現代は、スマートフォン社会です。スマホでのサイト検索は非常に多く、Webサイトのスマホ対応は必須となります。Webサイトをスマホ対応していない場合は、今すぐスマホ対応としてアクセス数高い理想のサイトとすべきです。しかし、Webページというのはスマホでも閲覧ができます。閲覧はできますが、スマホ対応としていない場合スマホでは内容がきちんと表示されない場合があります。せっかくの良い内容のサイトでも、スマホで読みにくいサイトであれば意味がありません。

スマホ対応する理由やSEO対策について、詳しく解説していきます。

Webサイトをスマホ対応にしなければならない理由

Webサイトをスマホ対応にすべき理由は、以下の4つが挙げられます。

スマホ対応を検索エンジンが評価している

スマホ対応が必要な1番の理由は、検索エンジンがスマホ対応のサイトを評価するようになりました。スマホの評価が評価基準を満たしていない場合、検索結果で上位表示はできません。そのため、ユーザーがサイトに訪れにくくなり、低品質のサイトとなってしまいます。

モバイルフレンドリーアップデートとは?今や必須のスマホサイトを導入させたモバイルフレンドリーアップデート
モバイルフレンドリーアップデートとは? モバイルフレンドリーアップデートが誕生したきっかけ モバイルフレンドリーアップデートは、2016年10月…

スマホ検索が当たり前になってきた

現代人のほとんどが、スマホを持っています。そのため、スマホを使ったインターネット接続する人が増えました。総務省の調査では、10~50代はスマホでインターネット利用している人が多い結果が出ています。パソコンでインターネット検索している人が多いのは60代以降であり、ほとんどの方がスマホでインターネット検索していることがわかります。スマホ対応というのは、時代に乗り遅れないために行うべき当然の対策といえます。

モバイルフレンドリーとは?モバイルフレンドリーは必須。必ず対応しましょう。
モバイルフレンドリーとは? モバイルフレンドリーが誕生したきっかけ 昔はインターネットに接続するために必要なものといえばパソコンが一般的でした。…

ユーザー離脱を防ぐ

パソコン専用のWebサイトでもスマホで見ることはできますが、とても読みにくいです。そのため、ユーザーに不快感を与えてしまいます。パソコンとスマホでは画面の大きさが違うので、操作方法も変わります。パソコンサイトで作った文字の大きさは、スマホで小さすぎて見にくくなってしまいます。スマホには拡大機能がありますが、パソコンサイトの小さな文字を拡大しようとしてもスマホ非対応の場合拡大操作には反応することができません。そのため、ユーザーはスマホ対応していないページに対して不快感となり、離脱要因となってしまいます。

スマホ独自の対応でユーザーに満足感を与える

スマホにはパソコンにはない独自の操作があり、タップやスクロール、ピンチアウト、ピンチインなどがあります。これらのスマホ対応ができるサイトの場合、ユーザーの満足度を高めることができます。

スマホ対応の方法と費用

スマホ対応にするためには、様々な方法があります。代表的で簡単な方法を、以下にご紹介いたします。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインというのは、デバイスの画面の大きさに依存せず作ることが出来ます。パソコンやスマホ、タブレットはそれぞれ画面の大きさが異なりますが、それらの異なる画面に合わせたWebサイトを自動的に表示させるデザインです。難しい設定は一切不要で、パソコン用のサイトのページ構成であるcssファイルでデバイスの画面サイズ別に設定をして、条件に合わせてレイアウトを変更するコーティングを行うことで可能となります。デメリットは、構築に時間がかかってしまうことです。そのため、パソコンサイトの制作にかかる1.3~1.5倍程の費用がかかります。

レスポンシブデザインとは?Googleが推奨しているレスポンシブデザインにウェブサイトを適用しよう。
レスポンシブデザインとは? 良いウェブサイトに仕上げるために ウェブサイトを開設、運営するのは知名度や利益を上げるためなので、そのウェブサイトを…

スマホ専用サイトを制作する

パソコンサイトとは別に、スマホ専用のサイトを制作する方法です。最初からスマホサイトようにサイトの構築を行うので、費用はパソコンサイトと同じ程度となります。デメリットは、パソコンとは別に更新作業などの管理業務を行わないといけないことです。そのため、ランニングコストがかかってしまいます。しかし、スマホユーザーに合わせた快適さを作ることができるので、ユーザビリティが高いサイトとすることができます。

スマホサイト変換サービスの利用

スマホサイト変換サービスは、パソコンサイトのソースを入れることでスマホ対応のページが出来上がるサービスです。1つのソースでパソコンサイトとスマホサイトの両方の管理ができるので、既存のパソコンサイトを活用してスマホ化したい場合におすすめです。ご紹介したスマホ対策方法の中で、1番安価に対応ができます。デメリットは、テンプレートの制約が多いことです。独自性あるスマホサイトを作成したい場合は、おすすめできません。

スマホ対応を行う際に気を付けるべき注意点

スマホサイトは小さな画面となるので、気を付けるべき点があります。どのような点に注意すべきなのか、以下にご紹介いたします。

文字や画像の見やすさ

スマホは画面が小さいので、文字や画像の見やすさは十分気を付けるべきポイントとなります。イメージ広告の表示が小さい場合、どんな内容の広告なのかわかりません。コンバージョンに繋がらなくなるので、判別できる程度の文字や画像の大きさとしましょう。

ボタンやリンクのクリックのしやすさ

スマホは、指を使ってクリックします。そのため、押しやすさの充実も重要なポイントです。ボタンやリンクを大きくしたり、他のボタンやリンクとの隙間を作るだけで押しやすい状態とすることができます。実際に押してみて押しにくい場合は、改善しましょう。

様々な大きさの画面に対応しているか

スマホといっても、画面の大きさは機種により異なります。どの画面の大きさでも見え方が同じとなるかを、確認しましょう。