ワードプレスのデザインにこだわりたいという方の中には、スライドショーを取り入れようと、思っている方も多いのではないでしょうか。実際に取り入れるのが難しそうに思えるデザインですが、スライダープラグインを、利用すれば、初心者でも比較的、簡単にできてしまいます。

スライドショーは文字どおり画像を順番に表示するための機能ですので、スライドしながら表示が変わるため、動きのあるデザインのサイトに、仕上げれるのです。また、人によって配置する場所は異なりますが、主に表示させてるのがトップページで、ここに配置する事で目立ちますし、閲覧者の足も止めやすくなります。これから、ワードプレスのスライダープラグインで、どんな事ができるのか、以下で詳しく、解説していきます。

ワードプレスのスライダーを導入するメリット

ワードプレスの、スライダープラグインとは、Webサイトに設置する、スライドショーの事ですが、何もしてないのに画像が、左右に流れていくのを、見た事あると思います。よく会議などのプレゼンで見る、スライドショーがありますが、それをイメージすると、分かりやすいかと思います。

ですので、ワードプレスは様々な方法を使う事で、Webサイトのトップページなどで、使える他、導入する事で、2つのメリットが得られるのです。

サイトの視覚効果が向上

ワードプレスのスライダープラグインの、メリットの1つで、Webサイトのトップページに、スライダーを設置する事で、多くのユーザーから、目を引く事ができます。

基本的なWebサイトですと、動きのない物が多いのですが、スライダーを設ける事で、他のサイトとの、差別化が可能になるのです。また、人というのは本能的に、動きがある者に惹かれ、注目する性質があるため、レストランや、ファッション関係などでは、かなり強い武器となるでしょう。つまり、Webサイトにおいて、特に注目してほしい内容のコンテンツを、スライダーで意図的に流せば、気になって自然とユーザーも集まってくるのです。

サイト回遊率が向上

ワードプレスのスライダープラグインの、2つ目のメリットとして、サイトの回遊率が向上する、というものです。

これは、Webサイトのトップページを、スライダー式にして、複数のページが流れるようにすると、自然とユーザーは惹かれ、多くのコンテンツを閲覧しようとします。これによって、多くのユーザーがサイト内に留まり、滞在時間が長くなる事で、サイト内の回遊率も、向上していくのです。また、滞在時間や回遊率が、多いサイトほど、検索エンジンは評価するため、検索順位も向上し、結果的に会社の利益にも繋がります。

ワードプレスのスライダーを効率的に使うために注意するべきこと

ワードプレスの、スライダープラグインを使う際、やはり気になるのが、効率的な使い方と、注意する点ですよね。

先程にもありましたが、スライドショーは1箇所で、複数のページを流せるのですが、大量の枚数を入れてしまうと、キャパオーバーで見られない物が、出てしまいます。そのため、本当にアピールしたい画像を、3枚から5枚ほど、ピックアップしてスライドさせると、多くの方に見てもらえるのです。

また、スライドに組み込む画像も、ストーリー性を考えて、スライドさせるのも重要になり、ストーリー性のある画像を、スライドさせる事で、ユーザーの目を引く事ができます。もし、画像だけでストーリー性を、伝えるのが難しければ、文字なども入れて、スライドさせると、効果的です。

ワードプレスのおすすめスライダープラグイン

これから、誰でも簡単にスライドショーを設置できる、おすすめのスライダープラグインを、9つピックアップしましたので、紹介していきます。どのプラグインも、ワードプレスや、Webサイトなどで、画像をスライドさせたりと、スライドショーには、欠かせないプラグインです。もし、良いものがあれば、是非インストールしてみてください。

Meta Slider

Meta Sliderは、Webサイトなどのトップページで、オススメの記事への誘導や、イベントLPへ誘導などする、バナーを切り替えたりなど、様々な事ができる、プラグインです。

Webサイト内で、スライドの切り替えを、4つのパターンと様々な、アニメーションから選択などでき、サイズ調整や表示の切り替えがといった、スライドが作成ができます。そのため、Webサイズで特に注目してほしい内容を、複数の画像を使い、スライドして流せば、多くの方訪問者の、足を止めるのに効果的です。また、スライドのパターンによって、選択できるスライドアニメーションに、違いがありますが、どのように画像を切り替えるか、設定できます。画像が横スライドする形式や、ふわっと消えて新しい画像が、出てくるパターンなど、自分好みの、スライドショーに設定が可能です。

Smooth Slider

Smooth Sliderは、最新記事を自動で、スライドショーしてくれたり、カテゴリ別や個別記事、画像など複数のスライドショーを、管理できるプラグインです。

このプラグインの設定は、スライドの大きさや画像の大きさ、フォントやエフェクト、ナビなどを、細かく調整できるため、かなり高機能で、使いやすくなっています。また、スライドをランダムに再生したり、一部のスライドの公開日を、限定したりといった、スライドの編集も可能です。そのため、このプラグインを使って、サイトに訪れるユーザーが、惹かれるような内容の、スライドショーを作成すれば、Google検索でも順位を、上げれます。

Smart Slider 3

Smart Slider3は、Webサイトの固定ページや、投稿記事にスライドショー作成でき、レスポンシブにも対応している、プラグインとなっています。

このプラグインは、各スライダー内のスライドは、レイヤー機能をそれぞれ備えていて、スライドに画像以外にも、You Tube動画やワードプレスの、投稿も可能です。また、デザインに関するオプションも豊富にあり、好みに合わせて選ぶ事ができるので、ユーザーの目に止まるような、スライドショーを作成する事ができます。その他にも、投稿した画像などを、ドラッグ&ドロップもできる他、スライドの上にテキストを乗せて、画像やボタンなども追加できるのです。

Soliloquy Lite

Soliloquy Liteは、レスポンシブ対応で、スマホやタブレットからでも、簡単にスライドショーなどのサイズを、操作できるプラグインです。

このプラグインは、Webサイトなどに投稿した、スライドショーのスピードやサイズを、自由に変えれるので、訪問者が閲覧しやすくなります。また、スライドショーごとに、切り替えの時間も設定できまるので、その時の状況で、自由に切り替え対応できるのです。その他にも、スライドショーを、無制限に作成できるため、どこにでも設置が可能、となっており、とてもシンプルで簡単ですので、初心者でも安心して利用できます。

Slideshow

Slideshowhaは、Webサイト内に投稿する、画像の背景など、複数のスライドショーを、設置ができるプラグインです。

このSlideshowは、様々なトランジションの中から、スライドショーを作成できるので、スライドを表示する、時間を設定したり、スライド動作速度も3段階から選べます。また、インストールすると、作成したスライドを記事内に入れる際、ショートコードを插入するメニューが、ワードプレスのビジュアルエディタに、自動で追加されるのです。その他にも、ナビゲーションの表示方法なども、細かく設定できるので、特にオススメしたい、記事を目立たせる事ができます。

Responsive Slider

Responive Sliderは、レスポンシブ対応のスライドショーページや、ウィジェット、ギャラリーなどを、簡単に設定ができる、プラグインです。

スライドの自動速度や距離、スライドのオーダーなど、簡単に設定ができ、サムネイルの表示、位置までも決められます。また、ナビゲーションのカラーや、ポインタの色、箇条書きの色を変えるなど、自由にカスタマイズが可能です。ですので、自分の好きなように、カスタマイズできますので、他のサイトよりも、目立つような、記事作成ができます。

Slider by Soliloquy

Slider by Soliloquyは、綺麗なスライダーを作成でき、レスポンシブ対応、ドラッグ&ドロップで、画像をアップロードできるプラグインです。

投稿するスライドショーに使う、画像のタイトルなど、各画像のメタデータを画像化、SEO最適化など、自由に設定できます。また、ワードプレススライダーを、数に制限なく作成可能ですので、いろいろな場所に、スライドショーを組み込む事ができるのです。そのため、作品をハイライトする場合にも、何枚かの画像でストーリー風の、スライダーする場合でも、このプラグインなら効率的にこなせます。

Slideshow Gallery

Slideshow Galleryは、レスポンシブに対応していて、カスタマイズ性に優れ、自分好みのスライドショーを、作成できるプラグインです。

サイドバーだけでなく、フッターにも設置ができる点も、魅力の1つで、フルスクリーンにも対応しています。そのため、大きなサイズで画像をスライドできるため、ユーザーにより強力な、アピールができるのです。このプラグインは、日本語対応ではないため、少し分かりづらくなっていますので、英語が得意な方が、利用すると良いでしょう。

Slider by WD

Slider by WDは、カスタムCSSサポートやレスポンシブ、様々なトランジションエフェクト、などの機能を持つプラグインです。

このプラグインを使う事で、写真を選ぶだけで簡単に、スライドショーが設置する事ができます。また、スライドショーのデザインや、アニメーション効果や速度なども、細かい部分が調整できるため、手っ取り早く使えますし、カスタマイズも自由にできるのです。そして、スライドショーはショートコードで、插入することができるので、コードで見ても、分かりやすい記事を書く事ができます。

まとめ

今回紹介した、スライドショープラグインは、様々なスライドショーの機能を、設置できるので、レストランやプレゼンなどで、活用できるおすすめのプラグインです。中には、ファイルをアップロードするだけで、スライドショー形式になる、プラグインもあり、初心者でも簡単に、設置ができます。ですので、Webサイトや記事などに、特にアピールしたい画像を、スライドショーで複数箇所載せておけば、訪問者も増えGoogle検索エンジンでも、高評価を得る事が可能です。