ウェブサイトを作成していく中で、切っても切れないのがSEO対策とGoogleが定めるガイドラインです。ウェブサイトは作るだけでは何の意味もなく、検索エンジンで上位に表示されることで初めてユーザーに読んでもらえます。

そのためには、検索エンジンに評価してもらうための対策が必要ですが、Googleが定めるガイドラインから逸脱してはいけません。本稿では、Googleで上位に表示するための、内部SEO対策と品質に関するガイドラインを主に解説します。

Googleが定める品質に関するガイドライン

SEO対策と聞くと、ほとんどは被リンク対策をはじめとした、外部対策をイメージする人が多いのではないでしょうか。ですが現在では、重要視するべきなのは「内部対策」だといわれています。内部対策とは、ウェブサイトの内部で完結するSEO対策で、「ユーザーと検索エンジンの双方で理解されやすい構造」にすることです。

SEOの外部対策とは?外部対策は被リンクをされるようなサイトを作る
SEO対策の外部対策とは 外部対策は別のウェブサイトからリンクしてもらうこと ウェブサイトへの訪問者の数を増やしたり、検索順を上げて知名度を上げ…

SEOの内部対策とは?SEO対策における内部対策を行うことでユーザーが回遊しやすいサイトを作ろう
SEO対策の内部対策とは 内部対策とは何を指すのか ウェブサイトを開設したとき、なにも対策を取らなければ集客を増やすこともできませんし、知名度を…

ですがこれを逆手に取り、検索結果を操作する違反行為もあります。そしてその基準となるのが、Googleが定める「品質に関するガイドライン」です。品質に関するガイドラインには、何をすべきなのか、何をするといけないのか、の基準が書かれていますが、逸脱するとGoogleからきついペナルティを受けることに。

ペナルティを受けると、それまでの多くがムダになってしまう恐れが高いため、ウェブマスターが絶対に避けなければならないものの1つです。

SEO対策で問題のある行為とは

Googleは検索順位を意図的に操作する方法をすべて禁止しています。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

このようにシステムの裏を突き、明らかに検索順位を上げるための手法や、ユーザーに害を与える仕組みはガイドライン違反。一般的にはコンテンツの自動生成や、業者からのリンクの購入、自作自演によるリンクなどでペナルティを受けるパターンが多いです。

ウェブサイトを作成するうえで、ガイドラインに違反するメリットはないので、かならず一度は目を通しておきましょう。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドを読む

もしかするとSEO対策について、ほとんど知識のないという方もいるかもしれません。当サイトをふくめて、SEO対策に関する多くのウェブサイトや書籍がありますが、同時にGoogleが公開している「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」にも目を通しておきましょう。

SEO対策に関しては、テクニカルな手法が多く語られること多いですが、基本中の基本が「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」です。

Googleの品質に関するガイドラインと、スターターガイドを土台として、そのうえでユーザーに満足してもらうコンテンツを作成する必要があります。ぜひ「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」をチェックしてください。

W3Cの勧告に沿ったサイト作りを心がける

注文書・請求書・報告書など、書類には一定の規則や決まり事があります。規則や決まりごとがあることで、人によって異なるというトラブルを防ぎ、だれにでも記入・理解できる仕組みです。もしこれらの規則や決まりごとがなければ、人によって解釈が異なり、効率が悪く生産的ではありません。

それと同じようにウェブサイトにも、一定の規則や決まりごとが存在します。

それがW3Cと呼ばれる、ウェブサイトの技術の標準化をおこなっている団体が定める仕様書に沿ったウェブ制作です。W3Cが定める標準に合わせることで、ウェブブラウザやクローラーが理解できる、分かりやすいウェブサイトを作成できます。内部SEO対策でも、HTMLやCSSの定義をW3Cの勧告に合わせた表記にしましょう。

なお近年ではWordPressなど、CMSなども充実していることから、制作ツールに沿ってウェブサイトを作れれば基本的に標準から外れることはありません。運営してるウェブサイトが、W3C の勧告に準拠しているかを調べるためには、公開されているチェックツールでだれでもかんたんに確認できます。

クローラーとは?クローラーに読み込んでもらえるウェブサイト作りを
ウェブサイトを運営するにあたり、少しでも検索順位を上げる努力が必要になります。そのためにもクローラーがなんなのか知っておくことはとても大事なこと…
WordPress(ワードプレス)とは?ウェブサイトを作るのに1番便利なWordPressのインストール・設置手順
WordPressとは? WordPressってなんのこと? ウェブサイトを開設、運営するならできるだけシンプルで手間をかけたくない、ついでにお…

GoogleとW3Cの方針に合わせておけばOK

ここまで解説してきた通り、ウェブサイトの作成で注意しなければならないのは、GoogleのガイドラインとW3Cが定める正しい表記に合わせること。基本的にはこの2つだけ意識していれば、あとは「ユーザーのため」に分かりやすい設計や文章、コンテンツ制作を心がけるだけです。ルールを逸脱しなければ、急にペナルティを受けることはまずありません。

整理・構造化されたわかりやすいウェブサイトを設計する

内部SEO対策の基本は、よく整理・構造化され、使いやすく分かりやすいウェブサイトを作ることです。カテゴリごとに記事のテーマが整理され、検索意図に合わせたコンテンツで、関連するコンテンツ同士が内部リンクされていること。

とても基本的なことではありますが、整理・構造化されたウェブサイトにするためには、制作に入る前にある程度の設計が欠かせません。ブログのように書きたいことだけを書いていくスタイルだと、どうしてもコンテンツが重複したり、カテゴリがまとまらなかったりと、あとから大変なことに。

しかもコンテンツが増えてから、改めて整理し直すのはとても大変です。そうなるとユーザーとGoogleだけではなく、管理者にも使いにくいサイトとなってしまうため、あらかじめウェブサイトの設計をしておきましょう。

ユーザーが使いやすいウェブサイトは評価される

ウェブサイトの設計が大切な理由は、ユーザーが使いやすいサイトにするためにつきます。そしてユーザーに使いやすく、情報が見つけやすいサイトであれば、検索エンジンにとっても情報を見つけやすいということ。つまりユーザーにも評価されると同時に、検索エンジンからの評価も集めやすくなるのです。

自分が調べ物で、とあるウェブサイトを利用するときのことを考えてみましょう。

コンテンツを読み、さらに知りたいことが出てきた適切なタイミングで、関連したコンテンツに内部リンクが貼られていれば、自然とクリックして読む進めるはず。ほかにもそのウェブサイトでもっとコンテンツを読みたいと感じたときに、カテゴリやナビゲーションで、適切に情報がまとられていると使いやすいですよね。クローラーはウェブサイトを巡回するときに、内部リンクも辿りますが、テキストから関連するコンテンツかどうかも判断しているそうです。そしてGoogleはきれいにまとめられた構造のウェブサイトを好みます。

カテゴリーの分け方

ウェブ制作で欠かせない設計のひとつに「カテゴリー」の設計があります。カテゴリーはフォルダのようなものとして考え、記事をその下層へ整理して入れておくイメージ。たとえば「果物」のカテゴリーの中に「りんご」「みかん」「バナナ」であれば適切ですが、「犬」や「猫」では不適切です。

「犬」「猫」に適切なカテゴリーは、通常なら「動物」が適切でしょう。

当たり前のように感じますが、自社のウェブサイトを設計するときに、カテゴリーを考えると不思議と迷うことになるものです。迷ったときは「カテゴリーは情報のまとまり」という原則に当てはめて考えてみてください。

またカテゴリーには意味のないものは作らず、分類するときには必ず上位に表示をしたい「キーワード」を意識してください。たとえば「動物」というキーワードを狙うのであれば、「犬科の動物」「猫科の動物」といったカテゴリーを作ります。もちろんこれは一例で、分類の方法はサイトのコンセプトや切り口によっても異なるので、最適なカテゴリーの分類を考えましょう。