検索エンジンとは?

 

検索エンジンがあるからリアルタイムで情報を探せる

スマホやパソコンを使ってインターネットに接続できたら、その場ですぐに調べたい情報や探したい情報を見つけ出すことができます。それは365日24時間、検索エンジンを使えるためです。検索エンジンとは、インターネット上にあるウェブサイトや画像、動画、ニュースなど様々な情報を見つけ出すためのシステムです。

そのしくみは検索エンジンそのものがインターネット上にあるウェブページをすべてめぐりリンクを集めて、それをデータベースに分けて登録することで、すべての情報が検索エンジンに登録されます。

情報を集めるプログラムはクローラーと呼ばれていて、情報を分類、登録するプログラムをインデックスと言います。これら集めた情報を検索エンジンは軸となるキーワードに沿って運営しているウェブサイトを評価して、評価のいいウェブサイトから順番に表示させます。この仕組みは検索アルゴリズムと呼ばれています。

 

検索エンジンはどんな仕組みで動いているのか

丹精込めて作り上げたウェブサイトの順位がどんなふうに決まっていくのか気になるところではないでしょうか。Googleの検索エンジンの場合、クローリング、インデックス、ランキング、このみっつがあります。

クローリングとは、ネット上に公開されたウェブサイトを見つける役割を担っています。人力ではなく検索エンジンのロボットがインターネットを巡り歩いてウェブサイトを見つける旅にでているようなイメージです。このクローリングによってウェブサイトを見つけてもらい、このときはじめてそのウェブサイトの存在を検索エンジンが認識することになります。クローリングしてもらうためには質のいいコンテンツを作り上げることと、サイトマップを送信すること、この二つを実践する必要があります。

インデックスとは、先ほどのクローリングによって収集したウェブページの情報を登録する作業をインデックスと呼んでいます。イメージ的には、整理整頓された本棚のような感じです。どこにどの本が置いてあるのか一目で分かるように整頓された本棚は、誰が見ても分かりやすい状態です。

最後にランキングですが、インターネット上を旅してウェブサイトを見つけ、それらを整理整頓するとき、ただ適当に並べるだけでなく、キーワードが適度に盛り込まれているかどうか、そのキーワードと関連性のあるコンテンツに仕上がっているかどうか、良質なリンクかどうかなど、全部で200個以上もの要素からウェブサイトがしっかり仕上がっているかどうか判断して、良いウェブサイトと認められた場合はランキング上位に食い込むことができます。

検索エンジンは日本で何種類あるの?

 

ダントツで認知度が高いGoogle

検索エンジンはGoogleを使っている方も多いのではないでしょうか。日本のみならず世界規模でみても認知度がとても高く、シェア率でいうと他の検索エンジンを含めておよそ70%近くのネットユーザーがGoogle検索を使っています。Googleを選ぶ理由は人それぞれですが、デザインがシンプルで見やすいという声もありますし、検索結果に表示されるウェブサイトは検索キーワードに沿ったウェブサイトがしっかりヒットするなどと、非常に信頼性が高い検索エンジンと言えます。

【公式】Google

 

Bing

 
Googleのシェア率に比べるとその割合は決して高いとは言い切れないものの、Googleに次いでシェア率が多い検索エンジンがBingです。使い方がシンプルで見やすいことのほかに、背景に使われている写真の美しさを毎日楽しみにしていると答えるネットユーザーは多いです。使われる写真は毎日違うので、その日一番最初にBingにアクセスするときはあワクワクすると言います。

また、マウスカーソルをホバリングすることで動画を検索することも可能になります。これはホバリングしたことでプレビューが音付きで表示されるためです。そのほかにも様々な機能が搭載されていて、例えば通貨を換算する機能や翻訳のほかにも色んな機能が備わっていながら使い勝手がいいと評判の検索エンジンです。

【公式】Bing

 

Yahoo!

検索エンジンの歴史から見るとYahoo!はGoogleよりも歴史が長く、今でこそシェア率はGoogleに抜かれてしまいましたが、それでも世界規模でみたとき第三位に位置づいているあたりは、やはり老舗検索エンジンといったところではないでしょうか。

Yahoo!は検索エンジンとしての働きはもちろんのこと、そのほかにも豊富な要素を取り揃えているところが人気のポイントかもしれません。ニュースのほかにもメール機能やゲーム、オンラインショッピングなどもあり、Yahoo!ひとつですべてのサービスを網羅しているネットユーザーも少なくありません。

また、知恵袋やフリッカーなどもあるので、ほかの検索エンジンに比べると画像データが豊富にそろっている点は最大の特徴と言えます。検索のみならず、ひとつでこれだけのサービスを展開してるので、他にはなかなか真似できないことかもしれません。さすが老舗検索エンジンです。

【公式】Yahoo!
 

他にも色んな検索エンジンが盛りだくさんあく

 

DuckDuckGo

インターネットを使用する際、プライバシー保護には気を付けてるという方に支持されている検索エンジンです。他の検索エンジンと比較するとスッキリしたデザインが印象的で、シンプルで快適に検索したいという方にもおすすめのタイプです。ちなみにDuckDuckGoには色んな拡張機能が用意されていて、ユーザー追跡をプライベートモードにできる点はネットユーザーから高評価を得ています。

また、アクセスしたいウェブサイトが初めから決まっていて、そのウェブサイトの中で探したいキーワードを検索すれば、そのキーワードが盛り込まれたコンテンツに直接アクセスすることが出来るため、スピーディに目的のコンテンツを見つけ出すことができます。

【公式】DuckDuckGo

 

Ask

 
Askが他の検索エンジンと大きく違うのは、自然後検索ができる点ではないでしょうか。そのため、若い世代だけでなく年配の世代にも強く支持されています。インターネットにあまり詳しくない方でもAskなら検索しやすいと評判です。

Askで検索すると、そのキーワードに関係のある「よくある質問」がでてくるので、もっと詳細な検索結果を知りたい方におすすめの検索エンジンかもしれません。

【公式】Ask

 

百度

 百度と書いて「バイドゥ」と読みます。あまり聞きなれない検索エンジンかもしれませんが、中国では驚きの70%以上ものシェア率を誇る検索エンジンなんです。つくりはGoogleのデザインに似ています。しかし、ほかの検索エンジンに比べると非常に厳しいので、政治的な絡みからペナルティを受けてしまうウェブサイトが少なくありません。

【公式】百度

 

WolframAlpha

他の検索エンジンと大きく違うのは、私企業所有の検索エンジンであることです。しかも4つのカテゴリがあり、それぞれ全問的な知識を配信できるように作られています。科学技術、日常生活、数学、社会と文化のカテゴリです。ちなみにウェブユーザーの検索履歴は追いません。プライバシーを守りながら専門的な知識を得たい方におすすめの検索エンジンです。

【公式】WolframAlpha

 

StartPage

StartPageもプライバシーを守りたい方に人気のある検索エンジンで、プライバシーが保護されるだけでなく、ネットユーザーが閲覧したウェブページに関連する広告を表示することもありません。ウェブ広告のわずらわしさがイヤだという方はStartPageがおすすめです。様々な検索エンジンがある中で、StartPage自身は世界で一番プライベートな検索エンジンであると自負しています。

【公式】StartPage

アルゴリズムとは?SEOでよく聞くアルゴリズムって何?
アルゴリズムとは? SEOにおけるアルゴリズムとは ウェブサイト運営者にとって、ライバルが運営するウェブサイトよりも優れたウェブサイトに仕上げる…