サイトの表示速度を上げるには?

なぜサイト表示速度が遅くなるのか

サイト表示速度が遅くなる原因は色々考えられます。

まず一つ目は、ウェブサイト内のコンテンツが重すぎることです。ウェブページには文字や写真、イラスト、動画などが用意されていますが、それぞれ容量があります。この容量が大きすぎるとサイト表示速度が遅くなってしまいます。例えば、パソコンユーザー向けに作られたウェブサイトをスマホで表示させたとき、画像の容量が大きすぎてなかなか読み込めない現象が起きやすくなります。

また、画像やJavaScriptが多すぎるウェブページも通信に時間がかかるので、サイト表示速度が遅くなります。

サイト表示速度が遅くなるとどうなる?

サイト表示速度が遅いのは死活問題です。

なぜなら、一度そのサイトを訪れた訪問者がサイト表示速度が遅いサイトだと思ってしまえばリピーターになることはありません。あのウェブサイトは重いサイトでイライラするから二度といかない、そう思ってしまっては大変です。ウェブサイトを訪れる人は激減します。

そのため、せっかく内容は素晴らしいものなのに訪問者に伝えることができないまま時間だけが過ぎてしまいます。商品を買ってもらうことも何かに応募してもらう機会も減ってしまうのです。

サイト表示速度を上げるために試すこと

サイト表示速度を上げるために試すことはたくさんありますので、今すぐ実践してみてください。

例えば、画像ファイルを圧縮してみるのもひとつの方法です。画像を最適化すれば容量を小さくできるので、画像のファイルサイズを小さくしてみましょう。そのほかにも枚数が多ければ減らしてみてはいかがでしょうか。文字で伝えるときに印象付けるため画像を使うと個性的でいいですが、サイト表示速度が遅いなら文字は画像ではなくフォントで表示させてみましょう。

そのほか、JavaScriptやCSSを最小化するのもおすすめです。ウェブページのHTMLタグの無駄は余分なものです。そのままにしておくとサイト表示速度に悪影響を与えてしまうので、最小化してファイルを軽くしてあげましょう。

また、Googleフォントを非同期によって読み込ませてみるのもいいでしょう。これならほかのページに移ったときでもGoogleフォントを再び読み込む必要がなくなるため、サイト表示速度の遅さを改善できます。

サイト表示速度を調べるツール「test my site」

test my siteとは?

test my siteはGoogleが提供しているツールのひとつで、サイト表示速度を調べたり、サイト表示速度の改善に役立ちます。モバイルサイトに限定されますが、サイト表示速度が遅くて悩んでいるならぜひ試してみましょう。

統計的に見ると、モバイルでウェブサイトを見ているネットユーザーの多くは、そのウェブサイトが読み込まれるまで2秒以上かかると、そのウェブサイトから離れてしまう傾向にあります。これを基準に考えて、運営しているウェブサイトが表示されるまでどのぐらい時間がかかっているのか、test my siteで調べてみてください。時間が分かるだけでなく、そこから改善点も見えてくるので今すぐサクサク快適なウェブサイトに生まれ変われるでしょう。

【公式】test my site

test my siteを使ってみよう

test my siteの使い方はシンプルなので、安心してください。まずはtest my siteにアクセスしましょう。「モバイルサイトの速度をテストしましょう。」と表示されている下に空欄があります。そこにサイト表示速度を調べたいウェブサイトのアドレスを入力しましょう。入力を終えたら丸い矢印をクリックして先に進みます。

そのあと表示されるのは、操作しているのがロボットではないと証明するための画面が表示されますので、その内容に合わせて進めてください。例えば、表示された写真の中から道路標識が映っているものをすべて選択しなさいという指示がありますので、指示通り道路標識が映っているパネルを選んでいきます。最後に確認を押したら先にすすみます。

「評価するまで1分ほどかかる場合があります」と表示されるので暫く待ちましょう。この間にウェブサイトのサイト表示速度を計っています。

速度測定が終わると、「速度の読み込み速度」「訪問者の推定離脱率」「無料レポートを取得によるテスト結果の詳細情報」「同じ業種内の比較」「サイトの速度を上げる」この5つに関する結果を入手することができます。

読み込み速度で表示された時間は、ウェブページが表示されるまでにどのぐらいの時間がかかったのかが分かりますし、訪問者の推定離脱率はウェブページを訪れた人がそのままサイトを離れてしまった確率です。3秒以内にウェブサイトが表示されないときに離れた数です。

そのほか、同じ業種のサイト表示速度と比べられるデータが表示されるので、運営するウェブサイトと同じ業種の速度を確認して比べてみましょう。これらのレポートを取得したいときは「無料SEOレポートを取得する」を押してメールアドレスを入力すれば手続きは完了です。無料SEOレポートには、結果だけでなくサイト表示速度を早くするためのアドバイスが書いてありますのでぜひ参考にしてください。

Googleが提供する「Pagespeed Insights」

Pagespeed Insightsとは

サイト表示速度を調べることができるツールとしてGooglega提供しているのがPagespeed Insightsです。ウェブサイトの速度表示アップは検索順位のみならずSEOにも関係してくるので、ウェブサイトを運営する際に必ず確認しておきたいことのひとつになります。

Pagespeed Insightsでできることはサイト表示速度を計る以外にも、最適化のスコアや最適化についてのアドバイスなども提案してくれます。いま現状としてウェブサイトがどのぐらいのサイト表示速度なのか、そこから見えてくる改善点なども分かるので、サイト表示速度をアップさせるために何をしたらいいのか困っているのであれば、今すぐPagespeed Insightsを試してみてください。改善点がハッキリ分かることでサイト表示速度アップも夢ではありません。

【公式】Pagespeed Insights

Pagespeed Insightsの使い方

サイト表示速度を調べるためにPagespeed Insightsを使う方法ですが、特に難しいことはないので今すぐ確認できます。まずはPagespeed Insightsのウェブサイトにアクセスしてみましょう。すると、サイト表示速度を計りたいウェブサイトのアドレスを入力する欄がありますので、そこへ入力して右にある「分析」をクリックしましょう。すぐに分析が始まります。

ほどなくすると分析が終わり、モバイル版およびパソコン版の結果が表示されますので、どちらも確認してください。

ちなみに数値化されるとFCPならびにDCLという名称で表されます。

FCP:訪問者がアクセスしたときにウェブページが表示されるまでかかった時間を計ったもの。この数字が小さければ小さいほど時間が短い証拠。

DCL:ウェブサイトのHTMLタグがすべて読み込みが終わるまでどのぐらい時間がかかったのか分かるもの。この数値が小さければ小さいほど訪問者の直帰率が低くなる傾向にある。

Pagespeed Insightsの分析結果を見て改善する

Pagespeed Insightsの「画像を最適化する」では、ウェブサイトに使われている画像がサイト表示速度を遅くしていないかどうか評価しています。もしも画像が適切ではない状態だったときは「適用可能な最適化」に表示されるのですぐに分かります。

このときの修正方法は、測定完了画面の下に「このページ向けに最適化された画像、JavaScript、CSS リソースをダウンロードできます。」と表示されたリンクがありますので、ここをクリックして最適化リソースをダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルの中にある最適化済みの画像ならびにCSSやHTMLを使えばサイト表示速度を速くすることができます。