと言って必ず利益に繋がる保証はありません。これに比べてステマは消費者の評価をコントロールしてPRできるので経費を大幅に削減することができます。

広告を出すよりも消費者の購買意欲に刺激を与えられるのもステマのメリットです。特に有名芸能人や有名インフルエンサーなどがナチュラルな感じで商品をPRすれば、それぞれのファンが反応するため利益に直結しやすいことも特徴的です。このときステマであることがバレにくいのはSNSやブログ等です。

特にSNSは瞬く間に情報が拡散されるので、大勢の人たちが勧めているのだからいい商品なんだと印象付けることもできます。

ステマが嫌われる理由

 

消費者を無視した行為

ステマの行為そのものが消費者を騙す行為と捉えられることも多く、実際に商品の評価を偽って消費者の関心を引き寄せるわけですから、消費者目線は完全に無視した行為と言えます。

そのため、いい商品だと思っていたのにステマだと気づいたとたん信用できなくなったという消費者の声も聞こえてくるのです。最近はステマの存在が広く知れ渡るようになり、本当にいい商品だから情報を拡散しているのか、それともステマなのか疑心暗鬼になる消費者も少なくありません。ステマは売り手目線だから心に響いてこないという厳しい意見もあるほどです。

 

信用にマイナスの影響を及ぼす

かつてステマが大々的に問題視されたことがあり、芸能人が運営していたブログが閉鎖に追い込まれたり、テレビ出演が自粛になった芸能人もいました。そのぐらいステマに対する印象は悪く、ステマをした本人だけでなくステマを依頼した会社、または業者全体に対して悪い印象を与えてしまいます。

悪い印象が根付いてしまうとその会社だけでなく、その業界全体的にマイナスイメージがついてしまい消費者離れに繋がることもあり、マイナスの影響が大きすぎるのも特徴的です。特に大手より中小規模の会社やショップの場合はその影響が計り知れないので注意が必要です。

 

リスクが高いわりにリターンが低い

ステマは特にSNSを中心に広まっていて、中には評価を投稿することで報酬を支払っていたサービスを提供していた会社もあります。一般的な広告に比べると経費を抑えることができますし、ステマを投稿する側もインターネット回線があれば評価の投稿ができるので副業として稼いでいた人も少なくありませんでした。

ところがSNSは企業だけでなく個人でアカウントを持つユーザーもとても多く、ステマの疑いがあると分かったときはすぐにその情報が拡散されてしまいます。ステマを投稿したユーザーが有名人であればその人の評価も下がりますし、もちろんステマを依頼した企業の評価も下がる一方です。消費者にバレないようにステマを投稿することはとても難しく、万が一ステマだとバレたときのリスクは非常に高いですし、それに対するリターンが低いのもステマの特徴です。

ステマと聞くと言葉そのものが軽いイメージがあり手軽にできそうに思われがちですが、リスクが高い中で管理するのは大変です。

ステマの見分け方

 

口コミサイトを見比べてみる

ステマは口コミにも見かけることがあるため、ひとつの口コミサイトだけを当てにするだけではそれが本当の口コミなのかステマなのか見抜くのがとても難しいです。そんなときは口コミサイトを見比べてみるといいでしょう。そのウェブサイトによって同じ商品や同じサービスがたくさん紹介されている場合や、それらが大げさなぐらい褒めてばかりの内容だとステマの可能性がとても高いです。ただし、本当に良い商品の可能性も捨てきれないため、ほかの口コミサイトでも同じような評価を得ているのかどうか見比べることでステマかどうか判断することができます。

また、SNSで情報を探るのもひとつの方法です。SNSの検索機能を使って、「調べたい商品やサービスの名前」「ステマ」この二つを使って検索したとき、ステマに関する情報がでてこなければステマはないと判断できるでしょう。

 

情報がぼやけているときは要注意

その商品やサービスが本当に安心できるものなのか、良いものなのか知りたいのに、それらに関する情報がぼやけているときは欲しい情報がないとガッカリするだけでなく、ステマの可能性があることも頭の片隅に置いておくといいでしょう。

この商品はとてもいいのでオススメとか、このサービスは安心できるのでオススメといった言葉だけでは、その商品の何がいいのか、そのサービスはどうして安心できるのか全く伝わってきません。これはその評価を投稿した人本人が、その商品やサービスを実際に使っていないために詳しい紹介ができないと考えられます。ステマの可能性が大きいと判断できるでしょう。もちろん、投稿した人が言葉足らずなときもあり全てがステマとは言い切れない部分はあります。

 

有名人が一度に大勢PRしているかどうか

もしも気になる商品やサービスがあったとき、それらを有名人が一斉にPRしているときはステマの疑いがあります。有名人もブログやツイッター、インスタなど運営している人が多く、ファンに向けて自分のお気に入りをアピールする人もたくさんいますが、このとき他の有名人も同じ商品やサービスをおすすめしているときはステマの可能性が考えられます。

この場合、それらの有名人が企業側から報酬を受け取っているために一斉にPRしたと考えられるので、もしもお気に入りの有名人が何か商品やサービスをオススメしてきたときはほかの有名人も紹介しているかどうか調べることでステマかどうか知ることができます。少し手間がかかりますが、確実にステマではないかどうかを判断するための方法です。